2017年
10月号
象徴的な尖塔飾りの風見鶏は神戸のシンボル

メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.3

カテゴリ:神戸, 観光

人々の寛容性が生んだ、神戸の発展と文化の礎
《旧トーマス邸(風見鶏の館)》

コロニアル建築が多数を占める北野異人館の中で独特な特徴を持つ「旧トーマス邸」は、重厚感のあるドイツ風建築でありながら、当時流行していたセセッション式やアールヌーボー調のデザインが印象的な異人館です。明治40年代の北野は外国人が多く屋敷を構え、洋館建築に適した土地がなくなりつつありました。そのため旧トーマス邸はため池の跡に建てられたのだとか。神戸がどれだけ栄えていたかを思わせる話です。ドイツ人貿易商ゴットフリート・トーマス氏は、同じくドイツ人の建築家G.デ.ラランデ氏に設計を任せました。氏のデザインは外観ばかりでなく、天井小梁や室内の暖炉、階段の親柱、扉の金具飾りにもドイツの趣を持たせます。トーマス氏は、神戸での家族写真の他に、完成当初の建築写真も多く残しており、それらは現在も建物の復元資料として役立っています。

参考文献 「異人館のある街並み 北野・山本」

中世城館風の天井小梁、飾り戸棚など見ごたえのある
意匠の食堂


象徴的な尖塔飾りの風見鶏は神戸のシンボル


旧トーマス邸(風見鶏の館)
土居 和孝 さん


旧トーマス邸(風見鶏の館)

神戸市中央区北野町3-13-3
TEL:078-242-3223
【開館時間】9:00~18:00
(入館は17:45まで)
【休館日】6、2月の第1火曜日(定休日が祝日の場合、翌日休)
【入館料】大人500円

〈2017年10月号〉
《特集》神戸の食通が紹介する 神戸の粋な店 ー扉ー
comedor ESTELA(コメドール エステラ)|神戸の粋な店
TN|神戸の粋な店
La Tachi (ラ・ターチ)|神戸の粋な店
雄三郎|神戸の粋な店
日本料理 神戸たむら|神戸の粋な店
カトリック夙川教会と遠藤周作|夙川 Shukugawa
清麗な音色で夙川の人々の心を濯ぐ日本最古のカリヨン|夙川 Shukugawa
想い出すこと(遠藤 周作:作家)|神戸っ子アーカイブ Vol.6
新型「ヴェラール」がヴェールを脱ぐ !
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.2
連載 神戸秘話 ⑩ 安東聖空の流れを汲む神戸のかな書家たち
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.3
夙川、松園町界隈の歩みについて|夙川 Shukugawa
連載 輝く女性⑧ 音楽を聴く楽しみ 音楽を奏でる喜び 音楽を通し自分自身と、そし…
音楽のあるまち♬ 神戸をクラシック音楽が溢れるまちに!
関西屈指の文教地区 六甲界隈について【下】
坂道のベルタワーから響く鐘の音は六甲の象徴 「カトリック六甲教会」|関西屈指の文…
なるほど医学体験! HANSHIN健康メッセ 2017
美容室エリザベス リニューアルオープン
神戸のカクシボタン 第四十六回 その日の気分でお気に入りをチョイス
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の“特別なもの”との出会い ⑮…
第16回 神戸洋藝菓子ボックサン
Power of music(音楽の力) 第22回
空間の魅力が沸き立つ住まい|平尾工務店 オーガニックハウス
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十七回
英国と神戸 Vol.4 日本における初の近代洋服「神戸洋服」というブランドとして…
今すぐ行きたい、東北飛行機旅 Vol.3 山形県
祝・「神戸―仙台線」就航!
神戸から行く ながさきの島旅|対馬・壱岐
神戸鉄人伝 第94回 オペラ衣裳デザイナー・株式会社アトリエミック代表取締役 松…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑰  百歳の人
第68回 豊公を偲ぶ 有馬大茶会|有馬歳時記