2016年
1月号
オマール海老など新鮮魚介のメニューが自慢

素材の鮮度と手作りにこだわった中国料理|神戸壺中天(こちゅうてん)

カテゴリ:グルメ, 中華

 「壺中天(こちゅうてん)」とは、中国の『後漢書』に登場する伝奇で、壺の中には別天地があり、美しい建物、おいしいお酒とお料理があふれているというもの。「神戸壺中天」は、その名の通りの物語を思わせる中国料理店だ。旧居留地で「天府」として20年に渡って愛されてきたが、今年「神戸壺中天」としてリニューアルした。
 以前は四川料理をメインとしていたが、リニューアル後は中国料理全般を扱う。特に、新鮮さと手作りにこだわっており、店内の水槽には活きの良いオマール海老や魚介類が多数。オマール海老は活けのものをしめて、XO醤やチリソースなどの中からお好みの味つけを2つ選び、半身ずつ調理してもらうこともできる。
 XO醤は自家製で、金華ハムや干し貝柱、海老の卵など高級食材の旨みが凝縮。また、春巻きや水餃子といった点心も手作りで、朝早くから仕込まれる逸品だ。原ビレから戻してじっくり煮込んだ大フカヒレの姿煮込みなど、フカヒレ料理もおすすめ。
 おすすめは料理長おまかせコース「天河」(7500円)。フカヒレ、オマール海老、黒毛和牛などを盛り込んだぜいたくなコースで、鮮魚や野菜は市場からの仕入れによって変化する、その日に一番美味しいメニューが並ぶ。
 ランチは1200円~。おすすめは選べるタイプのランチ(2000円)。落ち着いたオリエンタルテイストの店内でゆっくり食事ができるのも魅力で、一部屋の貸切は2名様から最大36名まで。店内の貸切は70名まで可能なので宴会や記念パーティーなどにも。

オマール海老など新鮮魚介のメニューが自慢

オマール海老など新鮮魚介のメニューが自慢


厳選黒毛和牛を使った逸品メニュー

厳選黒毛和牛を使った逸品メニュー


エルメスのショップデザイナーが設計を手がけた店内は上品な空間

エルメスのショップデザイナーが設計を手がけた店内は上品な空間


活アワビの熟成黒ニンニク蒸し

活アワビの熟成黒ニンニク蒸し


蓮根饅頭入りフカヒレスープ

蓮根饅頭入りフカヒレスープ


本場四川の辛口麻婆豆腐を再現した逸品

本場四川の辛口麻婆豆腐を再現した逸品


料理長・安原陽介さん

料理長・安原陽介さん


20160110107

■神戸壺中天

TEL.078-334-1002
神戸市中央区明石町32 明海ビル地下1階
営業時間
平日  11:00~15:00/17:00~22:00
土・日・祝 11:00~22:00
<年中無休/12/31〜1/1は休業>
※表示価格は税別です ※ディナータイムには5%のサービス料がかかります

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年1月号〉
<特集>神戸に住んでみませんか?
神戸移住のススメ
都市の規模を追い求めるのではなく神戸ブランドにどう磨きをかけるか
温暖でおだやかな神戸の気候
キーワードは「スロー&ファスト」
心の中に祖国を抱きつつ、世界に目を向けよう [神戸ってこんなところ ①]
ママになっても「神戸エレガンス」 [神戸ってこんなところ ②]
神戸の食を通じて、神戸の魅力を世界に発信!
ポートランドから学ぶ、街の将来ビジョン
家族のために神戸へ そして新たな繋がりが
三宮から車で30分で、こんなにも自然豊かな淡河
大人になってもいろいろなことに挑戦できる田舎暮らし
「行ってみたい!」と思ってもらえる街・神戸のために [神戸ってこんなところ ③]…
企業経営をデザインする(4)|〝住〟で比類なきメイド・イン・神戸ブランド
昔も今も変わらない、風格ある街並み「山芦屋」
前衛芸術を育んだ芦屋の気風
山芦屋は「建築博物館」の様相を呈した
谷崎潤一郎が愛した老舗
芦屋川沿いのお店を訪ねて
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.11「スタープレイヤーが心技体をアドバ…
Report KOBE|向山毅さん「ハンガリー国騎士十字勲章」を受章
Power of music(音楽の力) 第1回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
風さやか「絆の風」 2016年も愛と夢の架け橋に
神戸のカクシボタン 第二十五回「小さなお友達と迎える新年」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第73回 詩人・エッセイスト・美術家 三浦 照子(みうら てるこ)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十三回
触媒のうた(59) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
素材の鮮度と手作りにこだわった中国料理|神戸壺中天(こちゅうてん)