2017年
6月号
《Degree-Light》1978

見えない言葉 植松 奎二(美術家)

カテゴリ:文化人, 現代美術

 僕が実際に作品をつくる場合、ideaを考える場合は、まずA4の紙にドローイングを描くことから始めます。
 まず言葉があってideaを考えるのでなく、頭の中にある定かでなく輪郭をとらえられないものを描いていく時と、急に確かなイメージが涌いてドローイングを描く時があります。その時、言葉は全然関係ないです。ですが、言葉はすごく重要です。「concept note」や「言葉ともの」と書いたファイルを作って、気になる言葉やコメントを書きとめています。
 今回の展覧会では、「concept note」に書いてある「見えないプロジェクト」(Invisible Project)の項目の一つが少しかたちになって発表できるのが嬉しいです。これは十何年前から考えていたもので、アイデァドローイングとInstallation からなるものです。作家活動をはじめた1969年から2017年までに描いたアイデァドローイングの中から、実際にはつくらなかったものも含めて1年1点選んだ49点のドローイングと新作のInstallation に加え、以前から考えていた「彫刻としてのドローイング、ドローイングとしての彫刻」を発表します。まだ見たこともない、つくらなかった作品による“見えない回顧展”みたいなものです。
 これからも、気になる言葉を超えた言葉、言葉にならない表現、「見えない言葉」を超えた作品をつくり続けていきたいです。

撮影/髙嶋清敏

植松 奎二(うえまつ けいじ)

神戸市生まれ。1975年渡独。現在はデュッセルドルフと日本にアトリエを構え活動。四次元世界の構造、重力、見えない力の関係や働きを視覚化することを制作の基盤とし、石・木・布によるインスタレーション、金属の矩形や円錐形を組み合わせた作品を制作。

拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング

BBプラザ美術館では、《彫刻とドローイングの関係》をテーマに、7月4日(火)~30日(日)まで植松奎二さんの展覧会を開催!最終日には、1978年に行った《光と音によるパフォーマンス》(下画像イメージ)も一夕限りで再演。
■会場 BBプラザ美術館(神戸市灘区岩屋中町4-2-7)
■お問い合わせ TEL・078-802-9286

《Degree-Light》1978

〈2017年6月号〉
一番摘み海苔(のり)の香り「須磨海苔」|神戸の“美味しい”くらし
街なか養蜂でつくる「世界に一つだけのハチミツ」|神戸の“美味しい”くらし
花々の香りに包まれて、美味しいハーブ料理を
造り手たちの情熱をナチュラルチーズと共に
連載 輝く女性④ ウォーキングの魅力と感動を多くの人に 健やかな精神とカラダづく…
神戸の美味しいくらしを訪ねて ー扉ー
旬と技、格別の美味を味わう
食を愛する庖斎による酒菜と兵庫県産の厳選された銘酒
美しい眺望と、絵画的なイタリアン
おいしいお菓子が日常的にある“神戸”らしさ
そのひとくちの感動は想像をこえる
神戸の “美味しい” くらし ー扉ー
農家はまず「何をしたいか」を考える|神戸の“美味しい”くらし
淡河の暮らしも含めての農業|神戸の“美味しい”くらし
西区の麦畑からできるパン|神戸の“美味しい”くらし
牧場のめぐみから生まれた極上チーズ「フロマージュ・フレ」|神戸の“美味しい”くら…
西区でゆったり飼育される「六甲牛」
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 11
連載 神戸秘話 ⑥ 多彩な人物がさまざまな業界で活躍
対談/進化する名門私立中学校 第7回 関西学院中学部
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑫
“新”神戸レディススパのステキな過ごし方 ~Vol.3 女子会 編~
連載 ミツバチの話 ⑪
病院と家の中間的施設チャイルド・ケモ・ハウス
美が宿る建築に 彩られた夙川|連載 神様に愛された地、夙川 ⑤
「絆」が創出した名建築 浦太郎邸|連載 神様に愛された地、夙川 ⑤
神戸を駆けぬける歓び New BMW 5series debut!
Power of music(音楽の力) 第18回
第12回 神戸洋藝菓子ボックサン
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十三回
神戸のカクシボタン 第四十二回 楽園もとめて街道をゆく
生田祭 斎行
大不幸のあとには見違える神戸が、きっと(文・淀川 長治)|神戸っ子アーカイブ V…
第19回 北前船寄港地フォーラムin淡路島
見えない言葉 植松 奎二(美術家)
神戸鉄人伝 第90回 書道家 岡本 正志(おかもと ただし)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑬ 書き込みから
津名ハイツ リニューアルオープン|耳よりKOBE