2017年
6月号
ミツバチが様々な植物から集めた花粉の貯蔵庫。 ゆえに、各々の色が異なる

連載 ミツバチの話 ⑪

カテゴリ:医療関係, 神戸

ミツバチが絶滅したら、人類は生きられない

藤井内科クリニック 藤井 芳夫

ミツバチのポリネーターとしての重要性

 外来患者さんで家庭菜園をされている方がいる。時々収穫した野菜や里芋を持ってきてくださり頂いたことがある。その患者さんによると、ここ何年か果物、とくにキウイフルーツやアケビを育てているが、ほとんど果実が実らないという。どうも受粉がうまく行っていないようだ。今年は人工授粉をしようと思っているが、手間がかかって大変と嘆いていた。周囲の環境が農薬を沢山使用することにより、授粉を担っている昆虫が少なくなったのが原因と考えられる。
 さて、昆虫とりわけミツバチは野菜や果物の受粉に大きく貢献していることは以前述べた。神戸市北区の二郎には県道沿いに生産者による二郎イチゴ販売ブースが並んでおり、その後ろのイチゴハウスの中にはミツバチの巣箱が置かれており、ミツバチによる授粉が行われている。イチゴの温室栽培が始まったのは1960年代であるが、当時は形のいびつな奇形果が多く、受粉が不十分であることが原因と分かった。そこで授粉のためミツバチが導入され、現在の様にきれいな形のイチゴができるようになった。今ではほとんどのイチゴがミツバチの働きにより受粉されている。この成功によりメロン、スイカなど温室栽培にミツバチの活用が進み、屋外の果樹園での活用と繋がっている。リンゴ、ミカン、ビワ、アンズ、キウイフルーツ、ブルーベリー、ブラックベリーなど枚挙にいとまがない。
ミツバチのこのような仕事はポリネーターつまり送粉者と訳されている。もちろんポリネーターの仕事はミツバチだけではない。例えばトマトはマルハナバチでないとできないという。私たちの食料の約3分の1が受粉、ポリネーションが必要とされている。
 さて、ミツバチが絶滅したら人類は4年と生きられないとはアインシュタインの近代化による環境悪化に対する警告と知られている(If the bee disappears from the surface of the earth, man would have no more than four years to live. No more bees, no more pollination, no more plants, no more animals, no more man.)。ミツバチはあらゆる食物連鎖の頂点にある人類に大きく貢献しているのは間違いない。私のような趣味で養蜂をしている者にとってはハチミツや蜜蝋が嬉しい収穫物であるが、プロの養蜂家にとってハチミツや蜜蝋、ポロポリス、ロイヤルジェリーによる収入は全体の数%に過ぎず、ほとんどの収入はミツバチを農家にレンタルし管理することから成り立っている。

ミツバチとガーデニング

 外来患者さんの話に戻そう。家庭菜園で果物を収穫できなかったのは、患者さんの庭にミツバチを始めとしたポリネーターがいなかったからだ。では、どうすればいいのか?海外の文献を読んでいたらこんな一節があった。Attract honeybees into your yard by planting a bee friendly garden. Your vegetables will thank you. ハチの好きな植物を植えて、ミツバチを庭に呼び込もう。野菜が喜ぶよ。とこんな具合だ。これはイギリスのある大学付属植物園の職員が書いているが、「我が家の裏庭にミツバチが来てほしいと考えるなら、ミツバチが好きな花を植えることだ。花蜜と花粉をエサにし、裏庭にミツバチの住処を作ってやれば、ハチミツも収穫できるようになる。」とある。それにはまず庭を無農薬の状態でミツバチの好む花を育てることによりミツバチや他のポリネーターにとって居心地の良い場所を提供することだ。ハチが好む庭園を作ろうと思うなら、

1)植える植物を選ぶ。
 欧米の種屋さんで販売されている花や果物のリストには、これはミツバチが好むとか蝶が好むとか書かれている。季節毎に安定した蜜源となるような花を選んで植える。例えば英国の植物園つまりイングリッシュガーデンにはハチがよく来る庭、蝶がよく来る庭が設定されている。

2)農薬は出来るだけ使わない。
 ミツバチや他のポリネーターがいなくなってしまう。例えばある種の殺虫剤は少量でもミツバチの方向感覚や航行能力を狂わせ自分の巣に帰れなくなる。また巣に帰っても仲間の蜂に悪影響を与え、巣のファミリー全体の存亡に関わる。

3)ミツバチ(social bee)や単独で暮らすハチ(solitary bee)に雨露をしのぐシェルター(住処)を提供する。
 英国の植物園ではミツバチのコーナーがアトラクションとしてあり、メインテナンスが簡単なsolitary beeのためのストローを束ねたような巣が売られている。その昔、日よけに使われていたヨシズや、藁ぶき屋根の軒先で、藁束の茎の断端から蜂が出たり入ったりしていたのを覚えているが、そんなイメージの巣だ。

