2017年
7月号
村山の雅号より命名された「香雪美術館」

香雪美術館

カテゴリ:神戸, 茶道・華道・書道

村山の邸宅敷地内で公開される古美術コレクション

 朝日新聞創業者である村山龍平(1850-1933)は、明治33年(1900)、御影郡家の地に約一万坪の土地を購入し、邸宅を構えた。そこはのちに多くの財界人が移り住み、「日本一の長者村」となる地だが、当時は六甲山麓にある原野のような土地だったという。それまで大阪の高麗橋に住まっていた村山は、その環境の良さに目をつけた。のちに一般的になる「都市部で働いて、郊外で暮らす」という考えをいち早く実践したのである。
 朝日新聞を創刊し、上野理一とともに発展に寄与した村山は、一方で、仏教美術、絵画、茶道具など日本・東洋の古美術を収集。当初は、刀剣や武具を好んで集めていた村山が、廃仏棄釈によって仏像など貴重な美術が海外にも流出をはじめたことを憂い、仏教美術の名品を収集。また、伊勢の由緒ある武家出身である村山は古儀茶道「藪内流(やぶのうちりゅう)」を学んでおり、御影の邸宅には茶室を造り、海外の客人をもてなしたり、財界の仲間たちと茶の湯の会を発足させた。そのため茶道具の収集品も多く、名品や珍品が数多いという。美術を愛した村山は、岡倉天心らが明治22年に創刊した美術専門誌『國華』の発行を支援。「美術品を買い集めた財界人は多くいます。価値のある美術品は、あるいは財産にもなります。でも、村山は美術品の収集だけでなく、美術雑誌の発行という無形の文化を支援した。いわば、精神文化の興隆を支援したのです」と、内海紀雄館長は話す。しかも、朝日新聞の経営とは一線を画し、村山は篤志(ポケットマネー)で雑誌の発行を援助した。世界で最初に創刊した美術専門誌といわれたフランスの雑誌は、すでに十数年前に廃刊。村山が亡くなるまで援助を続けた『國華』は、現在も朝日新聞社の支援で発行を続け、いまや世界でもっとも古い美術専門誌となっている。
 そんな村山が「後世に遺すべき」と考え収集した美術品を収蔵し、公開しているのが香雪美術館。“香雪(こうせつ)”とは村山の雅号のひとつで、美術館は村山の邸宅のあった敷地の一部にある。敷地内には茶室を含む旧村山家住宅や庭園があり、かつてここが原野であったことを思わせる樹齢数百年の木々も残る。緑に囲まれた美術館内では、村山のコレクションが春と秋に公開されるほか、すぐれた日本美術を紹介する企画展を開催。庭園は一般公開はされていないが、見学会を定期的に開催(ホームページで公募)。秋には茶室や庭園でお茶会が催されている。また、来年2018年春には大阪に分館「中之島香雪美術館」がオープンする。

村山の雅号より命名された「香雪美術館」


朝日新聞社 創業者 村山龍平


所蔵品は仏教美術、茶道具、絵画など幅広い



長谷川等伯「柳橋水車図屏風」


熱心に茶の手前を学び、茶室「玄庵」では客人をもてなした


相伝を得た人だけが許された藪内家伝来の茶室「燕庵」の写し 重要文化財



「レパント戦闘図・世界地図屏風」 重要文化財


藤原定家「小倉色紙」


楽常慶 赤茶碗 銘「山居」


梁楷「踊布袋図」 重要文化財


「稚児大師像」 重要文化財


■香雪美術館

神戸市東灘区御影郡家2-12-1
TEL.078-841-0652
開館 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
入館料 コレクション展 一般700円〜
    企画展 一般800円〜

常務理事 館長
内海 紀雄
〈2017年7月号〉
今も静かに時が流れる “御影” ―扉
弓弦羽神社|お正月、七五三、だんじり… 今も昔も地域の中心
西村屋 和楽|城崎温泉「西村屋 本館」のおもてなしの心を
シェ・Yamato|名士たちが愛した料理、古い家具に流れる“御影時間”
常盤堂|季節のうつろいを表現した繊細な和菓子
セセシオン コンディトアアテリエ|伝統菓子に感じる上質なオリジナリティ
ザ・ガーデン・プレイス・蘇州園|旧財閥による純和風木造の邸宅がすてきなレストラン…
香雪美術館
連載 輝く女性 ⑤ 日々の生活から “素敵”を見つける
「アルポルト」片岡護シェフの料理教室
明石のタコや丹波の鹿・猪など 神戸には素晴らしい素材が満載
連載 神戸秘話 ⑦ デザイン都市の象徴を手がけた偉大な建築家 置塩 章(おしお …
自然豊かな郊外住宅地として愛され続ける御影界隈
御影郡家について MIKAGE GUNGE
対談/進化する名門私立中学校 第8回 甲南中学校
華やかな宴でフィナーレ!|神戸国際フルート音楽祭& 神戸国際フルートコ…
英国と神戸 Vol.1 神戸異人館とA.N.ハンセル
海フェスタ神戸 ~港がつなぐ 海 ひと 未来~
連載 ミツバチの話 ⑫最終回
祝・「神戸―仙台線」就航!|神戸から仙台へ
Power of music(音楽の力) 第19回
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 12
第13回 神戸洋藝菓子ボックサン
神戸のカクシボタン 第四十三回 憧れ続けた男のロマンを求めて
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十四回
未来に向かって挑む眼/[インタビュー]すっとんきょうなことを(岡本 太郎)|神戸…
行為は形に収斂する JUN TAMBA(彫刻家)
神戸鉄人伝 第91回 新都山流神戸幹部会副会長 加納 煌山(かのう こうざん)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十一回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑭  神さまはおわします
兵庫のテロワール“五国の味めぐり“ ホテル ラ・スイート神戸で淡路を食す|耳よ…
はも、素麺など夏のおいしい淡路を紹介「淡路はもキャンペーン」|耳よりKOBE