2015年
11月号

神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第71回

カテゴリ:文化・芸術・音楽


剪画・文
とみさわかよの

洋画家
鈴木 邦江(すずき くにえ)さん

 
カンヴァスに広がる明るい空と青い海のまち。「生まれ、育ちは函館。住んでいるのは神戸」と言うのは、洋画家の鈴木邦江さん。気さくで面倒見のいいお人柄で、美術家だけでなく音楽家やデザイナーの友人も多数。その鈴木さんが魅かれ、見えない糸に導かれるように描くのはスペイン。3つのまちを描き続ける鈴木さんに、お話をうかがいました。

―絵を描き始めたのは?
 小さい時から絵が大好きで。小学校3年生の時、国画会の蝦子善悦先生に習っていた頃から「絵描きになりたい!」と…。母はもっと自由に絵が描けるようにと、中学から私学へ通わせてくれたんですが、父の反対で美大へは進めず地元で進学しました。デザインの仕事をしながら絵を描こうとベン・シャーンの通信教育を受講し、20歳で上京。蛯子先生も東京に居を構えておられ、先生のお世話で出版社や虫プロで働くことができました。

―早くから、絵描きになることを志しておられたのですね。
 子どもの頃から、先生のアトリエに出入りできたのは幸せでした。先生のお宅にあるものが絵に出てくるのを発見して、絵描きは自分の生活・行動そのものが作品になることを学びました。今も自分の生活は自分で演出しています。ひとりでスペインへスケッチの旅に出掛けるのもそうですよね。年を重ね、ふと気付けば先生と同じことをしていると感じます。

―よく函館と神戸の風景を描かれます。
 生まれたまちと、ずっと暮らしてるまちですから。23歳の時に結婚して、主人の仕事先の神戸へ、初めて来ました。西日本は植生も違っていて、ビワの木やイチジクの木を見るのも初めてで、感動し早速絵にしたことを思い出します。神戸は函館と同じ港町で、異人館もあり「元町」という地名も同じで、寂しいと思ったことが無いです。最近意識し過ぎて、神戸をキレイに描き過ぎているかも、と反省しています。

―神戸で作家活動を始められたわけですが、どのように?
 まだ若かったですが教職の資格を活かし、住んでいたニュータウンで絵画教室を開きました。この頃は子育てしながら制作し、県展にも出品。二紀展で賞をいただいたことで、中西勝先生や西村功先生にもお会いでき、いろいろご指導を賜りました。今も感謝の気持ちでいっぱいです。思えば中西先生もその頃はまだ50歳代で、今の私より若かったんですね。その後兵庫県美術家同盟展にも出品するようになります。この頃には子どもも手が掛からなくなり、イタリア、スペイン、エジプト、中国など海外への出展も多くなっていきました。

―そして何と言っても、スペインをライフワークにされたのは?
 スペインと私は、なんだか不思議な因縁があるみたいなんです。実は中学生くらいまで、「絵描きになりたい」の後になぜか「スペインへ行って絵を描く!」と言っていたんですって。「いい」と思うものがスペイン産だったり、初めて見るスペインの衣装箱を「懐かしい!」と感じたり。初めてゼコビアの地を踏んだ時も、なぜか懐かしかったのを憶えています。強烈なSOL Y SOMBRA(光と影)、暑さまでが私を裏切らなかった。毎年出掛けますが、スペインへ行くと自然体になれます。

―日西協会の理事もなさっていますね。これからはどんな活動を?
 協会の関係でいろいろとスペインに関われて、嬉しい限りです。絵描きとして、絵を通してスペインの案内人になれたら最高ですね。神戸に来てたくさんの方のお世話になり、育てていただきましたから恩返ししなくては!活動するからにはできる限り続けること、出品したら参加もすること、裏方にも協力することを心掛けています。     (2015年8月25日取材)

様々な場を支える仕事にも積極的な鈴木さん。これからはいろいろなジャンルの人々を、つなぐ役割を果たしてくださることでしょう。

とみさわ かよの

神戸のまちとそこに生きる人々を剪画(切り絵)で描き続けている。平成25年度神戸市文化奨励賞、平成25年度半どんの会及川記念芸術文化奨励賞受賞。神戸市出身・在住。日本剪画協会会員・認定講師、神戸芸術文化会議会員、神戸新聞文化センター講師。

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2015年11月号〉
神戸の粋な店 伊藤グリル
ALL NEW JAGUAR XF
特集 ー扉 阪神間モダニズムと住まい
日本の生活を大きく変えたマイルストーン
阪神間モダニズムを育んだ3つの川 夙川、芦屋川、住吉川
茅渟の海を望む地 山芦屋の歴史と価値
山芦屋は「建築博物館」
山芦屋に佇む、村野藤吾の名建築 中山悦治邸
緑あふれる住宅地 夙川の起点となった香櫨園
ネオ・ゴシック様式の聖堂 カトリック夙川教会
随所に施された何気ない「上質」 旧山本家住宅
生活をアートに変えるエスプリ 浦太郎邸
「日本一の長者村」 財界人たちが邸宅を構えた住吉村
阪神間モダニズム邸宅の傑作 旧乾邸
阪神間モダニズムの一角を 形成した〝住吉〟
日本経済を動かした、地域コミュニティ「観音林倶楽部」
日本の発展に尽くした実業家 平生釟三郎
「阪神間モダニズム」ゆかりの美術館をめぐる ―扉―
大谷竹次郎の邸宅庭園と美術コレクションを公開 西宮市大谷記念美術館
文豪の世界と地域文化を継承する 芦屋市谷崎潤一郎記念館
安井武雄の建築思想が息づく私邸跡 公益財団法人山口文化会館 滴翠美術館
俳人・高浜虚子の作品と出会う 虚子記念文学館
国宝・重要文化財を含む貴重なコレクション 白鶴美術館
村山龍平が後世に遺そうとした古美術 香雪美術館
女流画家の夢がつまった小さな美術館 世良美術館
秋の神戸観光 半日で行って帰れる 紅葉スポット!「神戸市立須磨離宮公園」
秋の神戸観光 世界の森の紅葉を楽しもう 「神戸市立森林植物園」
秋の神戸観光 高山ならではの紅葉の美しさ 六甲高山植物園 他
街全体が歴史によって刻まれた 建築・住居学の実物大教科書
国際都市神戸にふさわしい環境
地域の人たちの温かさと 豊かな自然に囲まれて
国際ロータリー第2680地区 神戸西ロータリークラブ 心の「四季節」便り
連載コラム 「第二のプレイボール」Vol.9
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十五回
神戸のカクシボタン 第二十三回
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第71回
第二十一回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 57
有馬歳時記 有馬 “ニューオープン” へてから 有馬温泉店