2017年
3月号
いつもセミナーを開催するAMBRE芦屋スタジオにて。会社名の海を星を意味する「ステラ・マリス」とは癒しのマリア様、また航海の行く手を照らす星のような存在になることを目指して

連載 輝く女性 ① 医療分野でのアロマセラピー「緩和ケア・アロマ」で患者さんを笑顔に!

カテゴリ:文化人, 神戸

インタビュアー・伊藤 紀美子

第一回目は、医療・介護分野へのアロマセラピーの導入と、アロマセラピストの育成を行う「㈱ステラ・マリス」の代表取締役社長の佐々木恵子さん。ショートカットがお似合いの颯爽とした佐々木さんは、医療分野中でも緩和ケアアロマに注力し、緩和ケアアロマセラピストとして活動されています。

─こだわりのレストランやショップが集う芦屋で、世界トップレベルの英国IFPAの認定を受け、アロマセラピストの学校運営とセミナー講師として活動されています。この世界に入られたきっかけは?
 子育てがひと段落ついたのをきっかけに、社会とのつながりを持ちたいと思い、アロマセラピーを学びました。精油の起源や歴史、効用、またイエス・キリストが生まれたときに身も心も浄化する精油が贈られたなど、その奥深さに惹かれていきました。

─日本ではアロマセラピーはまず、“リラクゼーション”というイメージがあります。医療現場でのアロマに注力されたのは?
 私が肩こりに悩んでいたこと、父を癌で亡くしたことなどもあり、病院で行う代替・補完医療としての「メディカルアロマセラピー」に興味を持ち、専門に学びました。実際に緩和病棟や病院内で施術を行い、精油の香りと触れ合いの癒しの大切さに確信を持ち、会社を設立した経緯があります。

─若い世代の癒しばかりでなく、高齢者やご病気の方にも癒しが必要だと。現在、ボランティアで芦屋市立病院の緩和病棟ほかで緩和ケア・アロマを行い、喜びや感謝の声が続々と届いているそうですね。
 精油を用いてソフトタッチでマッサージすることで、患者様や付き添いのご家族の不安を軽減し、リラックスしてもらいます。いつもと違う時間がとても楽しみになっているというお声も多いですね。

─薬ではなくアロマで、心の緩和もされているのですね。
 付き添われていたお母様から「食欲の全くなかった娘が施術後は大好きなアイスクリームを食べて…」といった最後のご様子を伺う機会も多く、この仕事の意義を改めて考えます。そのお母様はご自身もボランティアできるようにと、当校で施術の勉強を始められました。現在、介護施設のスタッフさんほか、カルチャーセンター等で一般の方向けのハンドマッサージ教室も開いているんですよ。

─ご家族が施術することで、触れ合いの思い出を残すことができますものね。最後に今後の展望を教えてください。
 継続的に質の高いサービスを安定して提供するために、寄付金収入などでサポートし、今はほとんどボランティアのアロマセラピストに賃金が発生するシステムを構築できるよう各方面に働きかけています。4月からスタートする「英国IFPA認定コース」で、医療分野でも活躍できるアロマセラピストを育成して、一人でも多くの人にアロマを通して幸せになって欲しいと思います。芦屋教会でのチャリティーコンサート等も企画中です。

─アロマの香りは脳を刺激し、認知症の予防と改善にもなると注目されています。またストレスの緩和でウツの予防ややる気の高揚にもつながります。メンタル面も含めて健康的なライフスタイルを維持することは今後、ますます必要になってくるはずです。佐々木さんの熱意が、元気な社会に必ずつながっていくと思います。

いつもセミナーを開催するAMBRE芦屋スタジオにて。会社名の海を星を意味する「ステラ・マリス」とは癒しのマリア様、また航海の行く手を照らす星のような存在になることを目指して

佐々木 恵子(ささき けいこ)

株式会社ステラ・マリス 代表
IFPA認定アロマセラピスト、英国IFPA認定校芦屋サテライト校運営。2014年にアロマセラピーの医療・介護、企業のメンタルヘルス対策と従事するセラピストの育成を柱とした「株式会社ステラ・マリス」を設立

株式会社STELLA・MARIS

芦屋市松ノ内町3-14
TEL.0797-78-8183 http://s-maris.net/

伊藤 紀美子(いとう きみこ)

田嶋株式会社 代表取締役社長
神戸生まれ。95年より同社社長に就任。02~06年神商議女性会会長、07年から国際ビジネス委員長。16年、女性初で神戸商工会議所の副会頭に就任。
田嶋株式会社/1899年、繊維を主体とした貿易商社としてスタート。会社創業110周年の2009年に美容&健康分野を新設。オリジナルブランドのスキンケア「PLUSUI(プラスイ)」を開発販売。同ブランドでナチュラルミネラルウオーターも販売

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2017年3月号〉
<特集>日本遺産・淡路島 淡路島の“美味しい”くらし ー 扉 ー
パスタ フレスカ ダンメン|淡路島の“美味しい”くらし
フローラルアイランド|淡路島の“美味しい”くらし
フレッシュグループ淡路島|淡路島の“美味しい”くらし
パルシェ香りの館|淡路島の“美味しい”くらし
北坂養鶏場|淡路島の“美味しい”くらし
あわじ花さじき ほか|淡路島の“美味しい”くらし
日本遺産・淡路島を語る
御食国の海で育てた〝幻の魚〟淡路島サクラマス
フランク・ロイド・ライトの名建築にふれる
新型BMW 5シリーズついに登場!― その全貌が明らかに ―
連載 輝く女性 ① 医療分野でのアロマセラピー「緩和ケア・アロマ」で患者さんを笑…
早くて安い! 神戸空港からひとっ飛びの旅!!|神戸〜茨城の飛行機旅(前編)
連載 ミツバチの話 ⑧
おのころ島神社(自凝島神社)|私の淡路島
沼島|私の淡路島
水仙の丘|私の淡路島
うずの丘 大鳴門橋記念館|私の淡路島
成ヶ島|私の淡路島
絵島|私の淡路島
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑨
洗練された“神戸らしい”クラフトビールで乾杯!
連載 神戸秘話 ③ 神戸一中サッカー部 人名録
第9回 神戸洋藝菓子ボックサン
神戸の粋な店 Vol.12 煮あくつ
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 8
「ランボルギーニ神戸」が旧居留地に上陸!
神戸から行く長崎・キリシタンの里を訪ねて(上)
文教都市西宮で100年の歴史を刻む紳士の学校|連載 神様に愛された地、夙川③
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十回
ヤナセ 姫路支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。
Power of music(音楽の力) 第15回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑩ 新子さんからの手紙
神戸鉄人伝 第87回 声楽家・大阪音楽大学准教授 並河 寿美(なみかわ ひさみ)…
神戸のカクシボタン 第三十九回 熱波に魅せられて・・・神戸サウナ&スパ
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十七回
第41回 チャリティーバザー ~女性と女児のための教育の向上を~
“ウェスティンホテル淡路” 高層階フロアの客室が、より快適にリニューアル!