2018年
3月号
結婚当時の新島襄と八重(提供:同志社大学)

新島襄を癒した有馬温泉|有馬歳時記

カテゴリ:神戸

 同志社大学の創立者として知られる新島襄は、明治8年(1875)以来少なくとも4回以上は有馬に来ており、有馬温泉をたいへん気に入っていた人物である。
 鎖国下にあった日本はやがて開国を余儀なくされ、慶応4年(1868)には神戸も開港することになる。密航という形で渡米していた襄は、その後、アメリカン・ボード(海外伝道団体)の宣教師として帰国。当時、神戸を活動拠点としていた同団体が神戸の山本通に開校していた女學校(後の神戸女学院)の、学校用地の名義人となっていた。
 心臓病やリウマチなどの持病を抱えていた襄は、静養の地として気候のよい神戸を好んだ。医者から突然死の可能性があるとの宣告を受けていたが、明治8年(1875) 11月に同志社大学設立の趣意を発表し、大学設立運動に奔走した。明治19年(1886)夏にも療養のため東垂水村に滞在した際、有馬温泉滞在の様子がしたためられた甥からの手紙に感化され、妻・八重とともに有馬に向かった。知人に宛てた手紙には「1日に1、2回入浴し、炭酸泉を飲んで静かに浩然の気(生命力や活力の源となる気)を養えば、大いに益するところがある」とあり、温泉療養の様子がうかがえる。また、明治21年(1888)の秋ごろから喘息が悪化したため、12月中旬から翌年3月末まで諏訪山和楽園に家を借りて長期滞在した。
 襄は明治23年(1890)に47歳で永眠するが、妻とともに有馬で過した時間は彼を癒し、今日に残る偉業の原動力となった。

結婚当時の新島襄と八重(提供:同志社大学)

〈2018年3月号〉
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.8
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.7
連載 神戸秘話 ⑮ 心の幼児教育と愛の看護 井深大・井深八重
レクサスと日本のモノづくり ①
〝阪神間モダニズム〟の中心として発展してきた御影・住吉
国際基準を満たす戦略性と然と調和した美しさを併せ持つ《六甲国際ゴルフ倶楽部》
文学を生み出す、夙川 ー扉
清らかな暮らしの中に文学が宿る “夙川と文学”
小松左京が描いた夙川 ~短編小説「歌う女」に滲む郷愁
夙川に文化の薫香を放った幻のカフェ パボーニ物語
すし 季節一品 鯛のたい|神戸の粋な店
どう生きる? どこで生きる? X/47|#どこで生きる|兵庫は、この人
御影・住吉の暮らしを語る「人の心が通い合う街であり続けるために」
伊藤智雄先生に聞く 「教えて、病理医のお仕事」
harmony(はーもにぃ) Vol.1 「子どもに何をしてやらないか」にこころ…
音楽のあるまち♬6 ロックを通して震災を次の世代に伝え、減災につなげる
Power of music(音楽の力) 第27回
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
英国と神戸 Vol.9 神戸のハイカラ文化を伝える トアロード
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十一回
神戸のカクシボタン 第五十一回 メインディッシュな前菜に心躍る
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.5
神戸鉄人伝 第99回 兵庫・神戸CSの会会長(元神戸新聞社常務取締役) 山田 弘…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十九回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉒ 星の學者
新島襄を癒した有馬温泉|有馬歳時記