2016年
1月号

草葉達也の神戸物語

カテゴリ:文化人

ゲスト: 高岡 浩三さん
(ネスレ日本 代表取締役社長兼CEO)

 文系の私に経済界の方と知り合う機会はなかなかありませんが、神戸に本社を置くネスレ日本の高岡社長と御縁があり、お互いスポーツ好きということで話をさせていただきました。

草葉 高岡さんは大阪の出身と聞いておりますが。
高岡 大阪の堺市です。
草葉 神戸との最初の関りで言うと大学からですか?
高岡 そうですね。ただ大学に入る前から神戸には大阪にはない雰囲気や、外国の雰囲気もありましたので憧れの街でした。それと私は父親が早くに他界したので進路相談をしていたのが神戸の六甲に住んでいた叔父で、ずっと僕の相談役になってくれていましてね、大学を選ぶ時に経済・経営系に行きたいと相談をしたら、関西だったら例えば法学部だったら京都大学、医学部だったら大阪大学というように。
草葉 それぞれの大学に突出した学部があると。
高岡 そうです。偏差値ではなくてね。そこで経済・経営学部なら神戸大学と勧められて、それでキャンパスを見に行った時に、あーここに来たいなぁと思いましたね(笑)
草葉 いい場所にありますからねー。
高岡 大学のキャンパスに立った時に、まぁ日本一の景色・眺望といわれる大学じゃないですか、周りの環境も素晴らしいですし。そこからですねー、神戸への憧れが本当に強くなったのは。
草葉 神戸大学一本で。
高岡 第一志望で私学も受けてないです。他は受けなかったです。
草葉 それで神戸大学に受かって、神戸にお住まいになられて?
高岡 実家から通っていました。ただサークルとかで遅くなったら、叔父のところに従妹の家庭教師を兼ねて泊まらせてもらっていました(笑)
草葉 そうですか(笑) 大学時代に神戸の街でいろいろ思い出があると思いますが。
高岡 それがサークル中心の学生生活で(笑)
草葉 どのようなサークルですか?
高岡 テニスサークルですが初心者だったので、体育会では上手くならないなと思いましてね、KUCという今でもある一番大きな同好会に入りました。
草葉 いきなり体育会は無理ですよね(笑)
高岡 練習もさせてくれないですから(笑) それにその時代はテニスブームで。
草葉 ビョルン・ボルグとか?
高岡 そうそう、そうです。ナブラチロワとか・・・。
草葉 私もよく観に行きましたよ。キング夫人とか(笑)
高尾 そうです(笑) ですから、テニスコートもたくさんありましたし、テニスもしないのにラケット持って歩くのが流行でしたね(笑)
草葉 そんな時代ありましたね(笑)
高岡 僕も動機が不純でね、テニスしていないと女の子にはモテないと思って始めました(笑)
草葉 それは不純ですね(笑)
高岡 でもバイトも家庭教師なんかもたくさんしましたが、テニス始めて三年目でコーチのバイトを始めて、結構稼ぎました。生徒が二千人ぐらいいて。
草葉 え!
高岡 ネスレの初任給の倍は稼いでいました(笑) 
草葉 (笑) ネスレの話がでましたが、ネスレに就職されたのは?
高岡 日本の企業では好きなことができないと思っていましたので、数ある外資系の会社の中から本社が神戸のネスレを選びましたが、そこにはやはり神戸が好きだったからということがありましたね。

 初めてお話しさせていただいた印象は、大企業の社長さんとは思えないほど気さくで温厚な方でした。スポーツの話ならいつまでも話が尽きない感じでしたねー。また社長室で珈琲をいただきたいです。とても贅沢(笑)

ロングセラー「ネスカフェ ゴールドブレンド」はじめネスカフェのコーヒー製品


たかおか こうぞう

1960年大阪生まれ ネスレ日本 代表取締役社長兼CEO。神戸大学経営学部卒業。著書に「ネスレの稼ぐ仕組み」( KADOKAWA/中経出版)などがある。

くさば たつや

神戸生まれ。作家、エッセイスト。
日本ペンクラブ会員、日本演劇学会会員
神戸芸術文化会議会員、大阪大学文学部研究科
阪南大学国際コミュニケーション学部非常勤講師
ひょうご老舗会実行委員長

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年1月号〉
<特集>神戸に住んでみませんか?
神戸移住のススメ
都市の規模を追い求めるのではなく神戸ブランドにどう磨きをかけるか
温暖でおだやかな神戸の気候
キーワードは「スロー&ファスト」
心の中に祖国を抱きつつ、世界に目を向けよう [神戸ってこんなところ ①]
ママになっても「神戸エレガンス」 [神戸ってこんなところ ②]
神戸の食を通じて、神戸の魅力を世界に発信!
ポートランドから学ぶ、街の将来ビジョン
家族のために神戸へ そして新たな繋がりが
三宮から車で30分で、こんなにも自然豊かな淡河
大人になってもいろいろなことに挑戦できる田舎暮らし
「行ってみたい!」と思ってもらえる街・神戸のために [神戸ってこんなところ ③]…
企業経営をデザインする(4)|〝住〟で比類なきメイド・イン・神戸ブランド
昔も今も変わらない、風格ある街並み「山芦屋」
前衛芸術を育んだ芦屋の気風
山芦屋は「建築博物館」の様相を呈した
谷崎潤一郎が愛した老舗
芦屋川沿いのお店を訪ねて
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.11「スタープレイヤーが心技体をアドバ…
Report KOBE|向山毅さん「ハンガリー国騎士十字勲章」を受章
Power of music(音楽の力) 第1回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
風さやか「絆の風」 2016年も愛と夢の架け橋に
神戸のカクシボタン 第二十五回「小さなお友達と迎える新年」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第73回 詩人・エッセイスト・美術家 三浦 照子(みうら てるこ)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十三回
触媒のうた(59) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
素材の鮮度と手作りにこだわった中国料理|神戸壺中天(こちゅうてん)