2016年
1月号

昔も今も変わらない、風格ある街並み「山芦屋」

カテゴリ:芦屋

阪神間を代表する高級住宅地、芦屋。
明治初期には田畑や山林が広がるのどかな風景が広がっていた。
やがて阪神・阪急電車の開通により、
芦屋は浜手から山手へと宅地化が進んでいくが、
山芦屋の場合は少し違っていた。
この地に住まいを求めた財界人たちは
広大な山林を購入して、自ら切り拓いていったのだ。
ゆえにその規模は壮大で、“領地”のような様相を呈した。
時をへて、街の様相は大きく変貌していくが、
風格ある街並みは変わらない。

茅渟の海を望みて 山芦屋について

 芦屋の歴史を紐解くと、その根源を山芦屋とその周辺にみることができる。
 この一帯には遺跡や古墳が多く、阪急電車より北の芦屋川右岸(西側)にはざっと10くらいある。中でも山芦屋遺跡では縄文時代早期からの土器が出土し、弥生時代の竪穴式住居跡も発見されている。また、その西にある会下山遺跡は弥生時代の高地性集落として全国的にも貴重で、国史跡にも指定されている。太古からこのあたりの中心地であるとともに、住むのにも絶好だったのかもしれない。
 やがて江戸時代を迎えると、水車産業が発展する。特に江戸末期は大いに栄えたようだ。灘五郷という日本一の酒造地に近接していたこともあり精米が盛んで、照明に欠かせなかった菜種油の搾取とともに一大産業になっていった。 明治初期には田畑や山林が広がっていたこの一帯だが、やがて阪急電車の開業などにより開発されていく。芦屋はもともと海岸部から山手へと宅地化が進んでいったが、その多くが耕地整理や区画整備などの都市計画に基づくものであった一方、山芦屋の場合はちょっと様相が違ったようだ。というのも広大な山林を富裕層が購入、自ら切り拓いていったのだ。ゆえにその規模は壮大で、中でも右近権左衛門邸はひとつの丘を占める圧倒的なスケールだった。
 ほかにも松岡潤吉邸、山口吉郎兵衛邸、中山悦治邸、渋谷義雄邸などのお屋敷が建ったが、それらはそれぞれ渡邊節、安井武雄、村野藤吾、竹腰健造と近代日本を代表する建築家の作品でもあり、山芦屋はまさに「建築博物館」だった。もちろん、そのような場所は日本でもここくらいだろう。
 眼下に茅渟の海を望めば六甲の緑から涼風そよぎ、交通も至便。今も昔も変わらぬこの土地の価値は、これからも色褪せることがないだろう。

両岸に阪神間モダニズム建築の邸宅が立ち並ぶ芦屋川


弥生時代は高地性集落であった山芦屋


山芦屋は茅渟の海を見守りつづける。山芦屋から芦屋の街並み、大阪湾を望む


昭和初期、山芦屋から芦屋の街並みを望む


山芦屋を流れる高座川は豊かな水量を誇りやがて芦屋川とひとつになる


挽き臼を石垣に利用する山芦屋の邸宅。
水車産業で栄えた面影を残す

〈2016年1月号〉
<特集>神戸に住んでみませんか?
神戸移住のススメ
都市の規模を追い求めるのではなく神戸ブランドにどう磨きをかけるか
温暖でおだやかな神戸の気候
キーワードは「スロー&ファスト」
心の中に祖国を抱きつつ、世界に目を向けよう [神戸ってこんなところ ①]
ママになっても「神戸エレガンス」 [神戸ってこんなところ ②]
神戸の食を通じて、神戸の魅力を世界に発信!
ポートランドから学ぶ、街の将来ビジョン
家族のために神戸へ そして新たな繋がりが
三宮から車で30分で、こんなにも自然豊かな淡河
大人になってもいろいろなことに挑戦できる田舎暮らし
「行ってみたい!」と思ってもらえる街・神戸のために [神戸ってこんなところ ③]…
企業経営をデザインする(4)|〝住〟で比類なきメイド・イン・神戸ブランド
昔も今も変わらない、風格ある街並み「山芦屋」
前衛芸術を育んだ芦屋の気風
山芦屋は「建築博物館」の様相を呈した
谷崎潤一郎が愛した老舗
芦屋川沿いのお店を訪ねて
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.11「スタープレイヤーが心技体をアドバ…
Report KOBE|向山毅さん「ハンガリー国騎士十字勲章」を受章
Power of music(音楽の力) 第1回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
風さやか「絆の風」 2016年も愛と夢の架け橋に
神戸のカクシボタン 第二十五回「小さなお友達と迎える新年」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第73回 詩人・エッセイスト・美術家 三浦 照子(みうら てるこ)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十三回
触媒のうた(59) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
素材の鮮度と手作りにこだわった中国料理|神戸壺中天(こちゅうてん)