2015年
1月号

キュレーターが震災を語り継ぐ 1月17日よりスタート

カテゴリ:文化人

「阪神・淡路大震災20年・語り継ぐこと/リレートーク」

1月17日より、阪神間の美術館など9施設が参加し、「阪神・淡路大震災20年・語り継ぐこと/リレートーク」を開催。震災を語り継ぐことを目的に、各館の企画展示だけでなく、各館の企画担当学芸員(=キュレーター)によるリレートークを実施する。企画を立ち上げ、運営するのは各施設の企画担当者「アート系女子」たちだ。

―今回の企画が生まれた背景は。
江上 今回の企画は、学芸員同士のつながりからスタートしました。私たちは仕事の上での協力や、個人的な意見交換など、従来の『館と館』『組織と組織』といった枠組みにとどまらない交流を行なっており、そのネットワークを活かし、自分たちにできることから、できる範囲でという思いから始まりました。

―テーマである「震災」は、やはり皆さんにとって大きなテーマですか。
江上 兵庫県南部は美術館、博物館、アートセンターなど文化施設が多い地域です。20年前の震災では、施設もそこで働く職員たちも被災し、その後の仕事の中でも私たちは震災と向き合ってこざるをえませんでした。この地域の文化施設にとり、「震災」はこれまでも、これからも考え続けねばならないテーマだとも言えます。阪神・淡路大震災から20年の節目に、それぞれの施設独自の視点での展示が重なり、共通するトピックをリレー形式のトークでつないではどうだろう、ということになりました。
とみさわ 現代アートやファッション、デザインの施設が参加されたことで、ジャンルの幅が広がったこともおもしろいですね。またキュレーターたちも、震災当時から仕事をしていた者、まだ中学生だった者、県外在住だった者など、立場は様々です。私たち自身も震災に向き合う時には迷い、悩んでいることも含めて語り継げれば、と。

―今回の、それぞれの施設でのトークテーマをご紹介ください。
松本 デザイン・クリエイティブセンター神戸でのトークは、震災直後から現在までのクリエイティブ分野の支援活動をリサーチしてまとめた「阪神・淡路大震災+クリエイティブ タイムライン マッピング プロジェクト」の紹介と、作家を招き当時を振り返る公開インタビューを行う予定です。
和田 神戸ファッション美術館では、「ファッションとアートの繋がり」と題して、震災以降のアートとファッションにおける取組みをマッピングプロジェクトと展示作品から辿り、表現や背景について探ります。
大槻 芦屋市立美術博物館のテーマは「ここから、これから/わたしたちの生活(くらし)」。震災を機に芦屋市立美術博物館が行った活動の内容を振り返りながら、南芦屋浜やHAT神戸などの復興住宅を例としてアートと衣食住について考えます。
小野 兵庫県立美術館では「救うこと、残すこと-『作品』と『思い』」というテーマで、芦屋市立美術博物館、兵庫県立近代美術館が関わった「文化財レスキュー」の活動を例に、被災作品や資料を救い次世代に残すことの意味を考えます。
宮本 BBプラザ美術館では、2000年に兵庫県立近代美術館で開催された「震災と美術-1・17から生まれたもの-」展を振り返りつつ、開催中の展覧会「震災から20年 震災 記憶 美術」の展示作品を前に、震災と表現について考えます。
田中 神戸ゆかりの美術館のトークは、「枠組みを超えた関係作り」がテーマです。震災後の記録を辿るとともに、地元の芸術・文化を普及するための文化施設同士の関係作りについて考えます。
高橋 C・A・P・でのトークは4月なので内容は未定ですが、1月には「震災後20年 神戸の音の記録展『あの時、聴いた音は』」と題し、〈音〉から神戸の街を見つめなおす展示やシンポジウムを開催。また4月にも、東日本大震災に関する展示を予定しています。
伊藤 神戸アートビレッジセンターでは5月に、周辺のまちあるきを企画しています。その時にトークも行う予定です。
 明石市立文化博物館では、8館で実施されたトーク内容を踏まえ、文化施設が行ってきた震災支援・発信・継承を今一度見つめ、このリレーを締めくくります。

―会場となる館の担当者から担当者へと「伝えたいこと」を、対話形式でバトンリレーのようにつないでいく、今までにない企画。ぜひ多くの方々に、ご参加いただきたいですね。

江上 ゆか さん
〈兵庫県立美術館 学芸員〉


とみさわ かよの さん
〈明石文化博物館 調査・研究部部長〉


松本 ひとみ さん
〈デザイン・クリエイティブセンター神戸 企画担当〉


和田 かおり さん
〈神戸ファッション美術館 学芸員〉


大槻 晃実 さん
〈芦屋市立美術博物館 企画課学芸員〉


宮本 亜津子 さん
〈BBプラザ美術館 学芸員〉


田中 梨枝子 さん
〈神戸ゆかりの美術館 学芸員〉


高橋 怜子 さん
〈C.A.P.事務局スタッフ〉


伊藤 まゆみ さん
〈神戸アートビレッジセンター 美術担当〉


東 由梨 さん
〈明石市立文化博物館 調査・研究部学芸員〉


※タイトル等はいずれも仮題であり、変更になる場合もあります。詳細は各館にお問合せください。

〈2015年1月号〉
特集 ー 豊かな自然と住環境を 市民自ら守る街、芦屋を歩く
芦屋を歩く(2) 日本料理 ふる里
芦屋を歩く(3) 山海百味 一駛 (ひとし)
芦屋を歩く(4) 日本料理 あめ婦
芦屋を歩く(5) レストラン あしや竹園 (ホテル竹園芦屋 直営レストラン)
芦屋を歩く(6) PAN TIME (パン タイム)
芦屋を歩く(7) アンリ・シャルパンティエ 芦屋本店
芦屋を歩く(8) 芦屋 田中金盛堂
芦屋を歩く(9) Pantry パントリー芦屋店
芦屋を歩く(10) 芦屋神社
[対談]神戸の明るい未来をめざして
阪神・淡路大震災 20年に寄せるメッセージ 2015年1月17日 神戸から
キュレーターが震災を語り継ぐ 1月17日よりスタート
新連載コラム 「第二のプレイボール」Vol.1
芦屋と平田町 そのあゆみと価値
モダニズムと和洋がオーバーラップ 芦屋ならではの建築文化が生まれた
祖父母との思い出を紡ぐ「芦屋の中の京都」平田町 《ギャラリー開雄》
“上等な”暮らしではなく、“幸せな”暮らしがある 《稲畑邸》
テニスを通して、 社会に貢献する《芦屋国際ローンテニスクラブ》
気鋭のフレンチシェフが生み出す芸術品のような一皿 《メゾン・ド・ジル 芦屋》
日本が世界に誇るマリーナ 《芦屋マリーナ》
兵庫県医師会会長インタビュー 大災害時には大型船舶を活用して医療・介護・福祉の支…
近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの“ことば”と見る 平尾工務店「オーガニッ…
オール兵庫県ロケを実施! うつくしい街の、実直な職人の姿を描く『繕い裁つ人』1月…
神戸のカクシボタン 第十三回
INFORMATION 加川広重 巨大絵画が繋ぐ東北と神戸 2015
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第61回
第十一回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 47
[神戸百店会NEWS]ママに幸せを運ぶブランド「Mon Stork(モン ストー…