2018年
1月号

未来への光彩|10年後の神戸を語る

カテゴリ:神戸, 経済人

金指 光司 <株式会社ポトマック 代表取締役>

2018年→2028年

 びっくりするニュースが飛び込んだ。教科書から坂本龍馬が消えるという。歴史フェチの僕としては、嘆かわしい話であるが、どうなることやら。
 そんなことから思いを馳せたのが、幕末から明治維新への激動の時代です。昨年、神戸は開港150年の祝典に彩られました。西洋の香りが神戸に届いた1867年は、大政奉還と時を同じくする。龍馬の例を出すまでもなく、幕末の志士たちが奔走し、心から渇望したのが「人材」。日本の夜明けは、夢と希望と勇気を持った「人・人・人」の躍動によって開かれました。
 話は変わりますが、AI(人工知能)が進化し、『技術的特異点』『2045年問題』と、コンピューターが人類を超えるという。オックスフォード大学の研究報告で、「今後10~20年ほどで、米国の702の職業のうち、約半分が失われる可能性がある」と述べています。ほんとにそうなのでしょうか?
 僕たちの所属する飲食業では、「おもてなし」という言葉があります。語源として、「表裏なく大切な人をお迎えする」という説もありますが、表と裏には、“間”というものが存在します。言葉やロジックではない、“間=サムシング”に、人は心動かされるのではないでしょうか。革命も恋愛も、朝の陽ざしも夜空の星も、そこに介在する人の心を通して、きらきらと煌めき出すのではないでしょうか。
 「People!People!People!」人間主義こそが未来への光彩であると思うぜよ!

金指 光司(かなさし こうじ)

株式会社ポトマック
代表取締役

〈2018年1月号〉
ロータリーの活動を多くの人に発信したい!
至高のSUVを駆って光り輝く明日に向かえ!      
県民の健康と安心のために[一般社団法人兵庫県医師会 設立70周年]
神戸の粋な店|神戸 出汁 豚しゃぶ まん乃
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.5
これが、神戸のグランドデザイン!
連載 神戸秘話 ⑬ 女性たちに「装う喜び」を 神戸洋裁教育の母 福冨芳美
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.6
輝き放つ「美・KOBE」|10年後の神戸を語る
神戸に貢献するホテルとして|10年後の神戸を語る
ITネィティブが活躍する時代に|10年後の神戸を語る
人に神戸に感謝とRESPECT|10年後の神戸を語る
この美しい街とともに、人生の時を刻む|10年後の神戸を語る
世界的なプレミアム温泉地をめざして!|10年後の神戸を語る
創造都市としての構造転換を|10年後の神戸を語る
未来への光彩|10年後の神戸を語る
1000の未来|10年後の神戸を語る
連載 輝く女性 ⑪ ワインが似合うおしゃれな街・神戸をワインを通して盛り上げてい…
日本におけるゴルフは、六甲山の頂からはじまった
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.3
神戸のカクシボタン 第四十九回 お好み焼店で占いの巻!? 「てんてん」
多彩な暮らしが、すぐそばに:神戸“山の手”の暮らしを語る ②
有馬歳時記|「SPA TERRACE 紫翠」オープン
A Happy New Year 2018|ベール・ド・フージェール
 連載コラム 「続・第二のプレイボール」 |Vol.1
英国と神戸 Vol.7 アルピニズムの発祥となった神戸
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十回
Power of music(音楽の力) 第25回
㊎柴田音吉洋服店 起業150周年
音楽のあるまち♬4 神戸の街には世界の音楽が混在する そのひとつがハワイアン
神戸鉄人伝 第97回 あさご芸術の森美術館 館長 伊藤 照哉(いとう てるや)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十七回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑳  港野喜代子さん Ⅰ
耳よりKOBE|淡路島3年とらふぐと水仙まつりキャンペーン