2018年
1月号
毎日登山発祥の地の石碑。明治38年頃、神戸在住の外国人が登山を行い、サインブックに署名する慣わしを伝えた

英国と神戸 Vol.7 アルピニズムの発祥となった神戸

カテゴリ:スポーツ, 神戸

 「アルピニズム」という言葉がある。登山を好む人の心意気、登山家気質といった意味で使われたりもするが、これは、登山というものを、純粋に山に登ることだけを目的とする趣味・嗜好のことで、ヨーロッパで生まれた概念である。後者の意味で、日本のアルピニズムは、神戸が発祥地。
 明治時代初期まで、日本には狩猟や山仕事のほかには、高野山や比叡山に代表される聖地への参詣、修養などを目的とした宗教的登山の習慣しかなかった。その日本に初めて「スポーツ」としての登山を伝えたのは、開港以後、神戸へ来た外国人たちだった。
 日本アルプスの開祖といわれた英国人宣教師ウォルター・ウェストンは、明治21年から7年間神戸に滞在し、登山を始めた。さらに、神戸在住の登山家、H・E・ドーントらが六甲山系を中心に登山にいそしんだ。外国人によってつくられた近代登山の基礎をうけ、神戸における登山団体の草分けである「神戸徒歩会」の藤木久三らにより「ロック・クライミング・クラブ」が発足。日本で初めてロッククライミング(岩登り)が行なわれた。
 再度山の善助茶屋跡には「毎日登山発祥の地」の石碑がある。神戸には「毎日登山」の愛好者が多数いる。高取山、菊水山など日の昇る頃に山へ登り、仲間たちと歓談しながら下山する。スポーツ好きの外国人によってもたらされたという毎日登山だが、何十年にもわたり一日も欠かさず登山をした証を山上の署名所で見るにつけ、実直にこつこつと続けるという日本人の気質が生んだ文化のような気がしてならない。
 また六甲山記念碑台には、六甲山を開き、ゴルフなどスポーツを始めたA・H・グルームの胸像があるほか、六甲山を親しめる場所として広めた外国人たちを讃える石碑が建っている。

〈参考文献「神戸はじめ物語展」神戸市立博物館〉

毎日登山発祥の地の石碑。明治38年頃、神戸在住の外国人が登山を行い、サインブックに署名する慣わしを伝えた

多くのハイカー達で賑わう六甲山

毎日、日の昇る頃に山に登る愛好家も多い

六甲山を拓いたグルームの胸像

JAGUAR/LAND ROVER Presents

〈2018年1月号〉
神戸の粋な店|神戸 出汁 豚しゃぶ まん乃
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.5
これが、神戸のグランドデザイン!
ロータリーの活動を多くの人に発信したい!
至高のSUVを駆って光り輝く明日に向かえ!      
県民の健康と安心のために[一般社団法人兵庫県医師会 設立70周年]
連載 神戸秘話 ⑬ 女性たちに「装う喜び」を 神戸洋裁教育の母 福冨芳美
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.6
輝き放つ「美・KOBE」|10年後の神戸を語る
神戸に貢献するホテルとして|10年後の神戸を語る
ITネィティブが活躍する時代に|10年後の神戸を語る
人に神戸に感謝とRESPECT|10年後の神戸を語る
この美しい街とともに、人生の時を刻む|10年後の神戸を語る
世界的なプレミアム温泉地をめざして!|10年後の神戸を語る
創造都市としての構造転換を|10年後の神戸を語る
未来への光彩|10年後の神戸を語る
1000の未来|10年後の神戸を語る
連載 輝く女性 ⑪ ワインが似合うおしゃれな街・神戸をワインを通して盛り上げてい…
日本におけるゴルフは、六甲山の頂からはじまった
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.3
神戸のカクシボタン 第四十九回 お好み焼店で占いの巻!? 「てんてん」
多彩な暮らしが、すぐそばに:神戸“山の手”の暮らしを語る ②
有馬歳時記|「SPA TERRACE 紫翠」オープン
A Happy New Year 2018|ベール・ド・フージェール
 連載コラム 「続・第二のプレイボール」 |Vol.1
英国と神戸 Vol.7 アルピニズムの発祥となった神戸
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十回
Power of music(音楽の力) 第25回
㊎柴田音吉洋服店 起業150周年
音楽のあるまち♬4 神戸の街には世界の音楽が混在する そのひとつがハワイアン
神戸鉄人伝 第97回 あさご芸術の森美術館 館長 伊藤 照哉(いとう てるや)さ…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十七回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑳  港野喜代子さん Ⅰ
耳よりKOBE|淡路島3年とらふぐと水仙まつりキャンペーン