2011年
8月号

耳よりKOBE ドイツワインに精通し、愛好する人に「ドイツワイン名誉ケナー」を授与

カテゴリ:日本酒・洋酒・ワイン

「ドイツワイン名誉ケナー」とは、全国ドイツワイン協会連合会が認定する称号で、ドイツワインの知識に精通し、歴史や文化に対する高い教養、造詣をもっていて、ドイツ文化の発展に寄与し、名誉ケナーにふさわしい資質を備えていると認められる人に贈られるものです。全国でその称号を持つ人は約70名、神戸ではこれまで、指揮者の朝比奈千足さん、(株)ドイツ商事社長の中谷嘉宏さん、ワイン研究家の波多野正人さんの3名が認定されていました。
今回、日独友好150年を記念して、神戸を中心にドイツワインに約30年以上関わりをもつ方が新たに認定を受けました。認定を受けたのは、落語家の桂南光さん、京都府立医科大学名誉教授の前田知穂さん、そして和田晴雄さん、須賀昭博さん、平沢勉さん、安原泰さん、三浦哲朗さん、松田耕治さんの8名。
6月25日には、名誉ケナー授与式と、お祝いのワイン会が、北野のドイツ料理レストラン「ローテ・ローゼ」で開催され、神戸ワインサロンのメンバーや友人などがお祝いに駆けつけました。20種類以上のワインがふるまわれる中、ヨーロッパの弦楽器「チター」の奏者・常石さやかさんの演奏が会を盛り上げました。「ドイツワインを愛好し、ワイン文化をもっと盛り上げよう」と、名誉ケナーたちは誓い合いました。

ドイツワイン名誉ケナー授与者とその推薦者の皆さん。
日本ドイツワイン協会会長の小柳才治さん(最右)も東京よりかけつけた


名誉ケナー授与者・
三浦哲朗さん(左)、
桂南光さん(中央)、
推薦者・中谷嘉宏さんと
パーティ参加者の皆さん


お祝いにかけつけた皆さん


チター奏者・常石さやかさん


20種以上のドイツワインがふるまわれた

〈2011年8月号〉
フロントアート
特集 ー扉 こころと技を伝えたい
こころと技を社会に生かす
おもてなしの心を伝えます
安全・安心で高度な医療を地域に
季節をめでるお菓子
100年の心と技
伝統がかもし出す美味しい珈琲
世界へ羽ばたく感性の翼 手の温もりは、心の温もり
特集 ー扉  たいせつな日、たいせつな人と
個性が光るホテル経営
思い出は、ヴォーリズ建築と共に
神戸の活気をウエディングから
神戸ロマンスアワード 2011
踊ることは高め合うこと
神戸ウエディング会議
わたしの神戸デザイン 第6回
絵のある風景 第3回
桂 吉弥の今も青春【其の十七】
神戸ビーフのQ&A ーよくある質問ー
大切な人と、最高のお料理を 神戸ビーフステーキ 良光
大切な人と、最高のお料理を 神源
大切な人と、最高のお料理を ホテル竹園芦屋 レストランきく
大切な人と、最高のお料理を 神戸プレジール
登場!有馬を支える花板さん 四
兵庫県ご当地ハイボール 「みなとハイボール」が飲める店 三宮編
みんなの医療社会学 第八回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 49
2011年は日独交流150周年 高砂京子さんが「書」を通してドイツと交流  参加…
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第20回 芸術家男星編
KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ20
連載 浮世絵ミステリー・パロディ ㉜ 吾輩ハ写楽デアル
[海船港(ウミ フネ ミナト)]ウオーターフロントやまちを優美な帆船で活性化しよ…
触媒のうた 6
耳よりKOBE 中国医学理論「推拿(すいな)」でリラクゼーションを 神田接骨院
耳よりKOBE ドイツワインに精通し、愛好する人に「ドイツワイン名誉ケナー」を授…
[神戸百店会NEWS]神戸ブランドについて語る 神戸外国倶楽部