2017年
10月号
50年のノウハウを持つチョコレート販売メーカー「マキィズ」

神戸のカクシボタン 第四十六回 その日の気分でお気に入りをチョイス

カテゴリ:スイーツ・パン, 神戸


写真/文 岡 力

 作家にはお気に入りの「おやつ」が付き物である。開高健は「みつ豆」、池波正太郎は「ホットケーキ」を仕事の合間に好んで食べた。大の右党(甘いもの好き)だった手塚治虫は、仕事中に「チョコがないと描けません」と駄々をこね原稿の隅が茶色く染まる事もあったと言う。よくよく考えるとおやつをはじめバレンタイン等、人と最も関わりが深いであろうお菓子「チョコレート」。神戸にも多くの人を夢中にするこだわりの逸品がある。
 神戸市東灘区に本社を構える「マキィズ」は50年のノウハウを持つチョコレート販売メーカーである。「宝石のように美しく、アートのように自由で物語のように楽しい」をコンセプトに定番の「生チョコロール」から車や恐竜化石を模したユニークな商品まで多種多様に展開している。中でもおススメは、「maQショコラWARE」。「WARE」とあるとおり製造中に出た破片を商品化している。 見た目は不揃いだがベルギー産スィートチョコレートを使用しており味、香り、口どけはトップクラス。キャリアのあるショコラティエが五つの異なる種類を厳選し一袋に凝縮している。訳ありと称しているが、その日の気分によって味や大きさが選べるのでありがたい。しかし美味しさのあまり一度で食べ過ぎないよう注意が必要である。

50年のノウハウを持つチョコレート販売メーカー「マキィズ」

重なり合うふぞろいのチョコレートたち

長期保存が可能なアルミの袋

■マキィズ本社

神戸市東灘区魚崎北町1-13-7
http://www.maquis.co.jp

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」連載「のぞき見 雑記帳」(大阪日日新聞)「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

〈2017年10月号〉
《特集》神戸の食通が紹介する 神戸の粋な店 ー扉ー
comedor ESTELA(コメドール エステラ)|神戸の粋な店
TN|神戸の粋な店
La Tachi (ラ・ターチ)|神戸の粋な店
雄三郎|神戸の粋な店
日本料理 神戸たむら|神戸の粋な店
カトリック夙川教会と遠藤周作|夙川 Shukugawa
清麗な音色で夙川の人々の心を濯ぐ日本最古のカリヨン|夙川 Shukugawa
想い出すこと(遠藤 周作:作家)|神戸っ子アーカイブ Vol.6
新型「ヴェラール」がヴェールを脱ぐ !
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.2
連載 神戸秘話 ⑩ 安東聖空の流れを汲む神戸のかな書家たち
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.3
夙川、松園町界隈の歩みについて|夙川 Shukugawa
連載 輝く女性⑧ 音楽を聴く楽しみ 音楽を奏でる喜び 音楽を通し自分自身と、そし…
音楽のあるまち♬ 神戸をクラシック音楽が溢れるまちに!
関西屈指の文教地区 六甲界隈について【下】
坂道のベルタワーから響く鐘の音は六甲の象徴 「カトリック六甲教会」|関西屈指の文…
なるほど医学体験! HANSHIN健康メッセ 2017
美容室エリザベス リニューアルオープン
神戸のカクシボタン 第四十六回 その日の気分でお気に入りをチョイス
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の“特別なもの”との出会い ⑮…
第16回 神戸洋藝菓子ボックサン
Power of music(音楽の力) 第22回
空間の魅力が沸き立つ住まい|平尾工務店 オーガニックハウス
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十七回
英国と神戸 Vol.4 日本における初の近代洋服「神戸洋服」というブランドとして…
今すぐ行きたい、東北飛行機旅 Vol.3 山形県
祝・「神戸―仙台線」就航!
神戸から行く ながさきの島旅|対馬・壱岐
神戸鉄人伝 第94回 オペラ衣裳デザイナー・株式会社アトリエミック代表取締役 松…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑰  百歳の人
第68回 豊公を偲ぶ 有馬大茶会|有馬歳時記