2016年
1月号
セルダヘイ・イシュトヴァーン駐日ハンガリー特命全権大使と

Report KOBE|向山毅さん「ハンガリー国騎士十字勲章」を受章

カテゴリ:文化人

 京都大学名誉教授で、ハンガリー科学アカデミー原子核研究所客員教授、関西ハンガリー協会会長などを務める向山毅さんが、ハンガリーと日本の交流などへの功績が認められ、ハンガリー共和国大統領から「ハンガリー国騎士十字勲章」が授与された。
 向山さんは1960年代に、京都大学化学研究所の研究グループの一員として、同じ分野での研究が進められていたハンガリー科学アカデミー原子核研究所との交流をスタート。その後、二国の共同研究が始まり、現在も分野を広げての共同研究が継続している。向山さん自身は1976年に初めてハンガリーを訪問。その後ヨーロッパで開催される国際会議出席などの機会を利用してほぼ毎年のようにハンガリーを訪れている。一方で向山さんは、学術面だけでなく文化面でもハンガリーとの友好を深めたいと、関西ハンガリー交流協会会長、日本ハンガリー友好協会理事として、ハンガリーの文化を主に関西に紹介する活動などを行ってきた。そういった一連の活動に対しての今回の勲章授与であり、関西でははじめての授章であるという。
 「原子物理学においてのハンガリーとの交流が評価されたのは大変光栄。それまでハンガリーといえば音楽をはじめ文化は多く日本に紹介されており、政治面でも交流は深かったが、学術においての交流を評価され、とても嬉しい」と向山さん。授与式は、11月25日に東京・三田にある駐日ハンガリー大使館で行われた。

サボー・ラースロー外務・貿易副大臣さんから
勲章を授与される向山毅さん


左から向山毅さん、サボー・ラースローさん、向山和子さん


セルダヘイ・イシュトヴァーン駐日ハンガリー特命全権大使と

 同じ頃、向山さんの妻で画家の向山和子さんが、ブタペストにあるハンガリー科学アカデミーで、LEDで光る絵画「ルミアート」を展示。11月4日~7日に行なわれていた「世界科学フォーラム」の関連企画で、光るアート作品の出品が事務局から依頼された。和子さんは長年水墨画家として活躍してきたが、3年前から「ルミアート」の制作も手がけており、LEDで絵画はさまざまな色彩に変化する。
 7月9日~16日には、フランスにある兵庫県パリ事務所で水墨画展を開催。こちらは、兵庫県パリ事務所に日本の文化を発信するためのオープンスペース「ひょうご交流センター」が設立されたことを記念しての展覧会で、「國際現代」水墨画協会会長として兵庫県文化活動功労賞などを受賞している向山和子さんの作品が展示された。水墨画はフランス人に評価が高く、会場には多くの人が集い、「久しぶりの墨の絵を見て懐かしく、感動した」と話す在仏の日本人の姿もあった。

井戸兵庫県知事も訪仏し、会場を訪れた


水墨画の掛け軸、屏風などを展示、パリ在住の友人夫妻と


ハンガリー科学アカデミーに展示された光る絵画「ルミアート」


フォーラムで講演したノーベル物理学賞受賞者の天野浩教授も作品を鑑賞

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年1月号〉
<特集>神戸に住んでみませんか?
神戸移住のススメ
都市の規模を追い求めるのではなく神戸ブランドにどう磨きをかけるか
温暖でおだやかな神戸の気候
キーワードは「スロー&ファスト」
心の中に祖国を抱きつつ、世界に目を向けよう [神戸ってこんなところ ①]
ママになっても「神戸エレガンス」 [神戸ってこんなところ ②]
神戸の食を通じて、神戸の魅力を世界に発信!
ポートランドから学ぶ、街の将来ビジョン
家族のために神戸へ そして新たな繋がりが
三宮から車で30分で、こんなにも自然豊かな淡河
大人になってもいろいろなことに挑戦できる田舎暮らし
「行ってみたい!」と思ってもらえる街・神戸のために [神戸ってこんなところ ③]…
企業経営をデザインする(4)|〝住〟で比類なきメイド・イン・神戸ブランド
昔も今も変わらない、風格ある街並み「山芦屋」
前衛芸術を育んだ芦屋の気風
山芦屋は「建築博物館」の様相を呈した
谷崎潤一郎が愛した老舗
芦屋川沿いのお店を訪ねて
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.11「スタープレイヤーが心技体をアドバ…
Report KOBE|向山毅さん「ハンガリー国騎士十字勲章」を受章
Power of music(音楽の力) 第1回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
風さやか「絆の風」 2016年も愛と夢の架け橋に
神戸のカクシボタン 第二十五回「小さなお友達と迎える新年」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第73回 詩人・エッセイスト・美術家 三浦 照子(みうら てるこ)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十三回
触媒のうた(59) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
素材の鮮度と手作りにこだわった中国料理|神戸壺中天(こちゅうてん)