2018年
7月号

連載 神戸秘話 ⑲ 大愛をもって使命に立つ 東野洋子さん 米谷収さん 米谷ふみ子さん

カテゴリ:文化人, 神戸

文・瀬戸本 淳 (建築家)

 東野洋子さんの絵は光にあふれている。誰が見ても元気が出て、笑顔になる不思議な絵だ。52才で癌を患い64才で亡くなるまで“人々の幸せと平和”を願って描き続けた。絵に添えられた文章は、自然やいのち、人々への慈しみにあふれている。
 彼女は1953年神戸生まれ。神戸大学教育学部卒業後は学校カウンセリングの草分けとして長年尽力、発達心理学などの講師も務めつつダウン症など知的障害のある若者たちと「皆で楽しい人生を作ろう」と〝楽団あぶあぶあ〟を、その後〝ミュージカルチームLOVE〟を結成。創作音楽のコンサートを30年以上続け国内外での公演は200回を超えた。ボランティアを受ける側のメンバーが人々に喜びと感動を与えるというすばらしい活動で兵庫県社会賞などの賞を多く授与されている。
 彼女の死から1年経つが、彼女の絵が大きくプリントされた壁面から「生きるうれしさ」を感じてもらい、その収益で障がい者の音楽活動を支援する試みなど、作品を人々の心を癒し平安の心を育てることに役立てようとする活動が一部の医療センターなどで始まっている。
 東野さんの活動をずっと支援してきたのは、神戸高校のシニアクラブの代表で私共もお世話になっている米谷こめたに収さん(神戸一中52回生、神戸高校4回生)だ。彼は草の根の国際交流活動(PHD協会)、自然保護活動(日本熊森協会)、障害のある子どもの療育活動(ひょうご子どもと家庭福祉財団)、白血病患者を救済する活動(兵庫さい帯血バンク)、障がい者が普通に暮らせる社会づくりの啓発活動(クルーズ)、英国シンクタンクから「世界一幸せな国」に選ばれたバヌアツ共和国との子ども・若者間の文化交流活動(バヌアツ・ナバンガピキニニ友好協会)など、多くの支援活動を続けている。
 米谷さんは終戦直後の混乱期に6年も一中・神高生活を送り、その後神戸大学経済学部を卒業、神戸銀行に入行してロンドン支店次長、ニューヨーク支店長、さくら銀行常務、京阪神興業社長などを歴任されたが、若い頃に興味深い話がある。
 神戸銀行ニューヨーク支店開設で赴任中の1963年、ソニーの社長、井深いぶかまさる氏(一中28回生)が現地の一中同窓会に出席し、米谷さんが車でホテルまで送った。それが縁で後日、米谷さんがニューヨーク支店長の時に再会、井深氏より障がいのある子どもの療育や、幼時教育に熱心に情熱を注いでいる話を聞き、米谷さんは大いに感激したそうだ。1993年に神戸高校100周年記念事業の企画委員長として米谷さんは研修会館の建設にも奮闘したが、その時に尽力した井深大氏の胸像が今も在校生に微笑みかけている。
 ちなみにロサンゼルスを拠点に日米で反戦・反核を訴え続けている画家にして芥川賞作家の米谷こめたにふみ子さんは、米谷さんのお姉さんだ。彼女は二科展で「関西女流美術賞」を受賞するなど、将来を嘱望される画家であった。しかし、脳障害を持った次男ケンが絵の具を舐めたりするので、画家活動が困難になり、文筆活動に転じたのだと、弟の米谷さんが語ってくれた。
 人々のうちに大愛をもって使命に立つ方々を記したが、人間の輝きにうたれる時、涙がこぼれ頭が下がる。

〔東野洋子さんのLove&Heart活動については http://loveandheart.net/ をご覧下さい〕
※東野洋子著『あなたに見せたい美しいもの』、神戸高校同窓会誌、ウイキペディア「米谷ふみ子」、ディスカバー・ニッケイなどを参考にしました。

