2017年
7月号

明石のタコや丹波の鹿・猪など 神戸には素晴らしい素材が満載

カテゴリ:文化人, 洋食

革命的な発想の懐石風イタリアンを生み出し、日本にイタリア料理を根付かせた片岡シェフ。
料理教室終了後に、神戸への想いや神戸グルメに関する感想をうかがった。

…2014年12月に神戸店がオープン、料理教室は2015年6月にスタートして今で丸2年とか。

 僕の料理教室は、レシピ通りにしないのが特徴です(笑)。季節はもちろん、食べる人や作る人、またその日の気持ちや体調によって好みの味って変わるでしょう。レシピは基本だけれど、そのときに合わせてメニューを変えても、美味しさが変わらないよう、コツやポイントをしっかりと伝えていきます。

…野菜、魚介類は出来るだけ地場の生産者から仕入れ、イタリアからの輸入食材も質の良いものにこだわって創るのがアルポルトのこだわり。「アルポルト神戸」でも料理長が中央市場に自ら買い付けに行かれるとか。神戸の食材について、どう思われますか。

 明石鯛、明石蛸、瀬戸内や淡路島の魚介に、神戸ビーフをはじめとする肉類、野菜、どれをとっても素晴らしいと思いますね。しかも近郊でとれるから新鮮。東京よりも素材には恵まれていると思います。

…片岡シェフといえば、「イカスミのパスタ」に代表されるパスタ料理が特に有名です。
 
 だから今、明石蛸のスミを利用した料理ができないか考案中。イカのように甘味や旨味成分がないから難しいけれどね(笑)。僕はイタリアンに昆布やカツオなど和の素材を多用して、日本人の僕たちにしかできないイタリアンを作りたいと思っています。本場イタリアの味を作っても真似するな!と怒られちゃうでしょう。

…例えば、神戸でしか出来ないイタリアンってありますか。

 丹波の鹿や猪、ウサギなどジビエを使った料理はどうかな。鹿肉の舌にまとわりつく旨みを活かしたレアステーキとか、栗を食べて育った猪を使った栗のリゾットとかも美味しいだろうね。

…最後に港町・神戸の読者に向けて、イタリア語で「港にて」という意味を持つ「アルポルト」のオーナーシェフとしてメッセージをお願いします。

 「港」に込められた「ひとつの物事のはじまり(出港)と終わり(帰港)、さらには人生の出発、そして終着」という意味が好きで、店名に選びました。海外に開かれた港町・神戸にある「アルポルト神戸」で、いい人生のひとときを過ごしていただければ嬉しいです。神戸の食材、四季の旬、和のおもてなしの心を盛り込んだ「アルポルトのイタリアン」をお楽しみください。

地下1階の静かな空間。個室も完備



■アルポルト神戸

078-391-6771
神戸市中央区中山手通3-1-19
神戸トアロードホテル山楽B1F
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~22:00(L.O.21:00)
水曜定休

第13回 片岡護シェフのお料理教室 
日時:8月7日(月)11:00開始(受付開始10:45~)
参加費:8,500円(税サ込)※食事代も含む
定員20名

イタリア料理『アルポルト』
オーナーシェフ
片岡 護 さん

1948年生まれ。1968年、日本領事館の総領事付き料理人としてイタリア・ミラノに渡り、各地の名店で修行。帰国後、『マリーエ』の料理長などを経て、1983年、西麻布に『リストランテ アルポルト』を開店。日本での本格イタリア料理の草分け的存在。2015年、「現代の名工」に選ばれる。著書も数多く、若き料理人達の憧れのシェフとして数多くの料理人を輩出

〈2017年7月号〉
今も静かに時が流れる “御影” ―扉
弓弦羽神社|お正月、七五三、だんじり… 今も昔も地域の中心
西村屋 和楽|城崎温泉「西村屋 本館」のおもてなしの心を
シェ・Yamato|名士たちが愛した料理、古い家具に流れる“御影時間”
常盤堂|季節のうつろいを表現した繊細な和菓子
セセシオン コンディトアアテリエ|伝統菓子に感じる上質なオリジナリティ
ザ・ガーデン・プレイス・蘇州園|旧財閥による純和風木造の邸宅がすてきなレストラン…
香雪美術館
連載 輝く女性 ⑤ 日々の生活から “素敵”を見つける
「アルポルト」片岡護シェフの料理教室
明石のタコや丹波の鹿・猪など 神戸には素晴らしい素材が満載
連載 神戸秘話 ⑦ デザイン都市の象徴を手がけた偉大な建築家 置塩 章(おしお …
自然豊かな郊外住宅地として愛され続ける御影界隈
御影郡家について MIKAGE GUNGE
対談/進化する名門私立中学校 第8回 甲南中学校
華やかな宴でフィナーレ!|神戸国際フルート音楽祭& 神戸国際フルートコ…
英国と神戸 Vol.1 神戸異人館とA.N.ハンセル
海フェスタ神戸 ~港がつなぐ 海 ひと 未来~
連載 ミツバチの話 ⑫最終回
祝・「神戸―仙台線」就航!|神戸から仙台へ
Power of music(音楽の力) 第19回
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 12
第13回 神戸洋藝菓子ボックサン
神戸のカクシボタン 第四十三回 憧れ続けた男のロマンを求めて
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十四回
未来に向かって挑む眼/[インタビュー]すっとんきょうなことを(岡本 太郎)|神戸…
行為は形に収斂する JUN TAMBA(彫刻家)
神戸鉄人伝 第91回 新都山流神戸幹部会副会長 加納 煌山(かのう こうざん)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十一回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑭  神さまはおわします
兵庫のテロワール“五国の味めぐり“ ホテル ラ・スイート神戸で淡路を食す|耳よ…
はも、素麺など夏のおいしい淡路を紹介「淡路はもキャンペーン」|耳よりKOBE