2018年
2月号
藤亭北紫「三聖人 柿本人麻呂、山部赤人と小野小町」

兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十八回

カテゴリ:絵画

中右 瑛

明石海峡大橋を望む柿本人麻呂神社

あしびきの 山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む

 これは、柿本人麻呂が詠じた百人一首でお馴染みの有名な和歌である。
 三十六歌仙の一人・柿本人麻呂を祀る神社(明石市人丸町)は、明石海峡大橋を望む高台(人丸の丘)に鎮座する。歌道、文学学問、夫婦円満等の神様として祀られている。詳細な生没は定かではないが、飛鳥時代、宮廷に仕えた歌人として『万葉集』『古今集』に400首以上の和歌が収められ、山部赤人とともに歌聖と讃えられた。
 西国を何度も往来し、明石大門(明石海峡)の和歌をも残した。

天離あまざかひなの長通ゆ恋ひ来れば 明石の門より大和島見ゆ
『万葉集』所載

留火ともびの明石大門に入る日にか 漕ぎ別れなむ家のあたり見ず

ほのぼのと明石の浦の朝霧に 島隠れゆく舟をしぞ思う

これは「読み人知らず」だが人麻呂作という。

 明石ゆかりの柿本人麻呂の遺徳を偲び、仁和3年(887)、月照寺の僧・覚正が寺の裏に祠を建て祀ったのが始まりで、江戸時代の元和5年(1619)、明石築城に伴い、月照寺と共に現在の地に移設し、城主・小笠原忠政は社領40石を寄進した。つづく代々明石城主たち、ときの天皇、皇室からも歌聖・柿本人麻呂を崇敬し、様々な石碑等を寄進、奉納されたという。

 境内にある「八房の梅」は、一つの花に八つの実がなる珍しい梅で、元禄期(1702)、赤穂浪士の間瀬久太夫が仇討成就を密かに祈願し、植えたと伝わる。
 高台からの眺望は素晴らしく、瀬戸内海、淡路島はじめ、明石の街町や世界一の吊り橋・明石海峡大橋が望まれ、近くの子午線上(東経135度)には明石市立天文科学館がある。
 ごく近くの「蛸壺塚」には俳聖・松尾芭蕉の句碑がある。

 句碑には

蛸壺や はかなき夢を 夏の月

 夏の夜、蛸壺で夢を見る蛸、という意味のユーモラスな句である。この句碑は、古くは柿本人麻呂神社境内にあったという。

藤亭北紫「三聖人 柿本人麻呂、山部赤人と小野小町」

■中右瑛(なかう・えい)

抽象画家。浮世絵・夢二エッセイスト。1934年生まれ、神戸市在住。行動美術展において奨励賞、新人賞、会友賞、行動美術賞受賞。浮世絵内山賞、半どん現代美術賞、兵庫県文化賞、神戸市文化賞、地域文化功労者文部科学大臣表彰など受賞。現在、行動美術協会会員、国際浮世絵学会常任理事。著書多数。

〈2018年2月号〉
世界を魅了するショコラティエたち ―扉
PATISSIER eS KOYAMA(パティシエ エス コヤマ)|世界を魅了す…
L’AVENU(ラヴニュー)|世界を魅了するショコラティエたち
Chocolatier Baranoff(ショコラティエ バラノフ)|世界を魅了…
Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE(ショコラティエ ヤ…
La Pierre Blanche(ラ・ピエール・ブランシュ)|世界を魅了するシ…
五色の神戸カラーが織りなす「神戸タータン」
神戸タータン談議で、一杯!
若い力で神戸タータンを発信!
こんなところでタータン|その他の神戸タータンアイテム
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.6
中国菜館 東天閣|神戸の粋な店
連載 神戸秘話 ⑭ 科学技術で戦後の日本を再生した男 井深 大
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.7
フェリシモのカリスマチョコレートバイヤー“みり”さんこと木野内美里さんが選ぶ 世…
連載 輝く女性 ⑫ ホールケーキを持ち帰り、喜びをシェア 北野発、パリスタイルの…
音楽のあるまち♬5 神戸っ子たちは楽しいジャズが好き
メンバー三世代に愛されるゴルフクラブをめざして《 有馬ロイヤルゴルフクラブ 》
少人数制でアットホームなクラブをめざして《 ジャパン メモリアル ゴルフクラブ …
Power of music(音楽の力) 第26回
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
兵庫県医師会 会長インタビュー
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.4
神戸のカクシボタン 第五十回 世代を越えて愛される名店「マルカジュース」 
多彩な暮らしが、すぐそばに:神戸“山の手”の暮らしを語る ③
神戸鉄人伝 第98回 NPO法人ウィズアス副理事長(元サンテレビジョン取締役) …
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十八回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉑ 港野喜代子さん Ⅱ
有馬歳時記|灰吹屋西田筆店が再建!