2018年
6月号
秀吉像

太閤秀吉と二つの「湯」|有馬歳時記

カテゴリ:神戸

 豊臣秀吉と有馬の接点は、三木城攻めに端を発する。三木は別所氏が治めていたが、天正6年(1578)より2年もの歳月をかけて、信長の重臣として天下統一を目指す秀吉はこれを攻める。
 当時は有馬も別所氏の支配下にあったが、補給路を断つ「兵糧攻め」で、有馬から三木へ通じる湯山街道はその標的となり、秀吉は有馬を重要視するようになる。
 天正11年(1583)の秋、いよいよ秀吉が有馬に入湯。以降文禄3年(1594)まで9度有馬をたずね、湯に浸かっている。秀吉が有馬に通い出した初期の頃、すなわち関白となった天正13年(1585)には阿弥陀堂の庭で大茶会を開催、石田三成・大谷吉継などの近臣や千利休、今井宗久といった茶の湯の匠が参加している。池の底に銅版を敷き、金泉に見立てるという秀吉らしい演出もあったそうだ。利休がこのとき、風炉の灰を茶会の湯から望む山の形に模して盛ったことから、その山は今も「灰形山」と呼ばれている。
 さらに天正18年(1590)まさに天下統一を成し遂げたその直後にも、秀吉は阿弥陀堂で大茶会を開く。小早川秀秋や千利休といった秀吉を支えた人物を招き、その労をねぎらった。天下人となった秀吉は、万感の思いで湯を愉しんだのであろう。
 その後も何度か秀吉は有馬を訪ねているが、慶長元年(1596)に有馬は慶長の大地震により壊滅的な被害を受ける。その際、秀吉は地震後に新たに湧き出た温泉に湯山御殿を築き、入湯を心待ちにしていたが、夢叶わず病没してしまう。その遺構は皮肉にも、再び有馬を襲った大地震、阪神・淡路大震災の復興の際に発掘され、現在は太閤の湯殿館として公開されている。
 もてなしの場として有馬の地を選び、その手段として茶の湯を選んだことからも、秀吉がいかに有馬の湯と茶の湯を愛していたかが伺える。毎年秋に開催される有馬大茶会は、二つの「湯」を愉しんだ秀吉の、夢の続きでもある。

秀吉像

〈2018年6月号〉
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.9
輝く女性Ⅱ Vol.1 歌手・女優 西田ひかるさん
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.11
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.3
FARMSTAND Open !|地元の農家さんを応援したい だから、『毎週』か…
Natura♪ism Farm(ナチュラリズムファーム)| MARKET VEN…
なちゅらすFARM(なちゅらすふぁーむ)| MARKET VENDORS|FAR…
ローカルのハブとして|FARMSTAND
神戸のカクシボタン 第五十四回 湯気の向こうで輝く黄金色の具材 札幌ラーメン「み…
大阪・兵庫、地区同士で協力し、長期スパンの活動を|国際ロータリー
大阪財界人の誇りがここに 大阪倶楽部
三田と芦屋で新たなプロジェクト 住まいの美学を、次の時代へ 平尾工務店の創意と挑…
名建築から受け継ぐデザイン|平尾工務店
オーガニックハウスが未来へ 平尾工務店 三田モデルハウスⅡ
選ばれし地に新たなライトの伝説を 平尾工務店芦屋プロジェクト 分譲用モデルハウス…
音楽のあるまち♬9 旧居留地の一角で、世界最高峰のピアノと上質な音楽を
あなたらしさを、極める。|MAF|NIKKE 1896
レクサスと日本のモノづくり ②
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
中華料理とベトナム料理 鴻華園 下山手店|神戸の粋な店
メルセデス・ベンツ姫路 移転リニューアルオープン!
連載 神戸秘話 ⑱ 人間の善意への信頼 吉川幸次郎に学ぶ孔子の教え
設立60周年を迎えた甲南大学同窓会
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.8
㊎柴田音吉洋服店 150周年記念「super150」 地域への貢献のために新たな…
自然から享受した類い稀な住宅地「芦屋」
今も緑あふれる閑静な住宅街 “翠ヶ丘”
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十四回
harmony(はーもにぃ) Vol.4 ユーモアのセンス
神戸鉄人伝 第102回 日展会員(洋画家) 天野 富美男(あまの ふみお)さん
世界の民芸猫ざんまい 第一回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉕ 立雲狭の桜
いま長崎が面白い! 神戸空港から出かける佐世保 日本遺産「鎮守府」をめぐる旅
太閤秀吉と二つの「湯」|有馬歳時記