2018年
3月号
光沢感があり気品あふれる作品。伸縮性のある素材を使いファッションに合わせて自在にオシャレを楽しむことができる

レクサスと日本のモノづくり ①

カテゴリ:婦人服,

「進化」という伝統を纏う帽子

株式会社マキシン
代表取締役社長
渡邊 百合 さん

帽子ひとすじ78年。 神戸トアロードを代表する老舗で、
オリンピックや国際博覧会、企業の制帽も手がけるマキシン。
今なお手作業を大切にしつつ、時代のウォンツを創造するものづくりで、淑女たちを魅了している。

 帽子は顔に一番近いファッションアイテム。それひとつでコーディネートのバランスを操り、身につける人の格すら左右する不思議な力がある。
 英・仏語のmaximum=最高から命名されたマキシンは、その名に恥じぬよう最上級の素材を用い、最高の技術を駆使した帽子づくりを続けることを使命としている。西洋から伝わった婦人帽づくりを横浜で学んだ渡邊利武氏が昭和15年(1940)に創業。ヨーロッパの模倣から脱却し日本人に合うモードを追究、さらに流行の半歩先を往く新しいものづくりに邁進してきた姿勢はまさに「守破離」、「進化する」ことがマキシンの伝統なのだ。
 フランスで開催された世界的ハットコンテストでグランプリに輝いた経歴を持つモディストの大平千鶴子さんが創造した新しいモデルもまた、その精神の結晶といえるだろう。最上級の麻素材を手作業で蛇腹状に仕立て、ヴェールやリボンをあしらったハットは、折り曲げ方や被る角度でカジュアルにもフォーマルにも適応。自由な発想が生んだ自由な帽子は、アトリエに港町の自由な風が吹くマキシンならではのものなのだ。
 「そこまで手間をかけるのかと驚き、車は人間がつくる最高のメカだと再認識しました」と、先日レクサス車の一部を生産するトヨタ元町工場を見学した社長の渡邊百合さんは語る。「マキシンにもレクサスにも、ストーリーがある。ステイタスに相応しいものを手がけるには、それだけの技術と感性が必要なのです」。そして帽子も、車も、実用性が肝心。用の美と格式の融合は、被る人、乗る人の気持ちを快活にする。

型から仕上げまで全て一人で創作するモディスト・ハットデザイナーの大平千鶴子さん。手作業で一つひとつ丁寧に作業を行う

光沢感があり気品あふれる作品。伸縮性のある素材を使いファッションに合わせて自在にオシャレを楽しむことができる

マキシンブランドを代表するバラをイメージした作品。きめ細やかなスーパーシナマイ(高級麻)で縫製している

マキシン トアロード本店

神戸市中央区北長狭通2-6-13
電話 078-331-6711
営業時間 10:00〜18:00
休業日 水曜日
(祝日、ルミナリエ期間中は営業)

株式会社マキシン
代表取締役社長
渡邊 百合 さん
〈2018年3月号〉
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.8
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.7
連載 神戸秘話 ⑮ 心の幼児教育と愛の看護 井深大・井深八重
レクサスと日本のモノづくり ①
〝阪神間モダニズム〟の中心として発展してきた御影・住吉
国際基準を満たす戦略性と然と調和した美しさを併せ持つ《六甲国際ゴルフ倶楽部》
文学を生み出す、夙川 ー扉
清らかな暮らしの中に文学が宿る “夙川と文学”
小松左京が描いた夙川 ~短編小説「歌う女」に滲む郷愁
夙川に文化の薫香を放った幻のカフェ パボーニ物語
すし 季節一品 鯛のたい|神戸の粋な店
どう生きる? どこで生きる? X/47|#どこで生きる|兵庫は、この人
御影・住吉の暮らしを語る「人の心が通い合う街であり続けるために」
伊藤智雄先生に聞く 「教えて、病理医のお仕事」
harmony(はーもにぃ) Vol.1 「子どもに何をしてやらないか」にこころ…
音楽のあるまち♬6 ロックを通して震災を次の世代に伝え、減災につなげる
Power of music(音楽の力) 第27回
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
英国と神戸 Vol.9 神戸のハイカラ文化を伝える トアロード
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十一回
神戸のカクシボタン 第五十一回 メインディッシュな前菜に心躍る
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.5
神戸鉄人伝 第99回 兵庫・神戸CSの会会長(元神戸新聞社常務取締役) 山田 弘…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十九回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉒ 星の學者
新島襄を癒した有馬温泉|有馬歳時記