2011年
8月号

神戸の活気をウエディングから

カテゴリ:神戸

神戸ウエディングクイーン
福田知未さん 永島優美さん 冨田真未さん

司会 神戸ウエディング会議事務局長
谷口享子さん

―ウエディングクイーンに選ばれて約一年、活動を振り返ってみて、思い出や感想などをお願いします。
福田 一番思い出に残っているのは、淡路SAの「恋人の聖地」で、世界的ブライダルファッションデザイナーの桂由美さんとご一緒させていただいたことです。終止笑顔で接してくださいまして、「ウエディングは、昔は家から出発だったのが、いまは会場内ですべて済んでしまうのが寂しい」とおっしゃっていたのが印象的でした。会場のモニュメントも白が基調で、私たちのドレスにハートの影が浮かび上がる、とてもかわいいものでした。
永島 やはり桂由美さんとご一緒させていただいたイベントは思い出深いです。あとデュオこうべで行われた「神戸花物語」も特に印象に残っています。パールと花とドレスのイベントで、ウエディングドレスファを着てトークショーをさせていただきました。とても緊張したのですが、見てくださった方々が温かく見守ってくださいました。イベントでは毎回緊張しているのですが、イベントごとにお客さんとのコミュニケーションがあり、温かい視線にいつも助けられています。
冨田 6月の第一日曜日が、全国のプロポーズの日なのですが、神戸では毎月第一日曜日をプロポーズの日として、様々なイベントを行っているんです。今年の6月5日に、神戸モザイクで、音楽とのコラボレーションイベントがあったのですが、県外から来られたカップルがその日、実際にプロポーズされて、それがとても印象に残っています。あとは一年を通じて、3人仲良くやって来られたので、それが楽しかったですね。

―神戸のウエディングの素敵なところはどういうところだと思いますか。
福田 山と海がある景観の中で、幸せな日を迎えることができるところです。神戸らしさにはファッションやスイーツなどいろいろありますが、人の温かさも神戸らしさだと思うのです。神戸はそれが感じられる街ですし、私たち自身も他府県のイベントなどに行くと「神戸らしい」と言われるのですが、それがとても嬉しいですね。

―神戸の人の温かさや、おもてなしの心は、どういうところにあると思いますか。
永島 神戸は歴史的に外国との関わりが多かった街です。日本の文化と外国の文化が混ざり合った独特の情緒こそが、神戸の魅力なのだと思うのです。特に私は異人館の雰囲気が好きなのですが、日本の景色っぽくなく、神戸らしい絵になる風景だと思います。
冨田 私は特にハーバーランドのモザイク周辺が大好きなんです。特にコンチェルトが見えるモザイクのウッドデッキはお気に入りです。神戸はいつでも「おしゃれな街」「女の子が憧れる街」「住みたい街」の上位に入っています。おしゃれなお店やカフェがたくさんあって、女の子が何年住んでもあきない街だと思います。

―ご自身が挙式するなら、どこでどんな式を挙げたいと思いますか。
福田 神戸は海と山の景観が魅力ですが、私は海側から山側を望める場所が好きなんです。生演奏や友人たちの歌で、音楽に溢れた楽しい挙式が良いですね。自分たちらしい雰囲気を作って、とにかく親しい人たちに祝福してもらいたいです。
永島 やっぱり北野が好きですね。洋風なのにたまに和のテイストも入っていて。特に夜のイルミネーションがとても好きなんです。北野坂から神戸の街を一望する景色は最高だと思います。友人やお世話になった人たちに囲まれて、笑顔に溢れた挙式にしたいですね。
冨田 小学生の頃にハーバーランドに行った時に、たまたまウエディングの光景を目にしたのです。その時に見たフラワーシャワーの光景がとても印象的で、それからずっと憧れているんです。だから自分も、ハーバーランドの周辺で、幸せに包まれた挙式をしたいです。

―一年の任期ももうすぐ終わりますが、今後の神戸ウエディングに期待することは?
福田 ウエディングでは挙式場だけでなく、美容、衣裳、お花、写真、DVD、印刷物や旅行、ジュエリー、引出物の数々など、一組のカップルの挙式で様々な産業が潤います。もっとたくさんの人が神戸で挙式をして、神戸がもっと活気づけばと思います。
永島 観光、集客の観点からも、神戸ウエディングをもっと多くの人に知ってもらいたいです。それがきっかけで神戸を訪れ、たくさんの人が神戸の良さに触れてくれればいいなと思います。
冨田 神戸には世界一の吊り橋である明石海峡大橋がありますし、ファッションでも神戸コレクションなど注目を集めていて、女の子が憧れる街だと思うのです。同じように神戸ウエディングももっと注目を集めるようになってほしいです。

桂由美さんと共に。淡路SAにて


冨田真未さん


永島優美さん


福田知未さん


谷口享子さん

〈2011年8月号〉
フロントアート
特集 ー扉 こころと技を伝えたい
こころと技を社会に生かす
おもてなしの心を伝えます
安全・安心で高度な医療を地域に
季節をめでるお菓子
100年の心と技
伝統がかもし出す美味しい珈琲
世界へ羽ばたく感性の翼 手の温もりは、心の温もり
特集 ー扉  たいせつな日、たいせつな人と
個性が光るホテル経営
思い出は、ヴォーリズ建築と共に
神戸の活気をウエディングから
神戸ロマンスアワード 2011
踊ることは高め合うこと
神戸ウエディング会議
わたしの神戸デザイン 第6回
絵のある風景 第3回
桂 吉弥の今も青春【其の十七】
神戸ビーフのQ&A ーよくある質問ー
大切な人と、最高のお料理を 神戸ビーフステーキ 良光
大切な人と、最高のお料理を 神源
大切な人と、最高のお料理を ホテル竹園芦屋 レストランきく
大切な人と、最高のお料理を 神戸プレジール
登場!有馬を支える花板さん 四
兵庫県ご当地ハイボール 「みなとハイボール」が飲める店 三宮編
みんなの医療社会学 第八回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 49
2011年は日独交流150周年 高砂京子さんが「書」を通してドイツと交流  参加…
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第20回 芸術家男星編
KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ20
連載 浮世絵ミステリー・パロディ ㉜ 吾輩ハ写楽デアル
[海船港(ウミ フネ ミナト)]ウオーターフロントやまちを優美な帆船で活性化しよ…
触媒のうた 6
耳よりKOBE 中国医学理論「推拿(すいな)」でリラクゼーションを 神田接骨院
耳よりKOBE ドイツワインに精通し、愛好する人に「ドイツワイン名誉ケナー」を授…
[神戸百店会NEWS]神戸ブランドについて語る 神戸外国倶楽部