2016年
1月号
東遊園地は賑わいの場として期待が寄せられている

ポートランドから学ぶ、街の将来ビジョン

カテゴリ:神戸

株式会社村上工務店 代表取締役社長 村上 豪英 さん

アメリカ、オレゴン州ポートランドは暮らしすい都市として、全米第1位の評価を受ける。
神戸が目指すモデル都市として参考になると村上豪英さんは話す。

 街のビジョンを思い描くヒントをもらったのが偶然見つけた「GREEN Neighborhood」という本で紹介されているポートランドの街です。「こんなステキな街が実在するんだ!」と思いました。元々、カリフォルニアの喧騒を逃れて来た人たちが集まっている街ですから自然を好み、車を乗り回すのがクールじゃないと考え、消費をするよりも自分でつくる「クリエイティブ」であることを尊ぶ文化、気風があります。ステキな街の条件は、都心で住んで働き、学んで、食べて、買い物をすることができる、いわば用途が混在していること。ポートランドはその条件を満たしていると思いますね。しかも車社会のアメリカにありながら、公共交通機関、自転車、徒歩圏内でほぼ全てを満たすことができる街なのです。
 海に面して川沿いにある港町です。山も近くて、いくつかのアウトドアブランドもここから生まれています。神戸と人口や街全体の規模、ダウンタウンの規模も中央区三宮辺りと同じくらい。買い物するなら大型スーパーより個人商店を、食事をするなら大手の外食チェーンよりオーナーシェフが一生懸命やっている店を選びます。神戸の人も同じように考えているのではないでしょうか。
 地元の野菜を食べようという意識が高くて、ポートランドのファーマーズマーケットはイベントではなく、ちゃんとした商売として成り立っています。地元有機野菜スーパーも、損得抜きで応援しているんですよ!商売敵なのに…。食の世界でこれから頑張ろうという人たちのスタート地点にもなっています。
 今、時代の先端をいくのはフリーランスな働き方ですから、住む場所をオフィスに通うために選ぶ必要はありません。住みやすい場所に住めばいいんです。その街に同じような考え方で暮らしている人がいれば、つながりが生まれ、新たなビジネスが始まるかもしれません。神戸も住みやすい街としてのポテンシャルが十分にあります。どんどんアピールしていけばいいと思いますね。

地元の消費者が地元の生産者を支えるというシステムが確立している


自動車を使わず公共交通機関を利用する。写真はLRT(路面電車)


ポートランドのファーマーズマーケットはビジネスとして成り立っている


「First Thursday」というアートフェスティバルも定着している


昨年開催された「アーバンピクニック」では多くの人出で賑わった。


東遊園地は賑わいの場として期待が寄せられている

村上 豪英(むらかみ たけひで)

1972年、神戸生まれ。京都大学大学院理学研究科修了。シンクタンクに勤務。現在は株式会社村上工務店の代表取締役社長。2012年、神戸青年会議所理事長。2011年より神戸モトマチ大学代表。趣味はフライフィッシングとサッカー、トレッキングなど

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年1月号〉
<特集>神戸に住んでみませんか?
神戸移住のススメ
都市の規模を追い求めるのではなく神戸ブランドにどう磨きをかけるか
温暖でおだやかな神戸の気候
キーワードは「スロー&ファスト」
心の中に祖国を抱きつつ、世界に目を向けよう [神戸ってこんなところ ①]
ママになっても「神戸エレガンス」 [神戸ってこんなところ ②]
神戸の食を通じて、神戸の魅力を世界に発信!
ポートランドから学ぶ、街の将来ビジョン
家族のために神戸へ そして新たな繋がりが
三宮から車で30分で、こんなにも自然豊かな淡河
大人になってもいろいろなことに挑戦できる田舎暮らし
「行ってみたい!」と思ってもらえる街・神戸のために [神戸ってこんなところ ③]…
企業経営をデザインする(4)|〝住〟で比類なきメイド・イン・神戸ブランド
昔も今も変わらない、風格ある街並み「山芦屋」
前衛芸術を育んだ芦屋の気風
山芦屋は「建築博物館」の様相を呈した
谷崎潤一郎が愛した老舗
芦屋川沿いのお店を訪ねて
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.11「スタープレイヤーが心技体をアドバ…
Report KOBE|向山毅さん「ハンガリー国騎士十字勲章」を受章
Power of music(音楽の力) 第1回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
風さやか「絆の風」 2016年も愛と夢の架け橋に
神戸のカクシボタン 第二十五回「小さなお友達と迎える新年」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第73回 詩人・エッセイスト・美術家 三浦 照子(みうら てるこ)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十三回
触媒のうた(59) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
素材の鮮度と手作りにこだわった中国料理|神戸壺中天(こちゅうてん)