2016年
1月号

「行ってみたい!」と思ってもらえる街・神戸のために [神戸ってこんなところ ③]

カテゴリ:, 神戸

神戸市市長室広報課 広報専門官 ルイーズ・デンディさん

私にとって神戸の大きな魅力は多様性です。例えば自然の多様性。神戸には海も山もあります。また神戸は国際的な都市ですから、いろいろな国の人たちが住んでいます。
そんな神戸を、海外の若者の多くが使っているインスタグラム等のSNSを活用して発信をしています。神戸には、ファッション、グルメ、安全安心に気を配った「こうべ旬菜」など質の高いものがたくさんあります。そういうものを写真でPRし、神戸をもっと知ってもらおうとしています。また、日本に住む外国人に向けて神戸の魅力を発信して、来てもらうようにすることにもつながります。日本に住む外国人みんなで発信していけばそれぞれの母国へとつながり、世界中でネットワークが広がります。
今は「神戸ビーフ」と言えばやっと分かってもらえる程度ですが、オリンピックが始まり、多くの観光客が日本を訪れるころには、「いつも神戸に行きたいなと思っています」と言ってもらえるのが、私の夢です。

神戸市のフェイスブックを英語で配信する
http://www.facebook.com/kobecitypr


久元神戸市長に随行して、海外でシティーセールスを行う

ルイーズ・デンディ(Louise Dendy)

1989年、英国ノーサンプトン生まれ。バーミンガム大学卒業後に来日し、2011年より湊川中学校・会下山小学校ALT、神戸市長室国際交流推進部国際交流員を経て、2015年より神戸市広報専門官に就任。母国語の英語をはじめ、日・西・仏・独・伊の6ヶ国語を習得。

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年1月号〉
<特集>神戸に住んでみませんか?
神戸移住のススメ
都市の規模を追い求めるのではなく神戸ブランドにどう磨きをかけるか
温暖でおだやかな神戸の気候
キーワードは「スロー&ファスト」
心の中に祖国を抱きつつ、世界に目を向けよう [神戸ってこんなところ ①]
ママになっても「神戸エレガンス」 [神戸ってこんなところ ②]
神戸の食を通じて、神戸の魅力を世界に発信!
ポートランドから学ぶ、街の将来ビジョン
家族のために神戸へ そして新たな繋がりが
三宮から車で30分で、こんなにも自然豊かな淡河
大人になってもいろいろなことに挑戦できる田舎暮らし
「行ってみたい!」と思ってもらえる街・神戸のために [神戸ってこんなところ ③]…
企業経営をデザインする(4)|〝住〟で比類なきメイド・イン・神戸ブランド
昔も今も変わらない、風格ある街並み「山芦屋」
前衛芸術を育んだ芦屋の気風
山芦屋は「建築博物館」の様相を呈した
谷崎潤一郎が愛した老舗
芦屋川沿いのお店を訪ねて
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.11「スタープレイヤーが心技体をアドバ…
Report KOBE|向山毅さん「ハンガリー国騎士十字勲章」を受章
Power of music(音楽の力) 第1回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
風さやか「絆の風」 2016年も愛と夢の架け橋に
神戸のカクシボタン 第二十五回「小さなお友達と迎える新年」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第73回 詩人・エッセイスト・美術家 三浦 照子(みうら てるこ)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十三回
触媒のうた(59) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
素材の鮮度と手作りにこだわった中国料理|神戸壺中天(こちゅうてん)