2018年
5月号
(実寸タテ7.5cm×ヨコ20cm)

連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉔ 風邪除け詩集

カテゴリ:文化・芸術・音楽

今村 欣史
書 ・ 六車明峰

 「別嬢」という詩の同人誌がある。播磨在住の詩人を中心にしたもの。
 創刊は1990年。最新号は105号である。最近伝統ある詩の同人誌が次々と廃刊になっているが「別嬢」は健在だ。今ある兵庫県の詩誌の中で最も古いものは「現代詩神戸」(1956年創刊)だと思うのだが、それに次ぐのではないだろうか。

 「別嬢」の同人に西川保市さん(宍粟市)という人がおられて、三冊の詩集を持つベテラン詩人である。わたしはこの人の大のファンで毎号楽しみにしている。1923年生まれというから、そろそろ95歳だ。最新号の作品を敢えて全篇紹介しよう。ご本人に電話して掲載の許可を頂いたのだが、お元気そうで安心した。

メモ帳をめくっていると/『年寄りの三K』/ こけるな/ 風邪ひくな/ 恋をせよ/の訓言まがいの三行が目につく/雑誌か新聞を読んでいて/書き留めたに相違ない//『年寄りはこけるな 風邪ひくな』/の大事なことはよく分かる/こけて大腿骨を折り 車椅子に頼っている友がいる/ふとした風邪から肺炎になり命を落とした知人もいる/けれども 『恋せよ』と勧められても/永の年月一緒に暮らしたばあさんに/いまさら「アイラヴユー」とはよう言わん/「連れ合いには こだわらなくてもよろしい」/と神様がおっしゃるなら 私は/前々から 心の奥に住まわせていたあの人に/胸の熾火を赤々と燃え上がらせよう//「近ごろあなた変よ いい人でもできたの」/とばあさんに訊かれたら/「やっぱり分かったか 隠しきれないなぁ」と恍けよう/「その人は誰?」と問われたら/おもむろにささやこう//「きよこさん」※
(『年寄りの三K』考)

 どうだろうか、このユーモア。読む者を、なるほどなるほどと思わせておいて、自分の手の内に引っ張り込み、そして最後に一杯食わせて作者は、読者の背中の後ろでニンマリし、そしてまた読者もニンマリというわけだ。 実はこの詩の最後にもう一行が添えられていて、「※連れ合いの呼び名」とある。しかし正直言って、これは蛇足かな?とわたしは思ったが。

 西川さんの作風は、このようにとぼけたユーモアを漂わせるのが特徴だが、第一詩集『とってことってこ』(編集工房ノア・1996年刊)にはこんな詩がある。

夕方 庭木に水をやっていると/お歯黒とんぼがふわっと一匹/植込みの中から飛びたった/高く低くたおやかに/玄関先を飛び回っていたが/やがて八つ手の下の葉瀾に止まり/四枚の翅を静かに合わせた/黒い絽の着物をまとった新妻が三つ指ついて/夫の帰りを待つように/側に行っても逃げようとしない/彼女はゆっくりと翅を開いてまた閉じて/声のない声で話しかけてくる/次の日も私は/お歯黒とんぼの沈黙の声を聞いた//今年もまた(彼女にとっては夫となるはずの)/息子の祥月命日が廻ってきた/そして 盂蘭盆も過ぎた//お歯黒とんぼは もういない
(お歯黒とんぼ)

