2017年
7月号
右端の建物がシュウエケ邸(中央区山本通)。ハンセルの自邸でもあった

英国と神戸 Vol.1 神戸異人館とA.N.ハンセル

カテゴリ:神戸, 見どころ

 安政5年に結ばれた通商条約によって、明治元年(1868)12月、神戸港が開港。同時に、外国人の住居や通商の場として神戸外国人居留地が設けられ、区画整備が進められていった。
 居留地の発展に尽力した建築家の1人が、イギリス人建築家のA.N.ハンセルであった。ハンセルは、1857年に北フランスでイギリス人牧師の子として生まれた。後に父とともにイギリスへ渡って本国で教育を受け、建築の修業を積んだ後、明治21年(1888)に来日。大阪で英語教師を務め、後に神戸に本拠地を移して、本格的に建築家として活躍するようになる。
 外国人社会の中で人望も厚かったハンセルは、関西の著名な建物を多く手がけている。神戸においては、居留地内のクラブハウスや周辺の雑居地の外国人住宅などを数多く建築している。神戸市中央区の山本通に現存するハンセルの自邸は、現在、「シュウエケ邸」の名前で一般公開されている。
 明治23年(1890)、ハンセルが神戸で最初に手がけた建物が、「神戸クラブ」であった。現在の東遊園地の南にあった神戸クラブは、イギリス人・アメリカ人を中心とした、欧米系外国人のための社交クラブで、クラブハウスは、赤レンガ積みと白花崗岩の対比、中世風のチューダ ー・アーチが美しい大きな建物であった。中にはビリヤードルームやバー、ボウリング場や図書室などがあったが、昭和20年(1945)の空爆で焼失し、神戸クラブは同30年に北野に新築・移転されている。
 ハンセルは明治24年(1891)には、当時、世界で最も権威があった建築家団体のひとつ「R.I.B.A」(英国王室建築士会)会員の名誉ある資格を取得している。 神戸の居留地が、このような栄誉ある人物に手がけられて発展したことは、特筆に価するであろう。

右端の建物がシュウエケ邸(中央区山本通)。ハンセルの自邸でもあった

「白い異人館」と呼ばれ、親しまれた「小林家住宅(旧シャープ住宅)」。昭和53年。現在の「萌黄の館」である

国の重要文化財に指定されている旧ハッサム住宅もハンセルの設計。現在は相楽園に移築されている

かつて神戸居留地にあった神戸クラブ。ハンセルの処女作でもあった

〈2017年7月号〉
今も静かに時が流れる “御影” ―扉
弓弦羽神社|お正月、七五三、だんじり… 今も昔も地域の中心
西村屋 和楽|城崎温泉「西村屋 本館」のおもてなしの心を
シェ・Yamato|名士たちが愛した料理、古い家具に流れる“御影時間”
常盤堂|季節のうつろいを表現した繊細な和菓子
セセシオン コンディトアアテリエ|伝統菓子に感じる上質なオリジナリティ
ザ・ガーデン・プレイス・蘇州園|旧財閥による純和風木造の邸宅がすてきなレストラン…
香雪美術館
連載 輝く女性 ⑤ 日々の生活から “素敵”を見つける
「アルポルト」片岡護シェフの料理教室
明石のタコや丹波の鹿・猪など 神戸には素晴らしい素材が満載
連載 神戸秘話 ⑦ デザイン都市の象徴を手がけた偉大な建築家 置塩 章(おしお …
自然豊かな郊外住宅地として愛され続ける御影界隈
御影郡家について MIKAGE GUNGE
対談/進化する名門私立中学校 第8回 甲南中学校
華やかな宴でフィナーレ!|神戸国際フルート音楽祭& 神戸国際フルートコ…
英国と神戸 Vol.1 神戸異人館とA.N.ハンセル
海フェスタ神戸 ~港がつなぐ 海 ひと 未来~
連載 ミツバチの話 ⑫最終回
祝・「神戸―仙台線」就航!|神戸から仙台へ
Power of music(音楽の力) 第19回
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 12
第13回 神戸洋藝菓子ボックサン
神戸のカクシボタン 第四十三回 憧れ続けた男のロマンを求めて
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十四回
未来に向かって挑む眼/[インタビュー]すっとんきょうなことを(岡本 太郎)|神戸…
行為は形に収斂する JUN TAMBA(彫刻家)
神戸鉄人伝 第91回 新都山流神戸幹部会副会長 加納 煌山(かのう こうざん)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十一回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑭  神さまはおわします
兵庫のテロワール“五国の味めぐり“ ホテル ラ・スイート神戸で淡路を食す|耳よ…
はも、素麺など夏のおいしい淡路を紹介「淡路はもキャンペーン」|耳よりKOBE