2018年
1月号
ワインのように美しいパープルカラーのファッションで決めた小河美智恵さん。世界初の日本人女性のみが審査員という国際ワインコンペティション「サクラアワード」で審査員も務める。様々な職種のワイン界のプロフェッショナル総勢380名からなる女性の大変厳しい審査はいつも注目の的

連載 輝く女性 ⑪ ワインが似合うおしゃれな街・神戸をワインを通して盛り上げていきたい

カテゴリ:日本酒・洋酒・ワイン, 神戸

インタビュアー・伊藤 紀美子

第11回はケインズリカーの小河美智恵さんです。大正13年4月創業という歴史ある業務用酒販店の副社長としてのお顔のほか、「お洒落にエレガントにワインを楽しむ」ワインセミナーやホームパーティーのコーディネイト、ワインパーティーなどのイベントを主催。様々な形でワインを楽しむ活動を次々と仕掛けるアイデアウーマンでもあります。

─お酒の販売はもちろん、「酒商熊澤」「ボンゴレ」「IZZARA」「Chugalug」といった人気飲食店の経営にも携わっておられます。本日はそのひとつ、イタリアンレストラン「Motomachi Timo」にお邪魔しています。店内にセラーが完備されていますね!
 自然派ワインを主流に約100種類のラインナップをしています。地元野菜の使い方が得意なシェフのお料理と滋味深い「日本ワイン」や、体に優しい有機野菜と「自然派ワイン」とのマリアージュをテーマにしたお店なんですよ。

─おすすめのワインはありますか。
 スペインのテルモ・ロドリゲスは造り手がイケメンです(笑)。ワイン界のトム・クルーズと呼ばれ、リオハの名門ワイナリー出身ながら、実家を飛び出し、スペイン内に眠る古い土地を見つけ出し、リサイクルしてワインを醸造。その素晴らしいワインは世界中から絶賛。このお店では「LZ(エレセッタ)」というフレッシュで果実味あふれるワインを提供しています。

─色々な国のワイナリー巡りをされているんですね。
 国内外問わず、ワインの造り手の情熱とともに、その酒の素晴らしさを、お客様に伝えたいと思っています。

─こちらではグラスワイン付きのランチもあるとか。篠山牛のタリアータや神戸ビーフのラザニアなど、ワインが進みそうなメニューばかりです(笑)。
 神戸の街には昼からワインOKな雰囲気がありませんか(笑)。私は神戸観光の目玉として、ワインの似合う街・神戸をPRしていきたいと考えています。貿易で栄えてきた港町ならではのハイカラ神戸のグルメ&ワインのマリアージュを打ち出していきたいのです。

─それでワインのイベントを開催されているのですね。こちらでも押し花教室やポルトガルの料理&ワインの会が大変盛況だったと伺っています。
 ユーラシア大陸の最先端の国、ポルトガルのワインは大プッシュです。ヨーロッパ随一の米消費国ゆえ、お米好きな日本人の口にも合うと思います。このお店以外でも「ホテルセトレ」で「サクラ アワード ワイン会」開催など、女性たちが厳しい目で審査して選ばれたワインをお披露目して大勢の方に喜んでいただきました。どれもかしこまってワインのウンチクを語るのではなく、ワイン好きな人がワイワイと楽しむイベントです。日本酒がしみじみ語るにふさわしいイメージだとすれば、ワインはもっと楽しく、陽気な洋文化として神戸にワインファンを呼び込んでいきたいですね。

─ワインと浴衣や押し花など、何かと組み合わせ、新しい神戸の価値を生み出されているのが素晴らしいですね。お金をかけて何か新しい価値を作るのではなく、人と人、文化や楽しみをつなぎ合わせることによって新しい神戸の価値が生まれていると思います。

ワインのように美しいパープルカラーのファッションで決めた小河美智恵さん。世界初の日本人女性のみが審査員という国際ワインコンペティション「サクラアワード」で審査員も務める。様々な職種のワイン界のプロフェッショナル総勢380名からなる女性の大変厳しい審査はいつも注目の的

小河 美智恵(おがわ みちえ)

有限会社ケインズリカー 取締役副社長
神戸生まれ、親和中学校・親和女子高等学校、甲南大学と根っからの神戸漬。「コナミ株式会社」に就職後、叔父でもある元姫路獨協大学学長の「小室豊允」事務所に勤務。「KOBE LOVE」と「SAKE」をキーワードに「シニアソムリエ(JSA認定)」「チーズプロフェッショナル(C.P.A認定」として飲食にかかわる事で神戸がキラキラと輝く街に☆活動中。阪神・淡路大震災をきっかけに現職に従事。

有限会社ケインズリカー

神戸市兵庫区磯之町1-7 TEL.078-671-7562

伊藤 紀美子(いとう きみこ)

田嶋株式会社 代表取締役社長
神戸生まれ。95年より同社社長に就任。02~06年神商議女性会会長、07年から国際ビジネス委員長。16年、女性初で神戸商工会議所の副会頭に就任。
田嶋株式会社/1899年、繊維を主体とした貿易商社としてスタート。会社創業110周年の2009年に美容&健康分野を新設。オリジナルブランドのスキンケア「PLUSUI(プラスイ)」を開発販売。同ブランドでナチュラルミネラルウオーターも販売

〈2018年1月号〉
神戸の粋な店|神戸 出汁 豚しゃぶ まん乃
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.5
これが、神戸のグランドデザイン!
ロータリーの活動を多くの人に発信したい!
至高のSUVを駆って光り輝く明日に向かえ!      
県民の健康と安心のために[一般社団法人兵庫県医師会 設立70周年]
連載 神戸秘話 ⑬ 女性たちに「装う喜び」を 神戸洋裁教育の母 福冨芳美
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.6
輝き放つ「美・KOBE」|10年後の神戸を語る
神戸に貢献するホテルとして|10年後の神戸を語る
ITネィティブが活躍する時代に|10年後の神戸を語る
人に神戸に感謝とRESPECT|10年後の神戸を語る
この美しい街とともに、人生の時を刻む|10年後の神戸を語る
世界的なプレミアム温泉地をめざして!|10年後の神戸を語る
創造都市としての構造転換を|10年後の神戸を語る
未来への光彩|10年後の神戸を語る
1000の未来|10年後の神戸を語る
連載 輝く女性 ⑪ ワインが似合うおしゃれな街・神戸をワインを通して盛り上げてい…
日本におけるゴルフは、六甲山の頂からはじまった
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.3
神戸のカクシボタン 第四十九回 お好み焼店で占いの巻!? 「てんてん」
多彩な暮らしが、すぐそばに:神戸“山の手”の暮らしを語る ②
有馬歳時記|「SPA TERRACE 紫翠」オープン
A Happy New Year 2018|ベール・ド・フージェール
 連載コラム 「続・第二のプレイボール」 |Vol.1
英国と神戸 Vol.7 アルピニズムの発祥となった神戸
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十回
Power of music(音楽の力) 第25回
㊎柴田音吉洋服店 起業150周年
音楽のあるまち♬4 神戸の街には世界の音楽が混在する そのひとつがハワイアン
神戸鉄人伝 第97回 あさご芸術の森美術館 館長 伊藤 照哉(いとう てるや)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十七回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑳  港野喜代子さん Ⅰ
耳よりKOBE|淡路島3年とらふぐと水仙まつりキャンペーン