2017年
10月号
歌川国芳画「美家本武蔵」

兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十四回

カテゴリ:絵画

中右 瑛

宮本武蔵・丹波山中での妖怪退治

 剣豪・宮本武蔵の武勇伝は古来より伝説・小説や芝居、映画などで語られてきたが、江戸時代には草双紙や浮世絵にも登場し、強豪なスーパースターとして関心を高めてきた。
 いまも各地に残る武蔵妖怪退治は数知れず、浮世絵師の歌川国芳や大蘇芳年の武者絵にも登場する。
 姫路城の刑部姫に乗り移った古狐退治(芳年画)はすでに紹介済みだが、丹波の国での妖怪退治も芳年が描きとどめている。
 武蔵が諸国修行のとき丹波の山奥に入り、幽谷に迷い、突然に現われた空飛ぶ妖怪・野衾(のぶすま)に出遭う。武蔵は一刀のもとに、この妖怪・野衾を切り捨てた。
 野衾とは、空飛ぶ夜行性ムササビのバケモノで、何百年生きた蝙蝠が妖怪となったと伝えられるバケモノだった。
 図の妖怪退治は、空を飛ぶムササビなる獣を見たことがない当時、蝙蝠をイメージして芳年が描いている。
 国芳の絵では、「美家本武蔵」と当て字になっている。詞書には、「丹波の国の山中で年ふる飛衾を斬る図」とある。巨大な野衾の怪異な形相と向き合う武蔵の精悍な表情。「ギャー」という野衾の叫び声が聞こえそうだ。
 恐れず勇気あるスーパースター武蔵に、江戸の人たちは心ワクワク、拍手喝采をしたに違いない。映画やテレビがなかった時代、講談や草双紙、浮世絵武者絵の武勇伝、冒険ドラマに江戸人は酔いしれたのである。

歌川国芳画「美家本武蔵」

大蘇芳年画「美勇水滸伝」

■中右瑛(なかう・えい)

抽象画家。浮世絵・夢二エッセイスト。1934年生まれ、神戸市在住。行動美術展において奨励賞、新人賞、会友賞、行動美術賞受賞。浮世絵内山賞、半どん現代美術賞、兵庫県文化賞、神戸市文化賞、地域文化功労者文部科学大臣表彰など受賞。現在、行動美術協会会員、国際浮世絵学会常任理事。著書多数。

〈2017年10月号〉
《特集》神戸の食通が紹介する 神戸の粋な店 ー扉ー
comedor ESTELA(コメドール エステラ)|神戸の粋な店
TN|神戸の粋な店
La Tachi (ラ・ターチ)|神戸の粋な店
雄三郎|神戸の粋な店
日本料理 神戸たむら|神戸の粋な店
カトリック夙川教会と遠藤周作|夙川 Shukugawa
清麗な音色で夙川の人々の心を濯ぐ日本最古のカリヨン|夙川 Shukugawa
想い出すこと(遠藤 周作:作家)|神戸っ子アーカイブ Vol.6
新型「ヴェラール」がヴェールを脱ぐ !
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.2
連載 神戸秘話 ⑩ 安東聖空の流れを汲む神戸のかな書家たち
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.3
夙川、松園町界隈の歩みについて|夙川 Shukugawa
連載 輝く女性⑧ 音楽を聴く楽しみ 音楽を奏でる喜び 音楽を通し自分自身と、そし…
音楽のあるまち♬ 神戸をクラシック音楽が溢れるまちに!
関西屈指の文教地区 六甲界隈について【下】
坂道のベルタワーから響く鐘の音は六甲の象徴 「カトリック六甲教会」|関西屈指の文…
なるほど医学体験! HANSHIN健康メッセ 2017
美容室エリザベス リニューアルオープン
神戸のカクシボタン 第四十六回 その日の気分でお気に入りをチョイス
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の“特別なもの”との出会い ⑮…
第16回 神戸洋藝菓子ボックサン
Power of music(音楽の力) 第22回
空間の魅力が沸き立つ住まい|平尾工務店 オーガニックハウス
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十七回
英国と神戸 Vol.4 日本における初の近代洋服「神戸洋服」というブランドとして…
今すぐ行きたい、東北飛行機旅 Vol.3 山形県
祝・「神戸―仙台線」就航!
神戸から行く ながさきの島旅|対馬・壱岐
神戸鉄人伝 第94回 オペラ衣裳デザイナー・株式会社アトリエミック代表取締役 松…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑰  百歳の人
第68回 豊公を偲ぶ 有馬大茶会|有馬歳時記