2016年
1月号

神戸のカクシボタン 第二十五回「小さなお友達と迎える新年」

カテゴリ:グルメ, 神戸

写真/文 岡 力

 閑静な住宅街にある一軒のカフェが話題を呼んでいる。2007年に大阪で創業し、4年前に阪急王子公園駅すぐの場所に移転してきた「とりみカフェ ぽこの森」。読んで字のごとく鳥を見ながら喫茶が楽しめるお店である。扉を開けると店内の一角には、愛玩動物飼養管理士1級の資格を持つオーナーが設計したガラス張りの大型飼育スペースがある。快適な空間で約40羽に及ぶ様々な種類の小鳥たちが仲良くお客様をおもてなし。動物園帰りの家族連れをはじめ全国から愛好家が癒しを求め訪れている。空間もさることながらメニューもコンセプトに基づき徹底している。小鳥の香りと風味を意識したアイスクリーム。セキセイインコやモモイロインコなど常時6種類から成るフレーバーが楽しめる。試しに可愛いセキセイインコのイラストが描かれたパッケージの物を食べてみることにした。口内から鼻にかけて雑穀の芳醇な香りが広がる。「イン粉(こ)」と呼ばれるパウダーをトッピングすることで更に面白い味わいが加速する。現在、大手百貨店とも催事を企画するなどスイーツブランドとしても注目が高まっている。その他にも、ふりかけや入浴剤など様々な商品が開発されており今後は、サイダーも登場予定。日本の生活環境に最も適したペットとして親しまれてきた小鳥。小学生時代、友人宅へ遊びにいくと玄関先で見たノスタルジックな光景がそこにあった。

小鳥それぞれの匂いに似た風味が楽しめる「インコアイス」


■とりみカフェ ぽこの森

神戸市灘区城内通3丁目2-14 スパイスビル1F
営業時間 13時~20時
定休日 月曜・火曜
☎078-805-6700

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」連載「大阪ロマン紀行」(大阪日日新聞)出演「おちゃのこSaiSai」(J:COMチャンネル)「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年1月号〉
<特集>神戸に住んでみませんか?
神戸移住のススメ
都市の規模を追い求めるのではなく神戸ブランドにどう磨きをかけるか
温暖でおだやかな神戸の気候
キーワードは「スロー&ファスト」
心の中に祖国を抱きつつ、世界に目を向けよう [神戸ってこんなところ ①]
ママになっても「神戸エレガンス」 [神戸ってこんなところ ②]
神戸の食を通じて、神戸の魅力を世界に発信!
ポートランドから学ぶ、街の将来ビジョン
家族のために神戸へ そして新たな繋がりが
三宮から車で30分で、こんなにも自然豊かな淡河
大人になってもいろいろなことに挑戦できる田舎暮らし
「行ってみたい!」と思ってもらえる街・神戸のために [神戸ってこんなところ ③]…
企業経営をデザインする(4)|〝住〟で比類なきメイド・イン・神戸ブランド
昔も今も変わらない、風格ある街並み「山芦屋」
前衛芸術を育んだ芦屋の気風
山芦屋は「建築博物館」の様相を呈した
谷崎潤一郎が愛した老舗
芦屋川沿いのお店を訪ねて
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.11「スタープレイヤーが心技体をアドバ…
Report KOBE|向山毅さん「ハンガリー国騎士十字勲章」を受章
Power of music(音楽の力) 第1回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
風さやか「絆の風」 2016年も愛と夢の架け橋に
神戸のカクシボタン 第二十五回「小さなお友達と迎える新年」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第73回 詩人・エッセイスト・美術家 三浦 照子(みうら てるこ)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十三回
触媒のうた(59) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
素材の鮮度と手作りにこだわった中国料理|神戸壺中天(こちゅうてん)