2018年
1月号
日帰り 活け香住カニ 浜茹で 香箱造り。友人の漁師から、朝一番浜で茹で上げたカニが昼に届く

神戸の粋な店|神戸 出汁 豚しゃぶ まん乃

カテゴリ:和食, 神戸

プロの技で作り出す
旬の最高級食材たちのマリアージュ

 美味い料理とゆっくり寛げる雰囲気で、コースをいただきながらいつもアッという間に楽しい時間が過ぎているのが「まん乃」。
 素材選びには妥協がない。基本の出汁(だし)は北海道白口浜産の真昆布の中でも旬の時期に採る「走採(はしりどり)」限定。さらにうま味がピークに達する7年熟成ものだけを使っている。合わせる鰹節と鮪節はシェフRYOさん自身の舌で確かめて選んだとか。豚しゃぶの出汁にはもちろん、意外なところにも隠し味として利いている。〝洋〟のようで〝和〟の上品なうま味を感じさせる極意のひとつのようだ。
 スペシャルコースの前菜「香住カニ」には目を見張る。姿はそのままだが、会話を楽しみながら食べてもらおうという盛り付けの心遣いは流石だ。
 格別の甘味があり、通常の2倍ともいわれる霜降りながらさっぱりとした「ひょうご雪姫ポーク」、瀬戸内海の天然魚、毎日届く米は五つ星お米マイスターがその時期最も美味しい銘柄を選んで精米、炊くのは味を最大限引き出す伊賀焼釜。器や調理器具、香辛料、調味料まで手を抜かない美味しさへの探求心には頭が下がる。長年の経験で築いた厳しい目をもつ人たちとの信頼関係があればこそできるプロの技だろう。

北海道産活け鮑のソテーをグラスドビュアンにからめ、熟成パルミジャーノチーズと完熟こしょうを添えて


左からRYOさん、萬野裕栄さん、山本裕也さん


華やかな店内を明るいライトが照らす。「すみずみ、調理場の様子までお客様に見てほしい」とRYOさん


日帰り 活け香住カニ 浜茹で 香箱造り。友人の漁師から、朝一番浜で茹で上げたカニが昼に届く


神戸 出汁 豚しゃぶ。塊で仕入れ直前にスライスする
ひょうご雪姫ポーク


鹿児島黒毛和牛のステーキ。1頭から約2キロだけ取れるハネシタを塩麹に漬けて真空で熟成。1時間ほどかけて低温調理後、ローストする

【推薦人】

株式会社淡路屋 代表取締役社長
寺本 督 さん


■神戸 出汁 豚しゃぶ まん乃

神戸市東灘区深江北町2‐12‐13
TEL.070‐2312‐2345
営業 18:00~21:30(L.O.)
定休 日曜日・月2回不定休

〈2018年1月号〉
ロータリーの活動を多くの人に発信したい!
至高のSUVを駆って光り輝く明日に向かえ!      
県民の健康と安心のために[一般社団法人兵庫県医師会 設立70周年]
神戸の粋な店|神戸 出汁 豚しゃぶ まん乃
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.5
これが、神戸のグランドデザイン!
連載 神戸秘話 ⑬ 女性たちに「装う喜び」を 神戸洋裁教育の母 福冨芳美
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.6
輝き放つ「美・KOBE」|10年後の神戸を語る
神戸に貢献するホテルとして|10年後の神戸を語る
ITネィティブが活躍する時代に|10年後の神戸を語る
人に神戸に感謝とRESPECT|10年後の神戸を語る
この美しい街とともに、人生の時を刻む|10年後の神戸を語る
世界的なプレミアム温泉地をめざして!|10年後の神戸を語る
創造都市としての構造転換を|10年後の神戸を語る
未来への光彩|10年後の神戸を語る
1000の未来|10年後の神戸を語る
連載 輝く女性 ⑪ ワインが似合うおしゃれな街・神戸をワインを通して盛り上げてい…
日本におけるゴルフは、六甲山の頂からはじまった
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.3
神戸のカクシボタン 第四十九回 お好み焼店で占いの巻!? 「てんてん」
多彩な暮らしが、すぐそばに:神戸“山の手”の暮らしを語る ②
有馬歳時記|「SPA TERRACE 紫翠」オープン
A Happy New Year 2018|ベール・ド・フージェール
 連載コラム 「続・第二のプレイボール」 |Vol.1
英国と神戸 Vol.7 アルピニズムの発祥となった神戸
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十回
Power of music(音楽の力) 第25回
㊎柴田音吉洋服店 起業150周年
音楽のあるまち♬4 神戸の街には世界の音楽が混在する そのひとつがハワイアン
神戸鉄人伝 第97回 あさご芸術の森美術館 館長 伊藤 照哉(いとう てるや)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十七回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑳  港野喜代子さん Ⅰ
耳よりKOBE|淡路島3年とらふぐと水仙まつりキャンペーン