2017年
3月号
筍と牛肉の有馬煮は、サッと出汁で煮た長崎和牛と、しっかり煮て味を染み込ませた国産の筍に、有馬山椒の薫りをまとわせて(3,500円)

神戸の粋な店 Vol.12 煮あくつ

カテゴリ:和食, 神戸

やさしい料理を食べたい時に、
一番に思い浮かぶお店

身体にやさしい料理を食べたい時に、一番に思い浮かぶのが、「煮あくつ」さんだ。まずは、旬の魚をいただき、次に季節のおでんへ。
評判のおでんは、鰹の出汁で下ごしらえし、鶏出汁で仕上げる。定番の海老パン、大根、冷たいトマトにはじまり、月替わりで旬の10品がラインナップ。蛤の滋味を白身魚のすり身と合わせた自家製の蛤真薯など、よくもそこまで手間暇掛けてと思うが、「至って当たり前のことをしているだけですよ」とご主人の圷幸夫さんは涼しく笑う。弥生の風はまだ冷たいが、絶妙な味わいと心意気に身も心も温まる。
看板には「煮」の一文字が刻まれる。日本料理の世界では、煮物を手がける煮方は地位が高いが、それもそのはず、素材選び、下ごしらえ、火の入れ方、味付け、盛り付けすべてに技術が必要で、知識・経験・センスすべてが問われる。ご主人も煮方で腕を磨いた料理人。東京で研鑽を積み、縁あって16年前、この店をオープンしたとか。
野生の真鴨、神戸牛など吟味した素材に頼りすぎることなく、「大切なのは味のバランス」と〝真剣勝負〟で味覚の境地を切り拓く。
また、全国から選りすぐった日本酒や焼酎3銘柄をテイスティングをさせてくれる粋な計らいも気に入っている。職人肌のご主人を支える奥様のやさしい笑顔を見るとホッとする。

蕗の薹、独活、うるいなど春の山菜を出汁をベースに炒め、中トロで巻いて食べる。
辛子と奥出雲の山椒〝はじかみ〟がアクセント(4,500円)

「日本酒、焼酎をテイスティングさせてくれる心遣いも嬉しい」と阿部さん

9つの鍋を自在に操る店主の圷幸夫さんとの会話も楽しい

カウンターが中心の粋な空間。夫婦二人で切り盛りする小さなお店で〝できたて〟をご賞味あれ

筍と牛肉の有馬煮は、サッと出汁で煮た長崎和牛と、しっかり煮て味を染み込ませた国産の筍に、有馬山椒の薫りをまとわせて(3,500円)


■煮あくつ

神戸市中央区中山手通1-27-6
ブランドールハンター坂B1F
TEL.078-242-8304
17時~24時(22時30分LO)
水曜定休


【推薦人】

兵庫ヤクルト販売株式会社 代表取締役社長
阿部 泰久 さん
〈2017年3月号〉
<特集>日本遺産・淡路島 淡路島の“美味しい”くらし ー 扉 ー
パスタ フレスカ ダンメン|淡路島の“美味しい”くらし
フローラルアイランド|淡路島の“美味しい”くらし
フレッシュグループ淡路島|淡路島の“美味しい”くらし
パルシェ香りの館|淡路島の“美味しい”くらし
北坂養鶏場|淡路島の“美味しい”くらし
あわじ花さじき ほか|淡路島の“美味しい”くらし
日本遺産・淡路島を語る
御食国の海で育てた〝幻の魚〟淡路島サクラマス
フランク・ロイド・ライトの名建築にふれる
新型BMW 5シリーズついに登場!― その全貌が明らかに ―
連載 輝く女性 ① 医療分野でのアロマセラピー「緩和ケア・アロマ」で患者さんを笑…
早くて安い! 神戸空港からひとっ飛びの旅!!|神戸〜茨城の飛行機旅(前編)
連載 ミツバチの話 ⑧
おのころ島神社(自凝島神社)|私の淡路島
沼島|私の淡路島
水仙の丘|私の淡路島
うずの丘 大鳴門橋記念館|私の淡路島
成ヶ島|私の淡路島
絵島|私の淡路島
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑨
洗練された“神戸らしい”クラフトビールで乾杯!
連載 神戸秘話 ③ 神戸一中サッカー部 人名録
第9回 神戸洋藝菓子ボックサン
神戸の粋な店 Vol.12 煮あくつ
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 8
「ランボルギーニ神戸」が旧居留地に上陸!
神戸から行く長崎・キリシタンの里を訪ねて(上)
文教都市西宮で100年の歴史を刻む紳士の学校|連載 神様に愛された地、夙川③
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十回
ヤナセ 姫路支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。
Power of music(音楽の力) 第15回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑩ 新子さんからの手紙
神戸鉄人伝 第87回 声楽家・大阪音楽大学准教授 並河 寿美(なみかわ ひさみ)…
神戸のカクシボタン 第三十九回 熱波に魅せられて・・・神戸サウナ&スパ
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十七回
第41回 チャリティーバザー ~女性と女児のための教育の向上を~
“ウェスティンホテル淡路” 高層階フロアの客室が、より快適にリニューアル!