2018年
2月号
おすすめの詰め合わせは、ボックスの底面が板チョコという嬉しい仕掛け

Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE(ショコラティエ ヤスヒロセノ コウベ)|世界を魅了するショコラティエたち

カテゴリ:スイーツ・パン, 神戸

鮮度にこだわり抜いたチョコ 出来たての美味を神戸から発信

パリのショコラティエの人間国宝から学んだフレッシュな素材と向き合う真摯な心
毎日、少量を、こまめに手作りする。

ショコラティエ
瀬野 靖大さん

 三宮の東端にある同店へ足を運ぶファンが多数。求めるのは瀬野靖大さんが師事していた、フランスショコラティエ界のM・O・F、パトリック・ロジェ氏のスピリットあふれるボンボンショコラだ。
 「フランス人は素材に対して真面目。冷凍や缶詰は使わず、一日チョコに向き合います」。
 瀬野さんも鮮度を大切に、毎日少量をこまめに手作りする。作ってから時間が経っていないチョコだからこそ、味も香りも鮮烈だ。例えば、愛媛の青レモンのチョコはレモンの野性的な香りや苦みがしっかり。フレッシュ感がハンパなく強い。
 瀬野さんは愛媛県今治市出身。Iターンして2015年に店を開いた。「神戸は海と山が近く、自然豊か。都心ではなく神戸で子育てを、と考えました」。
 ボンボンショコラには愛媛産の伊予柑や高知県産の生姜など、故郷・四国から取り寄せた旬素材も使用する。バレンタイン時期以外は量り売りで、好きなものを選ぶと計量して値段がわかる。ほかにもマシュマロとナッツ、チョコの「われマシュ」やチョコのツリーなどオリジナルチョコが満載。「今後はクマのチョコ人形にチョコを詰めたものなど、お誕生日用の楽しいチョコも作っていきたい」。アイデアは次々と。子供のために神戸を選んだ瀬野さんご夫妻のチョコを求め、今日も大勢の人が神戸の東を目指す。

おすすめの詰め合わせは、ボックスの底面が板チョコという嬉しい仕掛け

ライム味のキャラメル入り「プレリ」やミルクジャム&ラムレーズンの「ムー」など、牧場をイメージし、草原、空、乳牛を表現。光沢があり色が美しいボンボン

量り売りは「ボンボンショコラを気軽に楽しんでほしい」という思いから

ショコラティエ
瀬野 靖大さんと奥様の友香さん

Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE
(ショコラティエ ヤスヒロセノ コウベ)

神戸市中央区御幸通2-1-26 M&Cビル1F
078-862-1890
営業 11:00~19:00(日曜日は18:00まで)
定休日 月曜・第1、3火曜日

〈2018年2月号〉
世界を魅了するショコラティエたち ―扉
PATISSIER eS KOYAMA(パティシエ エス コヤマ)|世界を魅了す…
L’AVENU(ラヴニュー)|世界を魅了するショコラティエたち
Chocolatier Baranoff(ショコラティエ バラノフ)|世界を魅了…
Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE(ショコラティエ ヤ…
La Pierre Blanche(ラ・ピエール・ブランシュ)|世界を魅了するシ…
五色の神戸カラーが織りなす「神戸タータン」
神戸タータン談議で、一杯!
若い力で神戸タータンを発信!
こんなところでタータン|その他の神戸タータンアイテム
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.6
中国菜館 東天閣|神戸の粋な店
連載 神戸秘話 ⑭ 科学技術で戦後の日本を再生した男 井深 大
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.7
フェリシモのカリスマチョコレートバイヤー“みり”さんこと木野内美里さんが選ぶ 世…
連載 輝く女性 ⑫ ホールケーキを持ち帰り、喜びをシェア 北野発、パリスタイルの…
音楽のあるまち♬5 神戸っ子たちは楽しいジャズが好き
メンバー三世代に愛されるゴルフクラブをめざして《 有馬ロイヤルゴルフクラブ 》
少人数制でアットホームなクラブをめざして《 ジャパン メモリアル ゴルフクラブ …
Power of music(音楽の力) 第26回
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
兵庫県医師会 会長インタビュー
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.4
神戸のカクシボタン 第五十回 世代を越えて愛される名店「マルカジュース」 
多彩な暮らしが、すぐそばに:神戸“山の手”の暮らしを語る ③
神戸鉄人伝 第98回 NPO法人ウィズアス副理事長(元サンテレビジョン取締役) …
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十八回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉑ 港野喜代子さん Ⅱ
有馬歳時記|灰吹屋西田筆店が再建!