2018年
6月号

いま長崎が面白い! 神戸空港から出かける佐世保 日本遺産「鎮守府」をめぐる旅

カテゴリ:神戸, 観光

海軍草創期から佐世保に置かれた鎮守府に関する日本遺産や軍事遺構をめぐる旅は、列強に渡り合うべく近代化を推し進めた先人の努力に敬服するとともに、平和への想いも新たにします。

海軍さんの散歩道

佐世保はかつて小さな漁村でしたが、明治に入ると政府の近代化政策のもと、外洋からの入口が1か所で、三方を山に囲まれた天然の良港であることから海軍に注目されて鎮守府が開設され、軍港として発展するとともに街も繁栄していきました。ゆえに港や街には海軍や近代工業関連の歴史的遺産が点在し、それらをめぐるツアー「海軍さんの散歩道」が定期的におこなわれています。ツアーでは海上自衛隊OBのガイドのもと、関係者しか立ち入れない海上自衛隊の敷地内にあるスポットを見学することができます。中でも戦時中に完成し、防空指揮を担った地下壕「旧佐世保鎮守府防空指揮所跡」は必見です。

海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)はツアー以外でも見学OK。ここでしか手に入らない海上自衛隊グッズはおみやげにも。
針尾送信所(旧佐世保無線電信所)施設

大正時代中頃に建設された3つの鉄筋コンクリートタワーは136mの高さを誇り、当時の技術水準の高さに驚かされます。間近から見上げても、遠くから眺めても、その威容は100年近く前のものとは思えません。かつてはここから長波無線を発信するため、一辺約300mの正三角形状に並ぶ3つの塔を電線が結んでいたそうです。現在はその役割を終えて国の重要文化財となり、地元有志の方々に大切に守られ、保存・公開されています。

西海橋に近い西海の丘公園から針尾送信所を眺めれば、日本三大急潮のひとつ針尾瀬戸のうず潮の向こうに3つの塔が聳える絶景が。
片島魚雷発射試験場跡

佐世保市の南隣、静かな大村湾に面した川棚町の片島公園には戦前、海軍の重要な軍事施設がありました。中でも魚雷発射試験場では佐世保や川棚の海軍工廠などで製造された魚雷のテストがおこなわれていました。海上に設けられた射場のほか魚雷の発射準備をおこなった空気圧縮ポンプ所、状況を確認するための観測所の遺構が、静かに時をとどめています。

かつて海軍工廠がおかれていた川棚町には軍事遺構が多く、戦争の時代の記憶を今に伝えています。

information

佐世保は神戸から意外に近い!
神戸空港から長崎空港へはスカイマークが1日3往復運航
所要時間1時間5分~1時間20分
長崎空港から佐世保市街まではバスで約1時間30分、乗り合いタクシー約55分
長崎空港から川棚町まではバスで約40分
お問い合わせ 長崎県大阪事務所 06-6341-0012

〈2018年6月号〉
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.9
輝く女性Ⅱ Vol.1 歌手・女優 西田ひかるさん
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.11
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.3
FARMSTAND Open !|地元の農家さんを応援したい だから、『毎週』か…
Natura♪ism Farm(ナチュラリズムファーム)| MARKET VEN…
なちゅらすFARM(なちゅらすふぁーむ)| MARKET VENDORS|FAR…
ローカルのハブとして|FARMSTAND
神戸のカクシボタン 第五十四回 湯気の向こうで輝く黄金色の具材 札幌ラーメン「み…
大阪・兵庫、地区同士で協力し、長期スパンの活動を|国際ロータリー
大阪財界人の誇りがここに 大阪倶楽部
三田と芦屋で新たなプロジェクト 住まいの美学を、次の時代へ 平尾工務店の創意と挑…
名建築から受け継ぐデザイン|平尾工務店
オーガニックハウスが未来へ 平尾工務店 三田モデルハウスⅡ
選ばれし地に新たなライトの伝説を 平尾工務店芦屋プロジェクト 分譲用モデルハウス…
音楽のあるまち♬9 旧居留地の一角で、世界最高峰のピアノと上質な音楽を
あなたらしさを、極める。|MAF|NIKKE 1896
レクサスと日本のモノづくり ②
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
中華料理とベトナム料理 鴻華園 下山手店|神戸の粋な店
メルセデス・ベンツ姫路 移転リニューアルオープン!
連載 神戸秘話 ⑱ 人間の善意への信頼 吉川幸次郎に学ぶ孔子の教え
設立60周年を迎えた甲南大学同窓会
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.8
㊎柴田音吉洋服店 150周年記念「super150」 地域への貢献のために新たな…
自然から享受した類い稀な住宅地「芦屋」
今も緑あふれる閑静な住宅街 “翠ヶ丘”
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十四回
harmony(はーもにぃ) Vol.4 ユーモアのセンス
神戸鉄人伝 第102回 日展会員(洋画家) 天野 富美男(あまの ふみお)さん
世界の民芸猫ざんまい 第一回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉕ 立雲狭の桜
いま長崎が面白い! 神戸空港から出かける佐世保 日本遺産「鎮守府」をめぐる旅
太閤秀吉と二つの「湯」|有馬歳時記