 西川さんは、こんな重い石を心の底に沈めて、しかし、軽やかな言葉を紡ぎ続けておられる。

 この原稿を書くために今わたしの手元に、西川さんの詩集が三冊ある。ところが実は、なかなか見つからなかった。好きな詩人の本なので身近に置いてあるはずだが、不思議にいつも姿を隠してしまう。つい三か月ほど前にも読んだのだが、その時も姿を隠していた。なんか西川さんに悪戯されているような気がしてしまう。広くはないわたしの家だが、あちらこちらに書棚があって整理が出来ていない。「喫茶・輪」にも小さな書棚が四か所にある。くまなく探したが見つからない。一旦あきらめて別の用事を済ませてから、また探索。すると、「あら、こんなところに」といった感じで顔を見せていた。なんとも不思議な本だ。
 ところが見つかったのは二冊だけ。最も新しい『大切な人』(2004年・編集工房ノア刊)がどうしても見つからない。思い余って西川さんに電話した。「代金をお支払いしますので送って頂きたい」と。すると、「読んでいただけるだけでも嬉しく思います。代金などいただくわけにはまいりません。よろこんで差し上げます」の添え書きとともにすぐさま送ってくださった。
 早速読み終えて、やはりいい詩集だなあと思って撫でさすっていてふと目に留まった一行。帯である。帯の背に、たった一行「風邪除け詩集」とある。これは今まで気づかなかった。本体にもカバーにもこの言葉は使われていない。奥付にもない。たった一行、帯の背に刷られているだけ。オシャレだ。詩集の中に「本日休診」というのがあって、井伏鱒二の『厄除け詩集』から「詩を書けば風邪を引かぬ」を引用しておられる。西川さん、いつまでもお元気で詩を書き続けてください。

(実寸タテ7.5cm×ヨコ20cm)

■六車明峰(むぐるま・めいほう)

一九五五年香川県生まれ。名筆研究会・編集人。「半どんの会」会計。こうべ芸文会員。神戸新聞明石文化教室講師。

■今村欣史(いまむら・きんじ)

一九四三年兵庫県生まれ。兵庫県現代詩協会会員。「半どんの会」会員。著書に『触媒のうた』―宮崎修二朗翁の文学史秘話―(神戸新聞総合出版センター)、『コーヒーカップの耳』(編集工房ノア)ほか。

〈2018年5月号〉
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.10
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.8
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.2
NIKKE 1896|雲を羽織る着心地 品質と品格が違う極上テキスタイル
神戸の社会に尽くしたサムライ紳士 平生 釟三郎|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精…
今、改めて噛みしめる平生先生の言葉|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
対談/個性を育む私立中学の教育 第1回 須磨学園中学校
第9代 神戸ウエディングクイーン 応募要項
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
連載 神戸秘話 ⑰ 中国文学の最高権威者 吉川幸次郎「文学と人生」
関西エアポート神戸 誕生!
出る杭を伸ばす!|谷上から日本を変える谷上プロジェクトが始動
甲南病院の新時代創生に向けて|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
御影には、人と人の「絆」がある|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
日本一の富豪村、住吉村 広大な土地と精神を今に受け継ぐ|今も神戸に生きる 平生釟…
桜色に染まる浄徳寺で“隊長”宇賀芳樹大阿闍梨の米寿を祝う
神戸のカクシボタン 第五十三回 今も昔も変わらぬ癒しと甘さを求めて
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.7
健康で、笑顔があふれる毎日を応援! 兵庫ヤクルト|耳よりKOBE
いま長崎が面白い! 神戸空港から出かける長崎市への旅
英国と神戸 Vol.11 開港前夜 パークスと神戸の人々
“女性にとって最良のもの”を求めて活動 国際ソロプチミスト神戸(SOROPTIM…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十三回
harmony(はーもにぃ) Vol.3 医者では治せない病
「史料展示室」がリニューアルオープン|日本赤十字社兵庫県支部
最先端の環境で良医を育てる兵庫医科大学 「教育研究棟」本格利用開始
特定非営利活動法人エナガの会 設立記念シンポジウム
音楽のあるまち♬8 クラシック音楽の輪を広げ、若手演奏家の未来をひらく
神戸鉄人伝 第101回 NHK神戸放送局長 林 理恵(はやし りえ)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第五十一回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉔ 風邪除け詩集
北野ガーデン古典芸能イベント 桜華の宴 芝能「船弁慶」を開催|NEWS 神戸百店…
第7回「おもしろ有馬楽 兆楽亭」開催|有馬歳時記