2017年
12月号

生きたクリスマスツリーと「輝けるいのち」について考えたい

カテゴリ:神戸, 見どころ

そら植物園株式会社 代表
西畠 清順 さん

 無事に植樹を行うことができ、最高の気分です。私たち人間の生活に、木は欠かすことができません。家や家具、紙などに利用され、人間は植物に生かされています。今回のプロジェクトを通して、「輝けるいのち」について考える機会になればと思っています。
 このあすなろの木は、世界一の高さのクリスマスツリーになりますが、根を張った“生きた木”であることにこだわりました。いつの間にか人工物のツリーが当たり前になり、本物の木を使うことの意味が失われつつあると思ったからです。日本では古来から何かを始めるときに、自然への感謝を込めて巨木を立てるという神聖な行為を行ってきました。この巨木を立てることで、復興と再生の象徴とも考えています。
 木は本来、遠くへ行くことを本能としてもっています。タンポポは種子を飛ばし、ヤシの木は種が浮いて、遠くへ旅をしようとします。僕がこのあすなろの木だったら、富山県の氷見市から神戸にやって来たことを、喜んでいると思います。距離にして1,100kmですからね。
 このあすなろの木は、今年のニューヨーク・ロックフェラーセンターのクリスマスツリーより7メートル高く世界一のクリスマスツリーになりますが、そのことが重要であるとは思っていません。むしろオーナメントの数で世界一をめざしています。皆さんの願いや想いが1本のクリスマスツリーに飾られている。素敵だと思いませんか。キラキラと輝くオーナメントは、夜だけでなく昼間でも美しく輝きます。5万枚を超えるとギネス世界記録になります。たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。

神戸の街全体とひもづけることが僕のミッション

 清順さんのアツい想いに共感し、プロジェクトをサポートするのは、ARIGATOで世界を変える(株)ARIGATO-CHAN代表、坂野雅さん。素晴らしい環境資源に恵まれた神戸の物語をさらに高めるプロジェクトのディレクションや企画立案を手掛けている。「明日への命をつなぐ木をメリケンパークのみならず、神戸の街全体とひもづけることが僕のミッション」と語る坂野さん。
 思いついたのは、世界一のクリスマスツリーなのだから、世界一にこだわること。清順さんがもたらしてくれた世界一のチャンスをキャッチして神戸の魅力を発信する原動力にしようと、まずはサポーターズガイドブックを作成した。
 ツリーを観たあと、街の飲食店や宿泊施設へ足を運んでもらうため、自称、世界一の男前がつくる前菜など、各施設で世界一の特典を用意してもらう。特典を受けることができる目印「神戸タータン」のリストバンドを配布し、地元民は左手、観光客は右手に巻き、町を両者のコミュニケーションの場にしてしまおうという案もある。
 神戸には世界一のものがたくさんある。クリスマスツリー用の飾りが作られ、神戸はクリスマス用品の発祥の地と言われている。世界一の灘の酒蔵で飾られている杉玉をオーナメントにしてはどうか。洋菓子の街にふさわしいシュトーレンのイベントを企画しよう…、神戸全体が世界一の大騒ぎとなる楽しい仕掛けが山盛り。

「神戸タータン」のリストバンド。地元の人は左手に、観光客は右手に巻く

サポターズガイドブックを利用すれば、
世界一の特典が受けられる
https://camp-fire.jp/projects/view/51084

「西畠さんの今回のプロジェクトに感激した」と坂野さん(右)。西畠さんと共に

めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT
〜輝け、いのちの樹。〜

実施期間:12月2日(土) 〜 12月26日(火)

開場時間(予定):店 舗 11:00〜21:00

        点灯時間 17:30〜24:00
http://www.soratree.jp/

西畠 清順(にしはた せいじゅん)

幕末より150年続く花と植木の卸問屋「花宇」の五代目であり、そら植物園(株)代表取締役社長。日本全国、世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。国内外含め、多数の企業、団体、行政機関、プロの植物業者等からの依頼に応え、さまざまなプロジェクトを各地で展開、反響を呼んでいる

〈2017年12月号〉
<特集>“珠玉”の神戸ブランド ―扉
ハイバックチェア|永田良介商店
ビスポークシューズ|イルクアドリフォリオ
ウェディングドレス「極上」シリーズ|ウエディングサロン イノウエ
マイスターコレクション|マイスター大学堂
紳士帽子|マキシン
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.4
世界一のクリスマスツリーに世界一の“願い”を込めて
生きたクリスマスツリーと「輝けるいのち」について考えたい
世界中の音楽をレコードで楽しむ|レコードバー ブラック
全国791カ所ライブがここから始まる:「クラブ月世界」ファイナルステージ
洋菓子一筋六十余年の集大成:日本の美しい四季を愉しむ洋菓子の店「HIBIKA」
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.4
エル ラコ デン タケウチ|神戸の粋な店
連載 神戸秘話 ⑫ 花の心を知り、自分の心とす 佳生流二代目家元 西村雲華
(株)ARIGATO-CHAN 坂野 雅さんに聞く 神戸へのありがとう、神戸愛に…
音楽が似合う街、神戸 ―扉
いつもどこかで音楽が流れている路地裏文化|ブラッスリー ボンマリアージュ
筋金入りの〝音好き〟が集まる|神戸ロバアタ商會
パリの路地裏を切り取ったような空間|ブラッスリーロバボン
音楽と共に気楽に時間を過ごせる空間|コラソン
事務所は市場のスイーツショップ|スイーツと音楽のお店 カシュカシュ
連載 輝く女性⑩ 集中力、免疫力、モチベーションがアップ 短時間で効果バツグン!…
かいや焼通し蒲鉾|貝住彌兵衛
第2回 神戸ティーフェスティバル開催!
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.2
神戸のカクシボタン 第四十八回 老若男女に愛されるお店 喫茶レストラン BRAZ…
NEW BMW X3
Power of music(音楽の力) 第24回
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の“特別なもの”との出会い ⑰…
英国と神戸 Vol.6 日本で最初に紅茶のティーバックを作った神戸紅茶株式会社
多彩な暮らしが、すぐそばに:神戸“山の手”の暮らしを語る ①
介護にもダンディズムを 〜夫、野坂昭如を支えて~|兵庫県医師会設立70周年記念特…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十九回
二人の情熱がぶつかり合う“未踏”の作品|第三回 芦屋神社芸術祭
正しい占いを広め、人生のお役に立ちたい
音楽のあるまち♬ 3 中高生たちの〝 ジャズ甲子園 〟
神戸鉄人伝 第96回 神戸女子短期大学総合生活学科教授・キャリア教育部長 福井 …
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十六回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑲  水中メガネ
神戸が誇るアーティスト榎忠氏 『ロドニー賞』受賞!|NEWS 神戸百店会
「中の坊 瑞苑」11月1日リニューアルオープン!|有馬歳時記