2015年
1月号
創業者が喫茶店を始めるきっかけとなったデセール、「クレープ・シュゼット」は、定番商品でもある

芦屋を歩く(7) アンリ・シャルパンティエ 芦屋本店

カテゴリ:スイーツ・パン, 芦屋

お客様と感動を分かち合うアンリのすべてが始まった場所
 アンリ・シャルパンティエは1969年、レストランのコースメニューのような本格デセールを味わえる喫茶店として、芦屋で創業した。芦屋本店はアンリ・シャルパンティエのすべてが始まった場所であり、創業以来、全国を代表するデザートのお店としてあり続けている。
 芦屋本店の名物は、何といってもクレープ・シュゼット。絹のようになめらかなクレープにオレンジ果汁をからめ、リキュールでフランベして仕上げた出来立てのデザート。現在では芦屋本店をはじめ、国内4店舗に加え、シンガポールのデンプシーヒル店でもクレープ・シュゼットを扱っている。「お客様と感動を分かち合いたい」という創業者の故・蟻田尚邦さんの思いをしっかりと受け継いでいる。国内でクレープ・シュゼットを扱うのは芦屋本店、銀座店、酒蔵通り店、日本橋高島屋店の4店舗だが、日本橋高島屋店のみワゴンサービスを行っていない。
 2014年11月、芦屋本店は『芦屋の時間を刻む町の風景となるお菓子屋』をコンセプトにリニューアルオープン。これからもずっと、芦屋らしい上質のデセールとおもてなしで、お客様の心を掴み続ける。

創業者が喫茶店を始めるきっかけとなったデセール、「クレープ・シュゼット」は、定番商品でもある


ラム酒が香るクリームで仕上げたモンブラン


軽い口解けとイチゴの甘酸っぱさが調和するショートケーキ


2014年11月、「芦屋の時間を刻む町の風景となるお菓子屋」をデザインコンセプトとしてリニューアルオープン




アンリ・シャルパンティエ 芦屋本店
芦屋市公光町7-10-101
TEL:0797-31-2753
営業:ブティック 9:00-20:00
  サロン・ド・テ   11:00-20:00(L.O 19:30)   12/31・1/2・1/3 9:00-18:00
休業:元日

〈2015年1月号〉
特集 ー 豊かな自然と住環境を 市民自ら守る街、芦屋を歩く
芦屋を歩く(2) 日本料理 ふる里
芦屋を歩く(3) 山海百味 一駛 (ひとし)
芦屋を歩く(4) 日本料理 あめ婦
芦屋を歩く(5) レストラン あしや竹園 (ホテル竹園芦屋 直営レストラン)
芦屋を歩く(6) PAN TIME (パン タイム)
芦屋を歩く(7) アンリ・シャルパンティエ 芦屋本店
芦屋を歩く(8) 芦屋 田中金盛堂
芦屋を歩く(9) Pantry パントリー芦屋店
芦屋を歩く(10) 芦屋神社
[対談]神戸の明るい未来をめざして
阪神・淡路大震災 20年に寄せるメッセージ 2015年1月17日 神戸から
キュレーターが震災を語り継ぐ 1月17日よりスタート
新連載コラム 「第二のプレイボール」Vol.1
芦屋と平田町 そのあゆみと価値
モダニズムと和洋がオーバーラップ 芦屋ならではの建築文化が生まれた
祖父母との思い出を紡ぐ「芦屋の中の京都」平田町 《ギャラリー開雄》
“上等な”暮らしではなく、“幸せな”暮らしがある 《稲畑邸》
テニスを通して、 社会に貢献する《芦屋国際ローンテニスクラブ》
気鋭のフレンチシェフが生み出す芸術品のような一皿 《メゾン・ド・ジル 芦屋》
日本が世界に誇るマリーナ 《芦屋マリーナ》
兵庫県医師会会長インタビュー 大災害時には大型船舶を活用して医療・介護・福祉の支…
近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの“ことば”と見る 平尾工務店「オーガニッ…
オール兵庫県ロケを実施! うつくしい街の、実直な職人の姿を描く『繕い裁つ人』1月…
神戸のカクシボタン 第十三回
INFORMATION 加川広重 巨大絵画が繋ぐ東北と神戸 2015
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第61回
第十一回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 47
[神戸百店会NEWS]ママに幸せを運ぶブランド「Mon Stork(モン ストー…