2018年
7月号
「ブラッスリー ロバボン」のオーナー小場佐さんと。神戸の路地裏にありながらパリっぽい

神戸から日本全国へ!小関ミオが音楽を届けに行きます|音楽の似合う街、神戸

カテゴリ:文化人, 神戸, 音楽・舞踏

singer songwriter
小関 ミオ さん

「小関ミオHYOGO100Love♡Liveツアー」ファイナルステージで突然発表された「全国791カ所ツアー」がいよいよ始まります。
今の思いは?これからの夢は?

県内ライブツアーで知った、出向いて届ける大切さ

 南仏発のジプシー・キングスは、自分たちの音楽を届けながらヨーロッパ全土を回るうちに、あんなに偉大なアーティストになりました。今はYouTubeなどにアップして拡散することも可能で、それも大切なことです。でも私は昨年1年間、兵庫県118カ所をライブツアーで回り、音楽を自分の足を使って届けに行くことの大切さを知りました。そして今年6月20日、神戸の中心、神戸市役所1号館1階ロビーから全国791市町村を回るツアーをスタートしました。まず1年目は47都道府県の主要都市から、人とのつながりを作りながら周辺の街へと広げていく予定です。他のお仕事もしながら20年かけて、これからの私のライフワークとして続けていくつもりです。

街と街をつなぐ役目ができたらいいな

 私は神戸の街に育てていただきました。「モンストーク」さんや「マキシン」さんをはじめ、神戸の街の皆さんにプロデュースしていただき、この街が私の事務所だと思っています。どれだけの力があるかは分かりませんが、全国を回り神戸や兵庫の良さを伝えることで、外から人が来てくれるようになったらいいなと思っています。逆に、私がツアーの合間に神戸に戻ってきたときには、「こんな街があったよ」「こんな人たちがいたよ」と神戸の皆さんに伝えられたらいいな。おこがましいようですが、街と街が手を取り合うための力になれたらいいなと、そんなふうに願っています。

神戸と日本中、そして日本とフランスをつなぐ

 今年4月に、情報誌『ENVIE journal』を作りました。まず神戸らしさとは何かを考えたとき、人そのものだと思いました。そこで、神戸の人をフューチャーして紹介しています。次に、国際都市神戸とは何かを考えたとき、やはり私はルーツがフランスですから、これをキーワードにフレンチのお店や活躍するフランス人なども紹介しています。そして、フランスの音楽を神戸から届け、「日本でフランス音楽といえば神戸、小関ミオ」と言っていただけるようになるのが理想です。ツアーを通して、神戸と全国、日本とフランスとのつながりにまで広げていけたらいいなと思っています。

思い描く夢は…

 たくさんのお茶の間の人たちが見てくれる番組「NHK紅白歌合戦」に出たいという気持ちは変わりません。もうひとつは、神戸の白鶴さんのCMに出ること。今、日本の清酒はフランスでもブームです。そこで、あの漁船に乗って、でも後ろにいるのはみんなフランス人で、魚を焼いてワイワイやって、私が真ん中で「まる」ってやるんです。そうすれば、日本とフランスはつながっていて、フランス人も日本酒が好きだとアピールできるはず。妄想に近い絵が私の中では描けています(笑)。

「ブラッスリー ロバボン」のオーナー小場佐さんと。神戸の路地裏にありながらパリっぽい

「ロバボン」のOPENは2012年7月14日パリ祭

お客さん、スタッフと一体型のドラマチックなLIVE

Profile
幼少からフランス語を学び、フランス語で作った最初のデモをきっかけにシンガーとしてのキャリアをスタート。2011年 作詞作曲家として多くの詞曲提供を手がける。2013年渡仏。2016年CMソングで歌声を聞いた神戸の洋菓子店店主からの声掛けで神戸での活動を始める


神戸ブランドが、小関ミオをスタイリング

「ココに来ると自分の中の“女の子”が目を覚ますみたい」鏡の前で自然な笑顔に

■Mon Stork 本店

TEL.078-331-1695
神戸市中央区三宮町3-1-8
10:00~19:00
水曜日休み

「大平さんのデザインが大好き!」と話す。『宇宙』と名付けられた帽子を着用

■マキシン

TEL.078-331-6711
神戸市中央区北長狭通2-6-13
マキシンビル1F
10:00〜18:00
水曜日休み

〈2018年7月号〉
聴く人を魅了する〝森本ケンタの世界〟|音楽の似合う街、神戸
カッコいい曲に散りばめた「大切な人を守る」という思い|音楽の似合う街、神戸
輝く女性Ⅱ Vol.2 株式会社 LiSA LiSA 代表取締役社長 貴田 加野…
音楽の種子、蘇生する歌。|尾崎裕哉コンサート情報
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.12
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.10
Bienvenido! Andrés Iniesta! イニエスタ ようこそ神戸…
KOBE White Dinner 2018
好きなことをやって生き、みんなに愛された 父・小曽根実|音楽の似合う街、神戸
上質な生演奏とともにゆったり過ごす昼下がり|音楽の似合う街、神戸
神戸から日本全国へ!小関ミオが音楽を届けに行きます|音楽の似合う街、神戸
炭焼・釜飯・軍鶏鍋 「ゆた坊」三宮店|神戸の粋な店
連載 神戸秘話 ⑲ 大愛をもって使命に立つ 東野洋子さん 米谷収さん 米谷ふみ子…
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.4
聴いていて心が温かくなる。そんな音楽を続けています|音楽の似合う街、神戸
対談/個性を育む私立中学の教育 第2回 淳心学院中学校
KOBE DANDY NIKKE 1896 を着る|NIKKE 1896
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.9
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
神戸のカクシボタン 第五十五回 こだわりの逸品で世界へ挑戦! パイプ作家 堂本良…
神戸新開地 喜楽館|7月11日(水)いよいよオープン!
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十五回
harmony(はーもにぃ) Vol.5 ユーモアを臨床の場に
縁の下の力持ち 第1回 神戸大学医学部附属病院 検査部
連載コラム 「続・第二のプレイボール」|Vol.3
神戸空港から行くながさきの旅|日本遺産「日本磁器のふるさと 肥前」の陶郷をめぐる…
第11回 ディスカバー淡河ハイク&スポーツフェスタ|有馬ロイヤルゴルフクラブ
神の賜物『淡路島の鱧』の季節到来
神戸鉄人伝 第103回 声楽家 安藝 榮子(あき えいこ)さん
世界の民芸猫ざんまい 第二回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉖ 幻の詩集
有馬涼風川座敷 7月27日(金)~8月26日(日)開催|有馬歳時記