2017年
6月号
わずかな酸味と爽やかな香りが特徴のマイクロキュウリ

淡河の暮らしも含めての農業|神戸の“美味しい”くらし

カテゴリ:グルメ, 神戸

個人農園 森本 聖子さん

趣味のベランダ菜園からスタートし、栽培の奥深さを知った森本さんは、兵庫県の就農講座を受講、夫の理解もあり、勤めていた会社を辞めて専業個人農家となった。北区淡河町に点在するいくつかの畑で、ミニトマトやいちご、芽キャベツ、ハーブなどを栽培し、神戸市内のレストランに直接販売している。「レストランには週2回配達に行くので、効率よく売るためにできるだけいろいろな種類の作物を植えているんです」と、シェフたちの細かいニーズに応えられるのは、森本さんが個人で動いているからこその利点でもある。
現在は、淡河町内の民家を購入して住む。「毎日通って畑するのは大変でしょうって、淡河の地元の方に空き家を紹介していただいたんです」という森本さんは、地元の婦人会に所属し、村の草刈りや祭りにも参加。「おかげで村の方にはとても助けていただいています。そういった村の暮らしも含めての“畑”をやらせてもらっているので」。新規就農希望者は多いものの、継続するのが難しい就農者も多い中で、村のコミュニティを大切にすることで、長く続けられることにもつながるという。
栽培においては、「基本に忠実に作ること」を大切にしている。一人で行う農業は、毎年やっているうちに手を抜くことを覚えがち。だが基本の作業を忠実に、あとは必要な土と水、太陽の光でていねいに育てる。「この人においしい作物を届ける、というゴールが見えているのでがんばれますね」。

茎のまわりにキャベツのような形をした
芽球をつける芽キャベツ

国内の他、海外からも種を買い入れて、現在では6種類のミニトマトを栽培

イタリア原産で、チコリの仲間であるラディッキオ

通常のゴーヤに比べて苦味が少ない白ゴーヤ

肥大した茎の部分を食用とするコールラビ

ベランダ菜園がきっかけとなり、今では、北区淡河町で個人農園を営む

ビニールハウスには完熟いちごの甘い香りが漂う

いちごは高設栽培も多いが土耕で栽培

わずかな酸味と爽やかな香りが特徴のマイクロキュウリ

古葉を取り除く葉かき作業をこまめに行う

個人農園
森本 聖子(もりもと しょうこ)さん


森本聖子(個人農園)

神戸市北区淡河町中山

〈2017年6月号〉
神戸の美味しいくらしを訪ねて ー扉ー
旬と技、格別の美味を味わう
食を愛する庖斎による酒菜と兵庫県産の厳選された銘酒
美しい眺望と、絵画的なイタリアン
おいしいお菓子が日常的にある“神戸”らしさ
そのひとくちの感動は想像をこえる
神戸の “美味しい” くらし ー扉ー
農家はまず「何をしたいか」を考える|神戸の“美味しい”くらし
淡河の暮らしも含めての農業|神戸の“美味しい”くらし
西区の麦畑からできるパン|神戸の“美味しい”くらし
牧場のめぐみから生まれた極上チーズ「フロマージュ・フレ」|神戸の“美味しい”くら…
西区でゆったり飼育される「六甲牛」
一番摘み海苔(のり)の香り「須磨海苔」|神戸の“美味しい”くらし
街なか養蜂でつくる「世界に一つだけのハチミツ」|神戸の“美味しい”くらし
花々の香りに包まれて、美味しいハーブ料理を
造り手たちの情熱をナチュラルチーズと共に
連載 輝く女性④ ウォーキングの魅力と感動を多くの人に 健やかな精神とカラダづく…
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 11
連載 神戸秘話 ⑥ 多彩な人物がさまざまな業界で活躍
対談/進化する名門私立中学校 第7回 関西学院中学部
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑫
“新”神戸レディススパのステキな過ごし方 ~Vol.3 女子会 編~
連載 ミツバチの話 ⑪
病院と家の中間的施設チャイルド・ケモ・ハウス
美が宿る建築に 彩られた夙川|連載 神様に愛された地、夙川 ⑤
「絆」が創出した名建築 浦太郎邸|連載 神様に愛された地、夙川 ⑤
神戸を駆けぬける歓び New BMW 5series debut!
Power of music(音楽の力) 第18回
第12回 神戸洋藝菓子ボックサン
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十三回
神戸のカクシボタン 第四十二回 楽園もとめて街道をゆく
生田祭 斎行
大不幸のあとには見違える神戸が、きっと(文・淀川 長治)|神戸っ子アーカイブ V…
第19回 北前船寄港地フォーラムin淡路島
見えない言葉 植松 奎二(美術家)
神戸鉄人伝 第90回 書道家 岡本 正志(おかもと ただし)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑬ 書き込みから
津名ハイツ リニューアルオープン|耳よりKOBE