2018年
7月号
一流のアーティストがそろうソネのライブ

上質な生演奏とともにゆったり過ごす昼下がり|音楽の似合う街、神戸

カテゴリ:文化人, 神戸, 音楽・舞踏

ジャズライブ&レストラン ソネ
代表取締役社長
曽根 辰夫 さん

神戸を代表する老舗ライブハウス「ソネ」で上質な生演奏を聴きながらゆったりした時間を過ごせる「昼下がりのジャズライブ」が人気です。
オーナーの曽根辰夫さんに、始めた当時のことや今の思いなどをお聞きしました。

―昼下がりのジャズライブはいつもほぼ満席、大盛況ですね。

 お陰さまで、楽しみにしていただいている方もたくさんおられ、オープン前に行列ができるほどです。ワンドリンク付き千円で、休憩をはさんで2ステージ続けて観るとほぼ2時間、ジャズの生演奏を聴きながら思い思いの昼下がりを過ごしていただけるのが人気の理由だと思います。

―いつごろから始められたのですか。

 13年ほど前です。当時は、昼間にジャズを聴くなどというのは考えられなかったと思います。夜になって、ちょっと薄暗いところで聴くのがジャズというイメージしかなかったですからね。今は増えましたね。「ソネが昼間のライブを開いているのなら…」とお話をいただき、神戸のライブスポットが連携し年に1〜2回開催するイベント「KOBE JAZZ WALK」にも参加しています。

―どういう思いで昼間のライブを始められたのですか。

 ソネは夜だけの営業なので、深夜に外出しにくい方々にはなかなかお越しいただけません。そこで、よりもっとジャズを広めたいという思いもあり、日曜・祝日の昼下がりに生演奏を始めました。近年はピアノやサックス、フルートなどの楽器演奏が好きな子どもさんに、生の演奏を聴かせたいという親御さんが連れてこられるケースもあります。小学生以上であれば入店可とお話ししています。実際に小学生のころに昼下がりのライブに来ていて、中学、高校生になり毎年神戸で開催されている「ジャパン スチューデント ジャズ フェスティバル」に出場して好成績を収めた子もいますし、ミュージシャンになって活躍している人もいます。

―出演するアーティストは?

 ほとんどが関西一円で活躍しているアーティストたちです。昼下がりのライブの場合は、出演しているアーティスト目当てというより、ソネでジャズを聴きたいというお客様にお越しいただいているようです。

―若いミュージシャンの登竜門的な位置づけもあるのですか。

 いいえ、そういう位置づけはないですね。通常、ソネで聴ける高いレベルの演奏を昼間、気軽に楽しめるというのが人気の理由のひとつだと思っています。

―今後もずっと続けていってください。

 そうですね。ライブの楽しさを一人でも多くの方に知ってもらい、神戸でライブ演奏を提供する全ての店の発展に寄与できればいいなと思っています。

昼下がりのジャズライブ(日曜・祝日限定)
¥1,000
1ドリンク付き(ビール・ワイン・コーヒー・その他)
☆2回ステージ
①14:00〜 ②15:00〜 (開場13:30 閉場16:00)

一流のアーティストがそろうソネのライブ

生演奏のよさは耳にも心にも優しいところ

神戸JAZZとお酒が大人の昼下がりを粋に演出

ランチ後のひとときを楽しみに訪れるファンも

「初めてジャズを聴きます」と話すお客様もちらほら

■JAZZ LIVE&RESTAURANT SONE

TEL.078-221-2055
神戸市中央区中山手通1-24-10
17:00~24:00
無休 ★通常ミュージックチャージ1,140円(税別)

曽根 辰夫 

1952年、神戸生まれ。甲南大学卒業。卒業後はミュージシャンとして活動しつつ、ソネの経営に携わり、現在に至る

曽根 正太郎

1981年、神戸生まれ。10代はジャニーズ事務所所属、20代は音楽活動に没頭。現在はソネのスタッフとして、ソネを基点としながら街のイベント企画などにも携わっている

〈2018年7月号〉
聴く人を魅了する〝森本ケンタの世界〟|音楽の似合う街、神戸
カッコいい曲に散りばめた「大切な人を守る」という思い|音楽の似合う街、神戸
輝く女性Ⅱ Vol.2 株式会社 LiSA LiSA 代表取締役社長 貴田 加野…
音楽の種子、蘇生する歌。|尾崎裕哉コンサート情報
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.12
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.10
Bienvenido! Andrés Iniesta! イニエスタ ようこそ神戸…
KOBE White Dinner 2018
好きなことをやって生き、みんなに愛された 父・小曽根実|音楽の似合う街、神戸
上質な生演奏とともにゆったり過ごす昼下がり|音楽の似合う街、神戸
神戸から日本全国へ!小関ミオが音楽を届けに行きます|音楽の似合う街、神戸
炭焼・釜飯・軍鶏鍋 「ゆた坊」三宮店|神戸の粋な店
連載 神戸秘話 ⑲ 大愛をもって使命に立つ 東野洋子さん 米谷収さん 米谷ふみ子…
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.4
聴いていて心が温かくなる。そんな音楽を続けています|音楽の似合う街、神戸
対談/個性を育む私立中学の教育 第2回 淳心学院中学校
KOBE DANDY NIKKE 1896 を着る|NIKKE 1896
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.9
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
神戸のカクシボタン 第五十五回 こだわりの逸品で世界へ挑戦! パイプ作家 堂本良…
神戸新開地 喜楽館|7月11日(水)いよいよオープン!
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十五回
harmony(はーもにぃ) Vol.5 ユーモアを臨床の場に
縁の下の力持ち 第1回 神戸大学医学部附属病院 検査部
連載コラム 「続・第二のプレイボール」|Vol.3
神戸空港から行くながさきの旅|日本遺産「日本磁器のふるさと 肥前」の陶郷をめぐる…
第11回 ディスカバー淡河ハイク&スポーツフェスタ|有馬ロイヤルゴルフクラブ
神の賜物『淡路島の鱧』の季節到来
神戸鉄人伝 第103回 声楽家 安藝 榮子(あき えいこ)さん
世界の民芸猫ざんまい 第二回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉖ 幻の詩集
有馬涼風川座敷 7月27日(金)~8月26日(日)開催|有馬歳時記