2017年
10月号
たくさんの職人が洋服を仕立てている明治時代のテーラー(写真提供/柴田音吉洋服店)

英国と神戸 Vol.4 日本における初の近代洋服「神戸洋服」というブランドとして愛された

カテゴリ:神戸, 紳士服

JAGUAR/LAND ROVER Presents

 英国人カペル氏が居留地16番館に日本最古の近代洋服の店を開いたのは、明治2年(1869)のことだった。次いでスキップ氏が30番館に開業すると、彼らのもとには技術を学ぶために日本人技術者が集まり、次々に開業した。庶民はまだ和装の時代。タキシードやビジネススーツなど洋装で出掛ける場がどんどん増えていった当時、洋服店(テーラー)には注文が殺到したという。神戸近代洋服隆盛の基盤は、ここに築かれたといってもよい。
 現在、元町商店街4丁目に店をかまえる柴田音吉洋服店は、明治2年に起業の日本人最初のテーラー。初代はカペル氏の一番弟子として技術を学んだ後、明治16年(1883)合名会社とした。現在の社長である5代目柴田音吉氏によると、初代は近江商人で、これからは洋服の時代だといって神戸にやってきたという。初代は、当時兵庫県知事であった伊藤博文公のフロッグコートをはじめ、明治天皇陛下の御召し服も手がける天才的な技術者であったといわれる。柴田音吉洋服店は、現在もハンドメイド紳士服を承るテーラーの看板を掲げている。注文を受け、すべて自社工場で縫製する、数少ないテーラーである。
 神戸洋服商工業協同組合が結成された明治25年(1892)頃の神戸港は、海外の玄関口となり、ヨーロッパ先進国の流行がそのまま上陸してきた地だった。特に紳士服は、民間ファッションの最先端として注目を集め、神戸で作られた洋服「神戸洋服」という名称が、洋行帰りの人々に語り継がれ国内に広まった。
 そんな神戸洋服の歴史を顕彰しようと、昭和49年(1974)東遊園地に「日本近代洋服発祥の地」記念碑が建てられた。洋服を作る際のみごろと袖の型紙をモチーフにつくられたユニークな彫刻。約150年前に英国人が授けた技術が、神戸には今も静かに残っている。

たくさんの職人が洋服を仕立てている明治時代のテーラー(写真提供/柴田音吉洋服店)


非常にモダンなエントランスの創業時の柴田音吉洋服店


明治16年、元町に開店した柴田音吉洋服店。当時では珍しい洋風の建物も注目を集めた
(写真提供/柴田音吉洋服店)


宮崎辰雄市長(当時)による文字


初代柴田音吉が手がけた
伊藤博文のフロッグコート

〈2017年10月号〉
《特集》神戸の食通が紹介する 神戸の粋な店 ー扉ー
comedor ESTELA(コメドール エステラ)|神戸の粋な店
TN|神戸の粋な店
La Tachi (ラ・ターチ)|神戸の粋な店
雄三郎|神戸の粋な店
日本料理 神戸たむら|神戸の粋な店
カトリック夙川教会と遠藤周作|夙川 Shukugawa
清麗な音色で夙川の人々の心を濯ぐ日本最古のカリヨン|夙川 Shukugawa
想い出すこと(遠藤 周作:作家)|神戸っ子アーカイブ Vol.6
新型「ヴェラール」がヴェールを脱ぐ !
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.2
連載 神戸秘話 ⑩ 安東聖空の流れを汲む神戸のかな書家たち
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.3
夙川、松園町界隈の歩みについて|夙川 Shukugawa
連載 輝く女性⑧ 音楽を聴く楽しみ 音楽を奏でる喜び 音楽を通し自分自身と、そし…
音楽のあるまち♬ 神戸をクラシック音楽が溢れるまちに!
関西屈指の文教地区 六甲界隈について【下】
坂道のベルタワーから響く鐘の音は六甲の象徴 「カトリック六甲教会」|関西屈指の文…
なるほど医学体験! HANSHIN健康メッセ 2017
美容室エリザベス リニューアルオープン
神戸のカクシボタン 第四十六回 その日の気分でお気に入りをチョイス
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の“特別なもの”との出会い ⑮…
第16回 神戸洋藝菓子ボックサン
Power of music(音楽の力) 第22回
空間の魅力が沸き立つ住まい|平尾工務店 オーガニックハウス
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十七回
英国と神戸 Vol.4 日本における初の近代洋服「神戸洋服」というブランドとして…
今すぐ行きたい、東北飛行機旅 Vol.3 山形県
祝・「神戸―仙台線」就航!
神戸から行く ながさきの島旅|対馬・壱岐
神戸鉄人伝 第94回 オペラ衣裳デザイナー・株式会社アトリエミック代表取締役 松…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑰  百歳の人
第68回 豊公を偲ぶ 有馬大茶会|有馬歳時記