2015年
1月号
2012年にリニューアルした、ホテル直営レストラン「但馬牛専門店 レストランあしや竹園」。 広々とした鉄板焼コーナーやテーブル席コーナーでお肉料理を楽しめる

芦屋を歩く(5) レストラン あしや竹園 (ホテル竹園芦屋 直営レストラン)

カテゴリ:洋食, 芦屋

厳選された但馬牛、神戸ビーフを竹園が誇る多彩なメニューで楽しむ
 「美味しいお肉を食べて頂きたい」という想いから、1946年、芦屋の地で精肉店として創業。創業以来、但馬牛専門の精肉店を中心に、旅館やレストランなど事業を拡大させることによって成長を続け、1986年には旅館からホテルへと転換した。2016年には創業70周年、ホテルは開業30周年を迎える。
 2012年には、ホテル直営レストラン「但馬牛専門店 レストランあしや竹園」をリニューアルオープンし、内装や照明を一新した。15席を備えた鉄板焼コーナーでは、シェフが目の前で自慢のお肉や旬の野菜を焼き上げる。42席ある広々としたテーブル席コーナーでは、落ち着いた雰囲気のなか、ビフテキや網焼き、すき焼き、しゃぶしゃぶなどのお肉料理を楽しめる。ハンバーグやビフカツなど、小さなお子様にも喜んでいただけるメニューも多く取り揃えている。もちろんすべてのお肉料理に職人の目利きで選んだ“但馬牛”を使用。竹園でしか味わうことのできないお料理をぜひ、体験してほしい。

2012年にリニューアルした、ホテル直営レストラン「但馬牛専門店 レストランあしや竹園」。
広々とした鉄板焼コーナーやテーブル席コーナーでお肉料理を楽しめる


赤身と脂の絶妙なバランス、さっぱりした但馬牛の旨みの握りを楽しむ


鉄板焼コースは、但馬牛と神戸ビーフから選べる。
アワビや車海老も好みに合わせて


但馬牛の希少部位、選び抜いた野菜がコースとなった但馬牛会席



レストランあしや竹園

芦屋市大原町10-1
TEL:0797-23-3322
営業:(平日)11:00~15:00(L.O.14:00)
      17:00~22:00(L.O.21:00)
(土・日・祝) 11:00~22:00(L.O.21:00)
休業:無

〈2015年1月号〉
特集 ー 豊かな自然と住環境を 市民自ら守る街、芦屋を歩く
芦屋を歩く(2) 日本料理 ふる里
芦屋を歩く(3) 山海百味 一駛 (ひとし)
芦屋を歩く(4) 日本料理 あめ婦
芦屋を歩く(5) レストラン あしや竹園 (ホテル竹園芦屋 直営レストラン)
芦屋を歩く(6) PAN TIME (パン タイム)
芦屋を歩く(7) アンリ・シャルパンティエ 芦屋本店
芦屋を歩く(8) 芦屋 田中金盛堂
芦屋を歩く(9) Pantry パントリー芦屋店
芦屋を歩く(10) 芦屋神社
[対談]神戸の明るい未来をめざして
阪神・淡路大震災 20年に寄せるメッセージ 2015年1月17日 神戸から
キュレーターが震災を語り継ぐ 1月17日よりスタート
新連載コラム 「第二のプレイボール」Vol.1
芦屋と平田町 そのあゆみと価値
モダニズムと和洋がオーバーラップ 芦屋ならではの建築文化が生まれた
祖父母との思い出を紡ぐ「芦屋の中の京都」平田町 《ギャラリー開雄》
“上等な”暮らしではなく、“幸せな”暮らしがある 《稲畑邸》
テニスを通して、 社会に貢献する《芦屋国際ローンテニスクラブ》
気鋭のフレンチシェフが生み出す芸術品のような一皿 《メゾン・ド・ジル 芦屋》
日本が世界に誇るマリーナ 《芦屋マリーナ》
兵庫県医師会会長インタビュー 大災害時には大型船舶を活用して医療・介護・福祉の支…
近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの“ことば”と見る 平尾工務店「オーガニッ…
オール兵庫県ロケを実施! うつくしい街の、実直な職人の姿を描く『繕い裁つ人』1月…
神戸のカクシボタン 第十三回
INFORMATION 加川広重 巨大絵画が繋ぐ東北と神戸 2015
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第61回
第十一回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 47
[神戸百店会NEWS]ママに幸せを運ぶブランド「Mon Stork(モン ストー…