2017年
10月号

新型「ヴェラール」がヴェールを脱ぐ !

カテゴリ:神戸,

8月24日、ウェスティンホテル大阪で、注目のレンジローバー新型ヴェラールのスペシャルプレビューが開催された。レンジローバーの歴史は、このヴェラールから始まる。半世紀前、初代レンジローバー誕生に向けて、プロトタイプの車が開発されるが、その車のコードネームが「ヴェラール」。ヴェラールには隠すという意味がある。この日、新型ヴェラールがヴェールを脱いだ。一切の無駄をそぎ落とす引き算の美学をコンセプトに、エクステリアは力強さに加え、シャープさに磨きをかけた。インテリアはラグジュアリーで快適性を極限まで追求した。まさに、SUVの歴史を大きく進化させた革新的な一台。

ZENITH × LAND ROVER スペシャル・コラボイベント開催!

英国が誇るプレミアムSUVのエキスパート「ランドローバー」と、150年以上の歴史を持つスイスの高級時計マニュファクチュール「ゼニス」。それぞれの分野で世界を牽引する両社のパートナーシップを記念したスペシャルイベントが、9月1日、ランドローバー神戸中央ショールームで開催された。当日はレンジローバーヴェラールと共に特別限定ウォッチ「Zenith EL Primero Range Rover Velar」を展示。音楽プロデューサー松任谷正隆さんと雑誌「ENGINE」副編集長の塩澤則浩さんのトークショーも開催された。「1969年に神戸駅で初めてレンジローバーを見た時、得体の知れない衝撃が走った。それがきっかけで、長年、レンジローバーに乗ってきた」と松任谷さん。参加者も楽しいひと時を過ごした。



〈2017年10月号〉
《特集》神戸の食通が紹介する 神戸の粋な店 ー扉ー
comedor ESTELA(コメドール エステラ)|神戸の粋な店
TN|神戸の粋な店
La Tachi (ラ・ターチ)|神戸の粋な店
雄三郎|神戸の粋な店
日本料理 神戸たむら|神戸の粋な店
カトリック夙川教会と遠藤周作|夙川 Shukugawa
清麗な音色で夙川の人々の心を濯ぐ日本最古のカリヨン|夙川 Shukugawa
想い出すこと(遠藤 周作:作家)|神戸っ子アーカイブ Vol.6
新型「ヴェラール」がヴェールを脱ぐ !
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.2
連載 神戸秘話 ⑩ 安東聖空の流れを汲む神戸のかな書家たち
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.3
夙川、松園町界隈の歩みについて|夙川 Shukugawa
連載 輝く女性⑧ 音楽を聴く楽しみ 音楽を奏でる喜び 音楽を通し自分自身と、そし…
音楽のあるまち♬ 神戸をクラシック音楽が溢れるまちに!
関西屈指の文教地区 六甲界隈について【下】
坂道のベルタワーから響く鐘の音は六甲の象徴 「カトリック六甲教会」|関西屈指の文…
なるほど医学体験! HANSHIN健康メッセ 2017
美容室エリザベス リニューアルオープン
神戸のカクシボタン 第四十六回 その日の気分でお気に入りをチョイス
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の“特別なもの”との出会い ⑮…
第16回 神戸洋藝菓子ボックサン
Power of music(音楽の力) 第22回
空間の魅力が沸き立つ住まい|平尾工務店 オーガニックハウス
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十七回
英国と神戸 Vol.4 日本における初の近代洋服「神戸洋服」というブランドとして…
今すぐ行きたい、東北飛行機旅 Vol.3 山形県
祝・「神戸―仙台線」就航!
神戸から行く ながさきの島旅|対馬・壱岐
神戸鉄人伝 第94回 オペラ衣裳デザイナー・株式会社アトリエミック代表取締役 松…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑰  百歳の人
第68回 豊公を偲ぶ 有馬大茶会|有馬歳時記