2018年
7月号
コース上にはカラフルなテントが

第11回 ディスカバー淡河ハイク&スポーツフェスタ|有馬ロイヤルゴルフクラブ

カテゴリ:ゴルフ, 教育・スポーツ

 関西屈指の雄大な自然と規模を誇る有馬ロイヤルゴルフクラブ。毎年、ゴールデンウィークシーズンに、この雄大な自然にふれて、思う存分楽しんでもらいたいと、近隣住民にゴルフ場を開放する「ディスカバー淡河ハイク&スポーツフェスタ」が開催されている。11回目となる今年は5月5日に開催。この日は晴天にも恵まれ、例年以上に来場者がつめかけた。
 有馬ロイヤルゴルフクラブには、「ロイヤルコース」「ノーブルコース」の2つのコースがあり、36ホールをもつゴルフ場は関西では珍しい。この日は、「ノーブルコース」(18ホール)がフェスタの会場に。つまり36ホールをもつ有馬ロイヤルゴルフクラブだからこそ、このフェスタは実現できるといえる。
 このフェスタは、人と地域を「つなぐ」をテーマに、北区青少年育成協議会淡河支部が主催となり、淡河町自治協議会、淡河っ子応援団、有馬ロイヤルゴルフクラブがタッグを組み、青少年の育成や地域参画活動の一環として開催されてきた。
 フェスタは淡河の子供たちによる元気な樽太鼓で幕を開けた。有馬ロイヤルゴルフクラブのアドバイザーを務める高橋勝成プロによるSNAGゴルフ体験では、高橋プロの指導に従って子供たちが青空に向かって元気よくショットを放った。フードコートでは、たこ焼き・焼きそば・手作りパンのお店も多数。グリーン上では多数の家族連れがテントを張り、グリーンを華やかに彩った。 また、グリーンの高低差を利用して滑り台を楽しむ姿もあちらこちらで見られた。「グリーン全体がテーマパーク」、そんな一日となった。

オープニングを告げる樽太鼓

淡河町が神戸市と合併して60周年を迎えた

コース上にはカラフルなテントが

グリーンはすべり台に早変わり

フードコーナーはメニューも豊富で、しかも格安!

高橋勝成プロの指導によるSNAGゴルフ

誰もが楽しめるSNAGゴルフは大盛況

プロ顔負けのナイスショット!

〈2018年7月号〉
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.12
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.10
Bienvenido! Andrés Iniesta! イニエスタ ようこそ神戸…
KOBE White Dinner 2018
好きなことをやって生き、みんなに愛された 父・小曽根実|音楽の似合う街、神戸
上質な生演奏とともにゆったり過ごす昼下がり|音楽の似合う街、神戸
神戸から日本全国へ!小関ミオが音楽を届けに行きます|音楽の似合う街、神戸
聴く人を魅了する〝森本ケンタの世界〟|音楽の似合う街、神戸
カッコいい曲に散りばめた「大切な人を守る」という思い|音楽の似合う街、神戸
輝く女性Ⅱ Vol.2 株式会社 LiSA LiSA 代表取締役社長 貴田 加野…
音楽の種子、蘇生する歌。|尾崎裕哉コンサート情報
炭焼・釜飯・軍鶏鍋 「ゆた坊」三宮店|神戸の粋な店
連載 神戸秘話 ⑲ 大愛をもって使命に立つ 東野洋子さん 米谷収さん 米谷ふみ子…
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.4
聴いていて心が温かくなる。そんな音楽を続けています|音楽の似合う街、神戸
対談/個性を育む私立中学の教育 第2回 淳心学院中学校
KOBE DANDY NIKKE 1896 を着る|服部 敬二|NIKKE 18…
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.9
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
神戸のカクシボタン 第五十五回 こだわりの逸品で世界へ挑戦! パイプ作家 堂本良…
神戸新開地 喜楽館|7月11日(水)いよいよオープン!
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十五回
harmony(はーもにぃ) Vol.5 ユーモアを臨床の場に
縁の下の力持ち 第1回 神戸大学医学部附属病院 検査部
連載コラム 「続・第二のプレイボール」|Vol.3
神戸空港から行くながさきの旅|日本遺産「日本磁器のふるさと 肥前」の陶郷をめぐる…
第11回 ディスカバー淡河ハイク&スポーツフェスタ|有馬ロイヤルゴルフクラブ
神の賜物『淡路島の鱧』の季節到来
神戸鉄人伝 第103回 声楽家 安藝 榮子(あき えいこ)さん
世界の民芸猫ざんまい 第二回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉖ 幻の詩集
有馬涼風川座敷 7月27日(金)~8月26日(日)開催|有馬歳時記