2018年
2月号
ビクトリア湖の夕暮れを飛ぶ 撮影/中村治正

ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.4

カテゴリ:医療関係, 神戸

【アフリカ出発からBwindiまで】②

文・中村 しのぶ
なかむらクリニック(小児科)

 空港近くのホテルで苦労して荷分けしたスーツケースを一つ別のドライバーPaulに預け彼はこれから10時間かけて次の目的地クイーンエリザベス国立公園へ運んでくれます。
 私たちはこれから1週間を共にするガイド、Hamletとゴリラの森でも繋がるという携帯電話を買ってから近くの植物園へ向かいます。

 赤茶のでこぼこ広場に停まるたくさんの土埃で汚れたトラック、その周りに並ぶ殆ど掘立小屋風情のペットボトルの水売り、日差しに焼かれ若干色褪せた原色の洋服を纏ったマネキンの立つ店、ひと抱えもある房を並べたバナナ屋。
 ひときわ殺風景な間口の店、奥にガラスで仕切られた高いカウンター、これが携帯電話屋さんでした。ちょっと面倒な手続きも終わり携帯も手に入りました。これでジャングルで迷子になっても大丈夫。

 植物園でバードウォッチング、ウガンダの生物との出会いが始まりました。
 日本でも時に夫の野鳥探索に同行しますが、じーっと待つこと数時間、歩き回るな、音立てるなと言われ肝心の鳥は私だけ見逃すことも多く精神修練の時間ともいえます。この旅の日程は夫が取り仕切ったので、バードウォッチングが何回も予定されています。また、じーっと修行かなぁー。
 植物園の入り口には守衛がおり、停車させて車の下をのぞき込みます。このようにレストランの駐車場でもホテルの玄関に車をつけるときも施設には必ずゲートがあり、守衛か兵士風の人達が車体の下部を調べます。爆発物を探しているそうですが、座席やトランクはノーチェックで、膝の上のダイナマイトも素通りできそうなのですが。

 植物園の最初の数歩でHamletは次々樹上や茂みを指差し鳥の名前を告げます。まるで小鳥の小屋に入ったみたいに次々と鳥たちは姿を現します。さすがに夫は即座に反応、カメラの照準を合わせ連射シャッターの音が響きます。私が目視出来たのは半分、双眼鏡で捉えられたのは4分の1くらいです。上ばかり向いて首も疲れ、もっぱらHamletとおしゃべりです。現地の人の育った環境、文化の話は異国の旅の醍醐味です。出会った鳥はとても覚えられそうもなく、東アフリカの鳥のガイドブックにマークしてもらうことにしました。

 Hamletは平均的な貧しい村で育ち、高校進学を目指し町に出て働いていたそうです。雇用主の車に双眼鏡がいつも置いてあったそうですが、何に使うものか知らずずっと後になって初めて覗かせてもらい、遠くの鳥を見て感動し、バードガイドになったとのこと。
 ガイドの仕事とNPOで野生動物の観察調査をしています。少し脱線しますが、珍しい種の生息数などのデータを取るのがNPOの職務ですが、様々な部族出身者が加わる調査でその稀少動物を食料、時にはとびきりの御馳走にしている部族もあり、調査後こっそり見つけた場所に戻り食べちゃう人もいたりするそうです。

 ウガンダは英国領であったため公用語は英語です。しかし、いくつかの部族からなる国で、部族ごとにそれぞれの文化と言語をもっており、学校にいかないと英語は学べません。学校は無料ですが、実際農村部では交通機関はなく、教科書や制服を買えない家庭も多く、識字率は男性77%、女性67%です。そんな中でHamletはいくつかのガイドの資格を取り(アフリカの地域により生物の生態が異なりそれぞれの地域の資格を別に取得するようです)、18歳で初めてプラスチックの靴を履き、胸を張ってクリスマスに村に戻ったそうですが、爪は剥がれ幅広の足は靴ずれで散々だったとのこと。今でも農村部では裸足の人が多くトレッキングに同行してくれるポーターや兵士は魚屋さんのような長靴を履いていますが、裸足の方が歩きやすいと言います。ただ、泥の山道は裸足では滑るそうで、そのために長靴でいますとのことです。ドーハでみたウガンダの新聞の1面はサッカーの記事でサッカーは人気スポーツのようです。当然子どもたちは裸足のサッカーで、Hamletの言葉では靴を履いてボールを操るナショナルチームの選手はどうやってボールをコントロールするのか想像できないと言います。ずっと素足で自然と適応し、きっとお猿さんの足の域に近づいたものと推察します。

クロハタオリドリ 撮影/中村治正

メンハタオリドリ 撮影/中村治正

ズブロウロコハタオリ 撮影/中村治正

エンテペの郊外 撮影/中村治正

バナナ屋には、一抱えもあるバナナの房が並ぶ 撮影/中村治正

携帯電話屋さんの前で 撮影/中村治正

赤道に立つ 撮影/中村治正

Hamletと著者 撮影/中村治正

サバンナモンキー 撮影/中村治正

ビクトリア湖の夕暮れを飛ぶ 撮影/中村治正

文・中村 しのぶ
なかむらクリニック(小児科)
〈2018年2月号〉
世界を魅了するショコラティエたち ―扉
PATISSIER eS KOYAMA(パティシエ エス コヤマ)|世界を魅了す…
L’AVENU(ラヴニュー)|世界を魅了するショコラティエたち
Chocolatier Baranoff(ショコラティエ バラノフ)|世界を魅了…
Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE(ショコラティエ ヤ…
La Pierre Blanche(ラ・ピエール・ブランシュ)|世界を魅了するシ…
五色の神戸カラーが織りなす「神戸タータン」
神戸タータン談議で、一杯!
若い力で神戸タータンを発信!
こんなところでタータン|その他の神戸タータンアイテム
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.6
中国菜館 東天閣|神戸の粋な店
連載 神戸秘話 ⑭ 科学技術で戦後の日本を再生した男 井深 大
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.7
フェリシモのカリスマチョコレートバイヤー“みり”さんこと木野内美里さんが選ぶ 世…
連載 輝く女性 ⑫ ホールケーキを持ち帰り、喜びをシェア 北野発、パリスタイルの…
音楽のあるまち♬5 神戸っ子たちは楽しいジャズが好き
メンバー三世代に愛されるゴルフクラブをめざして《 有馬ロイヤルゴルフクラブ 》
少人数制でアットホームなクラブをめざして《 ジャパン メモリアル ゴルフクラブ …
Power of music(音楽の力) 第26回
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
兵庫県医師会 会長インタビュー
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.4
神戸のカクシボタン 第五十回 世代を越えて愛される名店「マルカジュース」 
多彩な暮らしが、すぐそばに:神戸“山の手”の暮らしを語る ③
神戸鉄人伝 第98回 NPO法人ウィズアス副理事長(元サンテレビジョン取締役) …
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十八回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉑ 港野喜代子さん Ⅱ
有馬歳時記|灰吹屋西田筆店が再建!