2018年
3月号
全国から若者が訪れる「COMIN'KOBE」

音楽のあるまち♬6 ロックを通して震災を次の世代に伝え、減災につなげる

カテゴリ:文化・芸術・音楽, 神戸

株式会社パインフィールズ 代表取締役 松原 裕 さん

今年の開催で14回目を迎える「COMIN’KOBE」。
実行委員長の松原裕さんにロックのこと、イベントのことなどお聞きしました。

―松原さんとロックとの出会いは?

 中学のころ、亡くなった後ですが尾崎豊さんです。自分でも分からない苛立ちの代弁者が尾崎でした。高校時代はバンド漬け。自分で曲を作って苛立ちをぶつけた、と言いたいところですが僕自身が考えたのは、売れる曲。

―売れる?お話が矛盾しているような…。

 意外と現実的で、成功したいという思いがありました。インディーズCDデビューが決まり、大学もやめ、ツアーで全国を回りました。高校時代からアルバイトをしていたライブハウスの店長の仕事とバンド活動を両立させ5年ほど続けました。

―その後、裏方に回ったのは何故?

 自分の才能は分かっていました。プロとして限界を感じた23歳のとき、裏方に回ろうと起業し2年後「COMIN’KOBE」を始めました。

―「COMIN’KOBE」は震災の経験から始まったのですか。

 僕が中3の時、震災が起きました。大変なことが起きているのは分かっていましたが、まだ親に守られている年齢でしたし、学校は休校で勉強しなくても高校進学できたし…。本当に申し訳ないのだけど、非日常をお祭りのように感じていました。

―震災と向き合うようになったのは?

 バンドで全国を回り「神戸から来た」と話すと、「当時は何もできなかったから」と親切にしていただき…当時遊んでいた自分と今親切にしてもらっている自分との間にギャップが生まれました。そして自分の罪滅ぼしをしたいと思い始めました。

―それが「COMIN’KOBE」につながったのですか。

 震災後10年、神戸市が「震災復興は完了」と宣言しました。見た目はきれいになったけど、実際は完了していない。催しなどに参加しても、僕より若い人はほとんどいない。語り次ぐ相手に伝わっていないのに「完了」というのなら、民間で頑張ろうと思いました。

―どんなふうに始めたのですか。

 音楽を通して若い人にも自発的に考えてもらえるイベントをしようと考え、チケットは無料とし、ボランティアで参加して何かの役に立つという体験をしてもらうことにしました。震災パネル展の実施などから始め、今年で14回目を迎えます。

―現在はどんなイベントですか。

 伝えるだけではなく、それを防災・減災につなげていくことが重要です。会場内の「減災ヴィレッジ」をコンセプトゾーンとして啓発コーナーを集めています。若者に対して影響力を持つアーティストのトークコーナーや阪神・淡路と東日本の発生時刻「05:46→14:46」を刻印したリストバンドの販売などは成功例です。寄付金も昨年は約1350万円という過去最高額を記録しました。

―今年は何か新しく考えているのですか。

 今本当に必要な支援は何かをしっかりと検証し直す時期がきていると思っています。今年は寄付の目的を直前にドンと発表して募ろうと検討しています。初めての試み、さて結果はどうなるか…。

―神戸に続けと全国でもイベントが生まれているとか。

 「COMIN’KOBE」がきっかけという訳ではありませんが、岩手県の大槌町では全く同じ趣旨のロックイベントが始まっています。気仙沼や盛岡、名古屋など全国的に広がっています。

―ご苦労もされてきましたね。

 当初は全く市民権を得ていませんでした。〝うるさい〟音楽ですから会場も追い出され(笑)。07年からは行政から離れて開催を続けてきましたが、「COMIN’KOBE」が平成25年度神戸市文化奨励賞を受賞。市民権を得るところまで漕ぎ付けました。「ロックなんて!」と親御さんに怒られている若いバンドマンたちの為になったのであれば嬉しいことです。

―神戸は音楽が溢れるまちになれるでしょうか。

 そうしたいです。僕自身も行政に対していろいろと働きかけていますし、動いていただいています。海外のように街角でバンドが演奏していて、歩いていたら音楽が聞こえてくる。それだけできっと〝あがる〟まちになれると思います。

全国から若者が訪れる「COMIN’KOBE」

株式会社パインフィールズ 代表取締役
松原 裕 さん
〈2018年3月号〉
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.8
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.7
連載 神戸秘話 ⑮ 心の幼児教育と愛の看護 井深大・井深八重
レクサスと日本のモノづくり ①
〝阪神間モダニズム〟の中心として発展してきた御影・住吉
国際基準を満たす戦略性と然と調和した美しさを併せ持つ《六甲国際ゴルフ倶楽部》
文学を生み出す、夙川 ー扉
清らかな暮らしの中に文学が宿る “夙川と文学”
小松左京が描いた夙川 ~短編小説「歌う女」に滲む郷愁
夙川に文化の薫香を放った幻のカフェ パボーニ物語
すし 季節一品 鯛のたい|神戸の粋な店
どう生きる? どこで生きる? X/47|#どこで生きる|兵庫は、この人
御影・住吉の暮らしを語る「人の心が通い合う街であり続けるために」
伊藤智雄先生に聞く 「教えて、病理医のお仕事」
harmony(はーもにぃ) Vol.1 「子どもに何をしてやらないか」にこころ…
音楽のあるまち♬6 ロックを通して震災を次の世代に伝え、減災につなげる
Power of music(音楽の力) 第27回
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
英国と神戸 Vol.9 神戸のハイカラ文化を伝える トアロード
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十一回
神戸のカクシボタン 第五十一回 メインディッシュな前菜に心躍る
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.5
神戸鉄人伝 第99回 兵庫・神戸CSの会会長(元神戸新聞社常務取締役) 山田 弘…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十九回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉒ 星の學者
新島襄を癒した有馬温泉|有馬歳時記