2017年
10月号
「月替わりコース」6500円(税別)の定番「フォアグラのポアレ」。コンソメベースの蜂蜜ビネガーソース、季節のくだもの(写真はシャインマスカット)添え。 ほんのりした甘酸っぱさとフォアグラのコラボが絶妙

La Tachi (ラ・ターチ)|神戸の粋な店

カテゴリ:おすすめスポット, 洋食, 神戸

温もりのある空間でいただく、
優しいフレンチ

 「余計なものは好きじゃない」というオーナーシェフ・大川武士さんの思いを尊重しながらお店づくりをお手伝いした「La Tachi」。素材感のある柔らかでシンプルな空間に仕上がり、昨年10月にオープンした。スッキリした空間で存在感を放つ大きなカウンターは、お父様(御影ジュエンヌの大川尚宏オーナーシェフ)から、アフリカ産サクラ材の一枚板をプレゼントされたもの。どっしりした木の温もりが、くつろぎたくなる空気感を醸し出している。
 ジュエンヌで10年間経験を積んだシェフのお料理はお父様譲りの優しいフレンチ。篠山の無農薬栽培農家から仕入れる甘味とうま味が格別な野菜や産地を厳選して手に入れるフォアグラ、岩手の白金豚、旬の魚介類などを使い昼夜ともコースのみを提供。素材本来の味を大切にし、余計なものが邪魔することはない。それでいて、神戸牛と野菜のスープにフォンブランを加え時間をかけて作るコンソメベースのクリアでコクのあるソースがさり気なく素材の味を引き立てている。いつも笑顔で迎えてくれるシェフが、カウンターに背を向け一人厨房に立つと真剣勝負。「お客様とお話しする余裕もなくなってしまいます」と言う。丁寧に作り込まれるラ・ターチのフレンチをぜひ味わってほしい。

「白金豚のロースト」。シェリービネガーとコンソメのソース、季節の野菜(写真は玉ねぎとニラの花)添え。神戸牛に変更も可


店内に一歩入ると、木の温もりとしっくいの塗り壁が気持ちをホッとさせてくれる


ラ・ターチ オーナーシェフ大川 武士さん


「月替わりコース」6500円(税別)の定番「フォアグラのポアレ」。コンソメベースの蜂蜜ビネガーソース、季節のくだもの(写真はシャインマスカット)添え。
ほんのりした甘酸っぱさとフォアグラのコラボが絶妙



■ラ・ターチ

神戸市中央区加納町3-14-7
TEL.078-940-2077
営業 12:00~13:30(L.O)
18:00~21:30(L.O.)
定休 日曜日

【推薦人】

一級建築士事務所YURI DESIGN 代表
前田 由利 さん

〈2017年10月号〉
《特集》神戸の食通が紹介する 神戸の粋な店 ー扉ー
comedor ESTELA(コメドール エステラ)|神戸の粋な店
TN|神戸の粋な店
La Tachi (ラ・ターチ)|神戸の粋な店
雄三郎|神戸の粋な店
日本料理 神戸たむら|神戸の粋な店
カトリック夙川教会と遠藤周作|夙川 Shukugawa
清麗な音色で夙川の人々の心を濯ぐ日本最古のカリヨン|夙川 Shukugawa
想い出すこと(遠藤 周作:作家)|神戸っ子アーカイブ Vol.6
新型「ヴェラール」がヴェールを脱ぐ !
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.2
連載 神戸秘話 ⑩ 安東聖空の流れを汲む神戸のかな書家たち
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.3
夙川、松園町界隈の歩みについて|夙川 Shukugawa
連載 輝く女性⑧ 音楽を聴く楽しみ 音楽を奏でる喜び 音楽を通し自分自身と、そし…
音楽のあるまち♬ 神戸をクラシック音楽が溢れるまちに!
関西屈指の文教地区 六甲界隈について【下】
坂道のベルタワーから響く鐘の音は六甲の象徴 「カトリック六甲教会」|関西屈指の文…
なるほど医学体験! HANSHIN健康メッセ 2017
美容室エリザベス リニューアルオープン
神戸のカクシボタン 第四十六回 その日の気分でお気に入りをチョイス
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の“特別なもの”との出会い ⑮…
第16回 神戸洋藝菓子ボックサン
Power of music(音楽の力) 第22回
空間の魅力が沸き立つ住まい|平尾工務店 オーガニックハウス
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十七回
英国と神戸 Vol.4 日本における初の近代洋服「神戸洋服」というブランドとして…
今すぐ行きたい、東北飛行機旅 Vol.3 山形県
祝・「神戸―仙台線」就航!
神戸から行く ながさきの島旅|対馬・壱岐
神戸鉄人伝 第94回 オペラ衣裳デザイナー・株式会社アトリエミック代表取締役 松…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑰  百歳の人
第68回 豊公を偲ぶ 有馬大茶会|有馬歳時記