2018年
1月号

輝き放つ「美・KOBE」|10年後の神戸を語る

カテゴリ:神戸, 経済人

2018年→2028年

高士 薫 <株式会社神戸新聞社 代表取締役社長>

 1988年、98年、2008年、18年、そして2028年。88年は宮崎市政の最終盤。翌年から笹山市政となり、95年の惨禍を経て、矢田市政、そして久元市政へとバトンは引き継がれた。81年の神戸博「ポートピア81」で都市の成熟期を迎え、95年に壊滅的な打撃を受け、ほぼ20年をかけて蘇り、さて、これからである。神戸はいま、再びの、そして新たな成熟へと向かう。
 久元市長による陣頭指揮のもと、ほぼ見通せている将来がある。まず三宮が一変する。駅前の交差点は車でなく人々のにぎわいであふれ、大阪湾岸道路や新名神など道路網も整備される。三空港の一体運用により、神戸空港もより高度に活用されているに違いない。
 課題は都市の雇用力だろう。重厚長大産業は先端化し、酒造を含む豊かな食品産業群は神戸の個性としてより魅力を放ち、靴を含むファッション産業も輝きを増している。まさに「美・KOBE」である。実現可能性の高いこうした期待に加えて、スタートアップがどれほど育っているか。楽しみな、やりがいのある10年になることだろう。
 神戸新聞社は今年2月11日、創刊120周年を迎える。神戸開港150年、県政150年に遅れること30年だ。2028年は130周年。さて、兵庫・神戸の基幹メディアとしてどう変貌しているか。これは私どもの宿題である。

高士 薫(たかし かおる)

株式会社神戸新聞社
代表取締役社長

〈2018年1月号〉
神戸の粋な店|神戸 出汁 豚しゃぶ まん乃
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.5
これが、神戸のグランドデザイン!
ロータリーの活動を多くの人に発信したい!
至高のSUVを駆って光り輝く明日に向かえ!      
県民の健康と安心のために[一般社団法人兵庫県医師会 設立70周年]
連載 神戸秘話 ⑬ 女性たちに「装う喜び」を 神戸洋裁教育の母 福冨芳美
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.6
輝き放つ「美・KOBE」|10年後の神戸を語る
神戸に貢献するホテルとして|10年後の神戸を語る
ITネィティブが活躍する時代に|10年後の神戸を語る
人に神戸に感謝とRESPECT|10年後の神戸を語る
この美しい街とともに、人生の時を刻む|10年後の神戸を語る
世界的なプレミアム温泉地をめざして!|10年後の神戸を語る
創造都市としての構造転換を|10年後の神戸を語る
未来への光彩|10年後の神戸を語る
1000の未来|10年後の神戸を語る
連載 輝く女性 ⑪ ワインが似合うおしゃれな街・神戸をワインを通して盛り上げてい…
日本におけるゴルフは、六甲山の頂からはじまった
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.3
神戸のカクシボタン 第四十九回 お好み焼店で占いの巻!? 「てんてん」
多彩な暮らしが、すぐそばに:神戸“山の手”の暮らしを語る ②
有馬歳時記|「SPA TERRACE 紫翠」オープン
A Happy New Year 2018|ベール・ド・フージェール
 連載コラム 「続・第二のプレイボール」 |Vol.1
英国と神戸 Vol.7 アルピニズムの発祥となった神戸
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十回
Power of music(音楽の力) 第25回
㊎柴田音吉洋服店 起業150周年
音楽のあるまち♬4 神戸の街には世界の音楽が混在する そのひとつがハワイアン
神戸鉄人伝 第97回 あさご芸術の森美術館 館長 伊藤 照哉(いとう てるや)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十七回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑳  港野喜代子さん Ⅰ
耳よりKOBE|淡路島3年とらふぐと水仙まつりキャンペーン