2018年
3月号
刺し身盛り合わせ。お任せで、季節の魚を彩りよく盛り付けてくれる

すし 季節一品 鯛のたい|神戸の粋な店

カテゴリ:和食, 神戸

季節の魚がいつでも美味しい
メニュー豊富な魚料理屋さん

 大阪で長年、寿司職人の経験をもつご主人の森本芳弘さん。神戸本山へやって来た当時はなかなかお客さんも来てくれず大変だったそう。ところが17年目の今では、芦屋や住吉からタクシーでやって来るファンも大勢いて、いつも賑わう魚料理屋さんです。店名の「鯛のたい」は魚の胸びれ根元にある魚の形をした骨のこと。オープン時に何にしよう、自分の名前を付けるのも気が進まないなあと考えていたら、夜中にふと思いついたとか。いつも魚のことで頭がいっぱいの森本さんらしいエピソードです。
 刺し身、寿司をはじめ揚げ物、焼き物など季節替わりと日替わりのメニューが豊富にあり、とても丁寧できれいな盛り付けが、同じ料理の仕事をする者として勉強になります。奥様が担当する揚げ物や焼き物は加減がとても上手で、刺身の合間にいただくのに最高。お寿司も美味しくて締めに季節の魚をいただくのが好きです。冬はお店で干して炙るフグのヒレの焼き具合がちょうど良くて、森本さんとの魚談議を楽しみながらついついヒレ酒が進み飲み過ぎることも(笑)。一年中、魚のことはお任せしておけば間違いなし!そろそろ春。どんな美味しい魚を食べさせてくれるのか楽しみです。

にぎり寿司盛り合わせ。森本さんが厳選する新鮮なネタを使って

刺し身盛り合わせ。お任せで、季節の魚を彩りよく盛り付けてくれる

冬の人気の一品「のどぐろの塩焼き」

刺身、焼き物、揚げ物、炊き物など、豊富なメニューが壁にズラリ

ご主人の森本芳弘さん。魚のことを語り出したら止まらない

■鯛のたい

神戸市東灘区本山南町6‐7‐27
TEL.078‐453‐2581
営業 17:00~22:30(LO22:00)、日祝17:00~22:00(LO21:30)
定休日 水曜日

【推薦人】

欧風料理 シェ・Yamato オーナーシェフ
本田 大和 さん

〈2018年3月号〉
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.8
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.7
連載 神戸秘話 ⑮ 心の幼児教育と愛の看護 井深大・井深八重
レクサスと日本のモノづくり ①
〝阪神間モダニズム〟の中心として発展してきた御影・住吉
国際基準を満たす戦略性と然と調和した美しさを併せ持つ《六甲国際ゴルフ倶楽部》
文学を生み出す、夙川 ー扉
清らかな暮らしの中に文学が宿る “夙川と文学”
小松左京が描いた夙川 ~短編小説「歌う女」に滲む郷愁
夙川に文化の薫香を放った幻のカフェ パボーニ物語
すし 季節一品 鯛のたい|神戸の粋な店
どう生きる? どこで生きる? X/47|#どこで生きる|兵庫は、この人
御影・住吉の暮らしを語る「人の心が通い合う街であり続けるために」
伊藤智雄先生に聞く 「教えて、病理医のお仕事」
harmony(はーもにぃ) Vol.1 「子どもに何をしてやらないか」にこころ…
音楽のあるまち♬6 ロックを通して震災を次の世代に伝え、減災につなげる
Power of music(音楽の力) 第27回
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
英国と神戸 Vol.9 神戸のハイカラ文化を伝える トアロード
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十一回
神戸のカクシボタン 第五十一回 メインディッシュな前菜に心躍る
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.5
神戸鉄人伝 第99回 兵庫・神戸CSの会会長(元神戸新聞社常務取締役) 山田 弘…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十九回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉒ 星の學者
新島襄を癒した有馬温泉|有馬歳時記