2018年
6月号

harmony(はーもにぃ) Vol.4 ユーモアのセンス

カテゴリ:教育・スポーツ, 神戸

ホスピス医の柏木哲夫さんが著書の中で次のようなユーモアの例を挙げておられます。
末期の食道がんの女性患者Aさんは日々弱っていくなかで、彼女はどうも自分の命がそれほど長くはないと感じていたのでしょうか、ややゆううつな雰囲気を漂わせて日々を過ごしていました。親切なご主人がいつもそばに付き添っている、とても仲の良い夫婦でした。衰弱が進むにつれ一日中ウトウトしているような状態が続きました。私は、少しでも物を食べることができたらもうちょっと元気になるのにと思っていましたから、ある日の回診の時に「Aさん、何か食べられたらいいですね。ひょっとしてトロぐらいだったらトロトロッと入るかもしれませんね。」と声をかけました。そうするとAさんはにっこり笑って「先生、そうですね。私も一日中トロトロ寝てないで、一度トロにでも挑戦しましょうかね。」と話されました。極め付きは、傍でその話を聞いておられたご主人が「先生、私もトロい亭主ですが、トロぐらいだったら買いに行けますよ。」と言って病院の近くの市場でマグロのトロを買って来られました。すると本当に不思議なことにAさんはトロを三切れペロッと食べられました。私はとても感激しました。ユーモアのセンスが食道を開いたという感じがしたのです。このように医師と患者、家族がユーモアのセンスを持って病に向かっていくときに、何か不思議な力がそこに出てくることがあるのです。
『死を看取る医学』(NHK出版)

医療や福祉の現場でのユーモアの効用について次回にご紹介します。

公益社団法人 家庭養護促進協会
事務局長
橋本 明

愛の手運動は親に育てられない子どもたちに、
里親・養親を求める運動です。
募金箱の設置にご協力いただける方は協会にご連絡ください。

公益社団法人 家庭養護促進協会 神戸事務所
神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市総合福祉センター2F
TEL.078-341-5046 http://ainote.main.jp/wp/
E-MAIL:ainote@kjd.biglobe.ne.jp

〈2018年6月号〉
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.9
輝く女性Ⅱ Vol.1 歌手・女優 西田ひかるさん
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.11
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.3
FARMSTAND Open !|地元の農家さんを応援したい だから、『毎週』か…
Natura♪ism Farm(ナチュラリズムファーム)| MARKET VEN…
なちゅらすFARM(なちゅらすふぁーむ)| MARKET VENDORS|FAR…
ローカルのハブとして|FARMSTAND
神戸のカクシボタン 第五十四回 湯気の向こうで輝く黄金色の具材 札幌ラーメン「み…
大阪・兵庫、地区同士で協力し、長期スパンの活動を|国際ロータリー
大阪財界人の誇りがここに 大阪倶楽部
三田と芦屋で新たなプロジェクト 住まいの美学を、次の時代へ 平尾工務店の創意と挑…
名建築から受け継ぐデザイン|平尾工務店
オーガニックハウスが未来へ 平尾工務店 三田モデルハウスⅡ
選ばれし地に新たなライトの伝説を 平尾工務店芦屋プロジェクト 分譲用モデルハウス…
音楽のあるまち♬9 旧居留地の一角で、世界最高峰のピアノと上質な音楽を
あなたらしさを、極める。|MAF|NIKKE 1896
レクサスと日本のモノづくり ②
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
中華料理とベトナム料理 鴻華園 下山手店|神戸の粋な店
メルセデス・ベンツ姫路 移転リニューアルオープン!
連載 神戸秘話 ⑱ 人間の善意への信頼 吉川幸次郎に学ぶ孔子の教え
設立60周年を迎えた甲南大学同窓会
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.8
㊎柴田音吉洋服店 150周年記念「super150」 地域への貢献のために新たな…
自然から享受した類い稀な住宅地「芦屋」
今も緑あふれる閑静な住宅街 “翠ヶ丘”
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十四回
harmony(はーもにぃ) Vol.4 ユーモアのセンス
神戸鉄人伝 第102回 日展会員(洋画家) 天野 富美男(あまの ふみお)さん
世界の民芸猫ざんまい 第一回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉕ 立雲狭の桜
いま長崎が面白い! 神戸空港から出かける佐世保 日本遺産「鎮守府」をめぐる旅
太閤秀吉と二つの「湯」|有馬歳時記