東野 洋子(ひがしの ようこ)

画家・詩人・舞台芸術家
1953年、神戸市生まれ。画家として描いた優しく包み込むように空間を彩る作品は、病院のロビーや介護施設などで人々を和ませている。1982年、楽団あぶあぶあを結成し、長年社会活動を展開。2017年、癌のため逝去した。

米谷 収(こめたに おさむ)

1957年、神戸大学経済学部卒業・神戸銀行入行。
太陽神戸銀行ニューヨーク支店長・さくら銀行常務、京阪神興業㈱代表取締役社長等を歴任。国際ロータリー第2680地区ガバナー(1999年-2000年)、NPO法人兵庫さい帯血バンク顧問等、多くの支援活動を続けている。

米谷 ふみ子(こめたに ふみこ)

作家・画家
1930年、大阪府生まれ。1957年、油絵を二科展出品。1960年に渡米。アメリカ人画家と結婚。その後、自閉症の次男の子育てと画家活動が両立困難になったことから文筆活動に転じ、1986年『過越しの祭』で芥川賞受賞。

瀬戸本 淳(せともと じゅん)

株式会社瀬戸本淳建築研究室 代表取締役
1947年、神戸生まれ。一級建築士・APECアーキテクト。神戸大学工学部建築学科卒業後、1977年に瀬戸本淳建築研究室を開設。以来、住まいを中心に、世良美術館・月光園鴻朧館など、様々な建築を手がけている。神戸市建築文化賞、兵庫県さわやか街づくり賞、神戸市文化活動功労賞、兵庫県まちづくり功労表彰、姫路市都市景観賞、西宮市都市景観賞、国土交通大臣表彰などを受賞

〈2018年7月号〉
聴く人を魅了する〝森本ケンタの世界〟|音楽の似合う街、神戸
カッコいい曲に散りばめた「大切な人を守る」という思い|音楽の似合う街、神戸
輝く女性Ⅱ Vol.2 株式会社 LiSA LiSA 代表取締役社長 貴田 加野…
音楽の種子、蘇生する歌。|尾崎裕哉コンサート情報
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.12
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.10
Bienvenido! Andrés Iniesta! イニエスタ ようこそ神戸…
KOBE White Dinner 2018
好きなことをやって生き、みんなに愛された 父・小曽根実|音楽の似合う街、神戸
上質な生演奏とともにゆったり過ごす昼下がり|音楽の似合う街、神戸
神戸から日本全国へ!小関ミオが音楽を届けに行きます|音楽の似合う街、神戸
炭焼・釜飯・軍鶏鍋 「ゆた坊」三宮店|神戸の粋な店
連載 神戸秘話 ⑲ 大愛をもって使命に立つ 東野洋子さん 米谷収さん 米谷ふみ子…
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.4
聴いていて心が温かくなる。そんな音楽を続けています|音楽の似合う街、神戸
対談/個性を育む私立中学の教育 第2回 淳心学院中学校
KOBE DANDY NIKKE 1896 を着る|NIKKE 1896
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.9
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
神戸のカクシボタン 第五十五回 こだわりの逸品で世界へ挑戦! パイプ作家 堂本良…
神戸新開地 喜楽館|7月11日(水)いよいよオープン!
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十五回
harmony(はーもにぃ) Vol.5 ユーモアを臨床の場に
縁の下の力持ち 第1回 神戸大学医学部附属病院 検査部
連載コラム 「続・第二のプレイボール」|Vol.3
神戸空港から行くながさきの旅|日本遺産「日本磁器のふるさと 肥前」の陶郷をめぐる…
第11回 ディスカバー淡河ハイク&スポーツフェスタ|有馬ロイヤルゴルフクラブ
神の賜物『淡路島の鱧』の季節到来
神戸鉄人伝 第103回 声楽家 安藝 榮子(あき えいこ)さん
世界の民芸猫ざんまい 第二回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉖ 幻の詩集
有馬涼風川座敷 7月27日(金)~8月26日(日)開催|有馬歳時記