2018年
2月号
フランボワーズや柚子など、口どけの良いガナッシュの上品な甘さで口の中に広がる。「ロシア人は甘いチョコを好むが、日本人に合わせて甘さを抑えたものに」

Chocolatier Baranoff(ショコラティエ バラノフ)|世界を魅了するショコラティエたち

カテゴリ:スイーツ・パン, 神戸

ロシアの老舗チョコブランドが約100年ぶりに神戸で復活!!

洋菓子の歴史と文化性の高さが神戸の魅力…。
ロシア革命の100年後、神戸に移住した曾孫が、ロシアの高級チョコブランド『バラノフ』を復活。

ショコラティエ
バラノフ キリル さん

 ロシア人のバラノフ・キリルさんが栄町に店を開業したのは2015年。ひいおじいちゃんの味を再現したいと思い描いていた夢を実現したのが神戸だった。
 會祖父のニコライ・バラノフ氏が1907年、ロシアでチョコ工場を設立したのが『バラノフ』のルーツ。ロシアのプレミアムチョコの先駆けとなるが、1917年のロシア革命で全てを国に没収される。100年後、貿易の仕事で神戸に移住したキリルさんが復活を遂げた。
 「神戸にはモロゾフ氏やゴンチャロフ氏など、神戸の高級チョコの礎に貢献したロシア人が多い。またトルストイの娘アレクサンドラ氏が芦屋在住といった文化要素の高さも神戸を選んだ理由です」。
 ロシアのチョコの特徴は?との質問は変と断言する。同じロシアでも作り手の想いにより味は様々。大量生産のチョコと、一つひとつ手作りする自身の作品とは比べようがないからだ。
 40種揃うチョコのなかでもドンペリやバーボンが入る濃厚でパンチのあるトリュフの人気が高い。ユズ、日本酒、ワサビなど、お酒の入らない日本らしい繊細な味のものもあり、商品をすぐに食べられるようカフェも併設する。
 「チョコには作り手の性格が出る。前向きで明るい(笑)僕のチョコを食べて、人生を前向きでハッピーなものに変えてほしい」。キリルさんの笑顔とチョコに出会えば、誰もが笑顔になること間違いなし。

フランボワーズや柚子など、口どけの良いガナッシュの上品な甘さで口の中に広がる。「ロシア人は甘いチョコを好むが、日本人に合わせて甘さを抑えたものに」

ドンペリ、ロシア産ウォッカなど ※バレンタインはセット売りのみ

チョコレートドリンクやカカオ70%の濃厚なチョコレートソフトクリームも用意

ショコラティエ
バラノフ キリル さん

Chocolatier Baranoff(ショコラティエ バラノフ)

神戸市中央区栄町通3-6-16
078-599-9733
営業 13:00〜20:00
定休日 月曜日

〈2018年2月号〉
世界を魅了するショコラティエたち ―扉
PATISSIER eS KOYAMA(パティシエ エス コヤマ)|世界を魅了す…
L’AVENU(ラヴニュー)|世界を魅了するショコラティエたち
Chocolatier Baranoff(ショコラティエ バラノフ)|世界を魅了…
Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE(ショコラティエ ヤ…
La Pierre Blanche(ラ・ピエール・ブランシュ)|世界を魅了するシ…
五色の神戸カラーが織りなす「神戸タータン」
神戸タータン談議で、一杯!
若い力で神戸タータンを発信!
こんなところでタータン|その他の神戸タータンアイテム
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.6
中国菜館 東天閣|神戸の粋な店
連載 神戸秘話 ⑭ 科学技術で戦後の日本を再生した男 井深 大
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.7
フェリシモのカリスマチョコレートバイヤー“みり”さんこと木野内美里さんが選ぶ 世…
連載 輝く女性 ⑫ ホールケーキを持ち帰り、喜びをシェア 北野発、パリスタイルの…
音楽のあるまち♬5 神戸っ子たちは楽しいジャズが好き
メンバー三世代に愛されるゴルフクラブをめざして《 有馬ロイヤルゴルフクラブ 》
少人数制でアットホームなクラブをめざして《 ジャパン メモリアル ゴルフクラブ …
Power of music(音楽の力) 第26回
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
兵庫県医師会 会長インタビュー
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.4
神戸のカクシボタン 第五十回 世代を越えて愛される名店「マルカジュース」 
多彩な暮らしが、すぐそばに:神戸“山の手”の暮らしを語る ③
神戸鉄人伝 第98回 NPO法人ウィズアス副理事長(元サンテレビジョン取締役) …
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十八回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉑ 港野喜代子さん Ⅱ
有馬歳時記|灰吹屋西田筆店が再建!