2016年
1月号
神戸に暮らし、ローカルを食べる「EAT LOCAL KOBE」を推進する

神戸の食を通じて、神戸の魅力を世界に発信!

カテゴリ:グルメ, 行政関係

野菜、花卉、果物、水産物、畜産物など神戸は食の宝庫でもある。
神戸市は「食都神戸2020」を掲げ、世界の人々が集う「食の都」の構築に着手。

神戸市産業振興局農政部農水産課
課長     安原  潤 さん
農産園芸係長 山田 隆大 さん

 神戸市は、人口150万人を超える大都市でありながら、山の幸、海の幸に恵まれた自然豊かな農漁業地域を抱えています。北区、西区に広がる農村地域は雨が少なく温暖で、野菜や果物などの生産に適しており、南側には、様々な水産物が獲れる豊かな漁場が広がっています。一方、開港以来、交易により栄えてきた歴史から、洋菓子・パン・洋食・中華など、国際色豊かで多様な食文化が醸成されています。神戸市では、2015年から、この神戸のポテンシャルを活かし、「食」を軸として街の活性化を図る新たな都市戦略「食都神戸2020」構想を推進しています。
 市民に向けてのプログラムでは、ウェブサイト「EAT LOCAL KOBE(イート ローカル コウベ)」を立ち上げ、神戸の農業・農村やそこで生産されている農産物を紹介しています。また、欧米の多くの都市で日常的に開催されている「ファーマーズマーケット」もモデル的に開催しました。ファーマーズマーケットは、地元農産物の良さを知っていただくだけでなく、生産者と消費者・飲食店等との連携を深め、継続的な交流につながっています。その他にも、神戸産農水産物を素材に大学生、農漁業者、企業が連携したモノづくりや、市民や観光客が農業体験を楽しむ機会の拡大にも取り組んでいます。
 一方、日本への外国人観光客数や農水産物の輸出額が過去最高を記録するなど、人や物の動きのグローバル化が進展していますが、「食都神戸2020」では、世界に向けてのプログラムとして、神戸産農水産物の輸出や、海外での「神戸の食フェア」の開催、海外のメディアを活用したインバウンドPRなどを実施しています。
 神戸での地産地消のライフスタイル化や、「神戸の食の魅力」の世界への発信など、食を軸としたさまざまなプログラムを推進し、2020年、神戸が新しい食文化の発信地となり、世界の人々が集う「食都神戸」の実現をめざします。

神戸は花卉の一大産地でもある

神戸は花卉の一大産地でもある


食の安全・安心を伝える神戸の農産物

食の安全・安心を伝える神戸の農産物


神戸に暮らし、ローカルを食べる「EAT LOCAL KOBE」を推進する

神戸に暮らし、ローカルを食べる「EAT LOCAL KOBE」を推進する


西区・北区では多くの農家が生産に励む

西区・北区では多くの農家が生産に励む


世界に冠たる「神戸ビーフ」

世界に冠たる「神戸ビーフ」


神戸沖で獲れた新鮮なシラス

神戸沖で獲れた新鮮なシラス


「いちご」をはじめ果物の宝庫でもある

「いちご」をはじめ果物の宝庫でもある


消費者と生産者の交流を図っていく

消費者と生産者の交流を図っていく



20160103201

安原 潤(やすはら じゅん)

1960年生まれ。神戸大学農学部卒業。神戸市役所では、農漁業の振興や農水産物の流通、農村地域の土地利用、農業振興拠点の建設などを担当。2014年度からは主に「神戸の食」の海外への発信や「食都 神戸2020」構想を推進

20160103202

山田 隆大(やまだ たかひろ)

1974年生まれ。神戸大学農学部卒業。神戸市役所では、園芸生産物の試験研究、米政策、都市と農村の交流促進、農漁業の振興などに従事。現在は農水産物等の輸出や神戸にさんがろくプロジェクト、地産地消の推進などに取り組んでいる

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年1月号〉
<特集>神戸に住んでみませんか?
神戸移住のススメ
都市の規模を追い求めるのではなく神戸ブランドにどう磨きをかけるか
温暖でおだやかな神戸の気候
キーワードは「スロー&ファスト」
心の中に祖国を抱きつつ、世界に目を向けよう [神戸ってこんなところ ①]
ママになっても「神戸エレガンス」 [神戸ってこんなところ ②]
神戸の食を通じて、神戸の魅力を世界に発信!
ポートランドから学ぶ、街の将来ビジョン
家族のために神戸へ そして新たな繋がりが
三宮から車で30分で、こんなにも自然豊かな淡河
大人になってもいろいろなことに挑戦できる田舎暮らし
「行ってみたい!」と思ってもらえる街・神戸のために [神戸ってこんなところ ③]…
企業経営をデザインする(4)|〝住〟で比類なきメイド・イン・神戸ブランド
昔も今も変わらない、風格ある街並み「山芦屋」
前衛芸術を育んだ芦屋の気風
山芦屋は「建築博物館」の様相を呈した
谷崎潤一郎が愛した老舗
芦屋川沿いのお店を訪ねて
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.11「スタープレイヤーが心技体をアドバ…
Report KOBE|向山毅さん「ハンガリー国騎士十字勲章」を受章
Power of music(音楽の力) 第1回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
風さやか「絆の風」 2016年も愛と夢の架け橋に
神戸のカクシボタン 第二十五回「小さなお友達と迎える新年」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第73回 詩人・エッセイスト・美術家 三浦 照子(みうら てるこ)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十三回
触媒のうた(59) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
素材の鮮度と手作りにこだわった中国料理|神戸壺中天(こちゅうてん)