4)ミツバチや他のポリネーターの生活環境を整え、ポリネーターが卵から成虫になるまでのライフサイクルをサポートする。
 これらはイングリッシュガーデンを作るコンセプトともいうべき事である。一方、イングリッシュガーデンを含めガーデニングという園芸の手法は1990年代に我が国に輸入されたが、ミツバチを始めとしたポリネーターに関してはガーデニングとセットになっているにもかかわらず輸入されなかった。残念なことに、それは形だけの輸入で、その歴史的背景やミツバチやポリネーターに関しては全く理解されていなかったからだ。欧米では植物園や街の本屋さんでも「A Guidance of Honeybees’ Garden」、つまり手引書が売られている。そして、午後3時のティータイムに自家製の蜂蜜を使ったスコーンやクッキーでお茶を楽しむことが最高の贅沢となっている。
 日本では「アブ蜂取らず」と嫌われているのに欧米ではミツバチは身近な存在である。主な理由はキリスト教会の存在だ。教会は人が沢山集まるところであるが、その祭壇に灯す明かりとしてミツバチの巣から採った蜜蝋で作ったロウソクを捧げてきた。そのために教会では、ハチミツを採るためだけでなく、蜜蝋を採るためにミツバチを飼っていた。教会が生活の中心となっていたヨーロッパでは、ミツバチが人々の身近な存在になっており、ヨーロッパの文化とミツバチは非常に深い関係がつくられている。

欧米では、養蜂は文化のひとつ

 さて文化のことを英語でCulture(カルチャー)というのは周知のことだが、これと連携して、Agriculture(農業)、Horticulture(園芸)、Floriculture(草花栽培)、Apiculture(養蜂)がある。Apiはミツバチのことである。スペイン語、ポルトガル語でも Apicultura(アピクルトゥーラ)といい、同じく文化という意味がふくまれている。つまり、欧米では養蜂は文化のひとつとして認識されている。ミツバチ、養蜂、ガーデニング、文化とご理解いただけたでしょうか?文化人の嗜みのひとつとしての養蜂は農業、園芸、ガーデニングとの関連から考えてセットになっており大切なものと思われますが、みなさんはいかが思われるでしょうか・・・。Floriculture(草花栽培)、Apiculture(養蜂)がある。Apiはミツバチのことである。つまり、欧米では養蜂は文化のひとつとして認識されている。ミツバチ、養蜂、ガーデニング、文化とご理解いただけたでしょうか?文化人の嗜みのひとつとして、養蜂は非常に大切なものだと思っているが、さてみなさんはどう思われるでしょうか…。

農薬により授粉を担っている昆虫が減ると、植物や果物の実りが悪くなる


ミツバチが様々な植物から集めた花粉の貯蔵庫。
ゆえに、各々の色が異なる



藤井内科クリニック
藤井 芳夫
〈2017年6月号〉
一番摘み海苔(のり)の香り「須磨海苔」|神戸の“美味しい”くらし
街なか養蜂でつくる「世界に一つだけのハチミツ」|神戸の“美味しい”くらし
花々の香りに包まれて、美味しいハーブ料理を
造り手たちの情熱をナチュラルチーズと共に
連載 輝く女性④ ウォーキングの魅力と感動を多くの人に 健やかな精神とカラダづく…
神戸の美味しいくらしを訪ねて ー扉ー
旬と技、格別の美味を味わう
食を愛する庖斎による酒菜と兵庫県産の厳選された銘酒
美しい眺望と、絵画的なイタリアン
おいしいお菓子が日常的にある“神戸”らしさ
そのひとくちの感動は想像をこえる
神戸の “美味しい” くらし ー扉ー
農家はまず「何をしたいか」を考える|神戸の“美味しい”くらし
淡河の暮らしも含めての農業|神戸の“美味しい”くらし
西区の麦畑からできるパン|神戸の“美味しい”くらし
牧場のめぐみから生まれた極上チーズ「フロマージュ・フレ」|神戸の“美味しい”くら…
西区でゆったり飼育される「六甲牛」
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 11
連載 神戸秘話 ⑥ 多彩な人物がさまざまな業界で活躍
対談/進化する名門私立中学校 第7回 関西学院中学部
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑫
“新”神戸レディススパのステキな過ごし方 ~Vol.3 女子会 編~
連載 ミツバチの話 ⑪
病院と家の中間的施設チャイルド・ケモ・ハウス
美が宿る建築に 彩られた夙川|連載 神様に愛された地、夙川 ⑤
「絆」が創出した名建築 浦太郎邸|連載 神様に愛された地、夙川 ⑤
神戸を駆けぬける歓び New BMW 5series debut!
Power of music(音楽の力) 第18回
第12回 神戸洋藝菓子ボックサン
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十三回
神戸のカクシボタン 第四十二回 楽園もとめて街道をゆく
生田祭 斎行
大不幸のあとには見違える神戸が、きっと(文・淀川 長治)|神戸っ子アーカイブ V…
第19回 北前船寄港地フォーラムin淡路島
見えない言葉 植松 奎二(美術家)
神戸鉄人伝 第90回 書道家 岡本 正志(おかもと ただし)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑬ 書き込みから
津名ハイツ リニューアルオープン|耳よりKOBE